株式会社クロスワープ

コンテンツビジネスの現場力をコンピューティングでアップグレードする。

企業情報

設立年度
2001年
代表
山﨑真吾
従業員数
32人
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都品川区上大崎3-2-9 アクア目黒3F
事業概要
ファンベーシスビジネス向けプラットフォームや、ネット著作権侵害対策サービスを開発・提供。エンタメ、コンテンツビジネス業界をバーティカル(業界特化型)SaaSや専門ソリューションで支えています。
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
インターネット・Webサービス

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

エンターテインメント業界やコンテンツビジネス業界向けのバーティカルSaaSを開発・提供 エンターテインメント業界やコンテンツビジネス業界向けのバーティカルSaaSを開発・提供

クロスワープは、エンターテインメント業界やコンテンツビジネス業界向けのバーティカル(業界特化型)SaaSを開発・提供している会社です。主に以下2つのサービスを提供しています。

●EC/ファンクラブ開発・運用支援SaaS 「MODD」
有名音楽アーティストやタレント、有名エンタメ企業も利用するEC・ファンクラブサービス運営の支援業務に特化したSaaSです。会員管理やECサイト構築・運用、フルフィルメントなどファンクラブ運営に必要なサービスを網羅。アーティスト事務所、ファンクラブ運営支援会社、電子チケットサービス事業者を中心に多数の顧客に導入され、エンターテインメント関連企業のビジネスをサポートしています。MODDを介して発生するECトランザクションは年間200億円超に上ります。

●ネット著作権侵害対策サービス 「Asset Manager」
ネット黎明期からの著作権侵害対策の知見を活かした、コンテンツホルダーによるネット上の著作権の保護・流通をサポートするSaaSです。動画共有サイト、ストレージサービス、ファイル共有サイト、P2Pネットワークなど多様なネットワークにおける著作物の無許諾配信をクローリング技術で効率的に監視し、対策をサポート。著作権関連団体、放送関連企業、配信サービス関連企業、アニメコンテンツ関連企業、出版関連企業、法律事務所ほか累計100社以上に導入されています。

また最近では、新旧多様な音楽アーティストに対して、マネジメント支援業務や制作・マーケティング業務を支援する各種プロフェッショナルを紹介するエージェント事業を展開するスタートアップに出資し、事業参画しています。

何を目指しているのか?

私たちは「コンテンツビジネスの現場力をコンピューティングでアップグレードする。」を企業ミッションに掲げ、エンターテインメント、コンテンツ、アーティストのビジネスにとって、欠かせないテック&コンピューティングカンパニーを目指しています。この実現に向けて、以下の領域・サービスに注力していきたいと考えています。

・バーティカルSaaS
・Eコマース
・D2F(ダイレクト トゥ ファン)
・著作権侵害対策
・サブスクリプション エンジニアリング サービス
・エンターテインメント関連エージェント ビジネス

当社は「インディペンデントをエンターテインメントビジネスの主流に。」を企業ビジョンに掲げており、インディペンデント精神を持った様々な人たちと連携し、エンターテインメントとコンテンツビジネスの未来に加え、アーティスト自身がビジネスオーナーとしての自由と責任を担いながら活躍できる世界観への貢献を目指しています。