close
close
使い方 プロのM&Aアドバイザーにお気軽に相談いただけます。 menu

【資金調達を目指す企業必見】CFOの採用前に知っておくべきこと


公開日:2021年11月7日  最終更新日:2021年11月7日

本記事は、資金調達を視野に入れるスタートアップ経営者・採用担当者向けに、CFO採用の上で参考にすべき候補者の出身大学・出身企業、保有資格についてご紹介します。

*当記事は2021年8月時点の情報をもとに制作しています。

CFOとは?

CFOに期待される役割

CFO (Chief Financial Officer)は、最高財務責任者と呼ばれ、 企業の財務戦略の立案及びその執行を行う経営者です。経営方針を資金面で支える影の立役者的存在であることが特徴です。企業の成長段階に応じ、資本の効率的なマネジメントを担います。

有名CFOと、その功績

国内の著名CFOとして、赤字続きだったソニーの復活劇を演出した立役者・吉田 憲一郎氏が挙げられます。

吉田 憲一郎氏(ソニー)

東京大学経済学部卒。ソニーに新卒入社。
2014年、同社のCFOに就任後、当時のCEOと共に同社の改革に尽力し、赤字続きだったソニーの復活劇を演出した立役者。PC事業の売却やテレビ事業の分社化などコンシューマーエレクトロニクスをはじめとし、スマートフォン事業などにおいて抜本的な構造改革を推し進め、2017年度には同社にとって20年ぶりとなる過去最高収益を実現させた。

事業拡大にCFOの採用は必要。だが難しい

CFOは、これから事業拡大していこうとする企業にとって、欠かせない存在です。しかし、 優秀な人材をCFOとして迎え入れることは容易ではありません。

本記事では、資金調達に成功しているスタートアップで活躍しているCFOについて、アカデミック・プロフェッショナルのバックグラウンド、また保有資格の傾向を明確化しています。CFOの採用を検討する際の参考にしていただければ幸いです。

注目スタートアップCFOの学歴

輩出数トップは早大・東大

大学別に見たCFOの輩出数では、 早稲田大学と東京大学が15名で並び首位となり、全体では、早慶、東京一工に加え、中央大学が上位につける結果となりました。(下図参照)

企業名

出身者数

資金調達額

出身CTO例(現所属企業)

東京大学

15名

1,237億円

 野崎 順平(ispace藪内 悠貴(Paidy

早稲田大学

15名

447億円

中原 淳博 氏(モンスターラボ星 直人 氏(ユニファ

慶應義塾大学

10名

227億円

吉岡正(みんなのマーケット白崎 純平 氏(WealthPark

一橋大学

5名

184億円

田中 隆悠(Kyash吉田 憲一郎(ウフル

東京工業大学

3名

373億円

齋藤健太郎(ヘイA. KrishnamoorthyRapyuta Robotics

中央大学

3名

112億円

橋本 祐樹(INFORICH笹山 正浩(オリィ研究所

京都大学

3名

41億円

小川 安英(ギフトモール岩崎 司(クラスター

*各大学の出身CFO例は、累計資金調達額の高い企業から選択

早稲田大学出身のCFOの例としては、IoTやAIを活用した保育支援サービスを提供するユニファの星 直人 氏やデジタルコンサルティング・プロダクト事業を展開するモンスター・ラボの中原 淳博氏 が挙げられます。

累計資金調達額において圧倒的な東京大学

また、CFOの在籍するスタートアップの累計資金調達額を大学ごとに合算したところ、その総額では東京大学が圧倒的に1位となることが分かりました。野崎 順平氏の所属する宇宙開発事業の ispace (213.6億円)や藪内 悠貴氏の所属するカード不要の決済サービスを運営する Paidy (640.2億円)が有意な差を生み出していることが伺えます。

注目スタートアップCFOの職歴

輩出数トップは証券会社・監査法人

CFOの職歴としては、 大手証券会社、BIG4の大手監査法人などが目立つ結果となりました。分布は以下のようになります。

2名以上のCFOが在籍していた企業を業界毎に合算

証券会社においては、モルガン・スタンレー証券(6名)、メリルリンチ日本証券(5名)、野村證券(5名)。監査法人別では、 全体1位の有限責任監査法人トーマツ(8名)、EY新日本有限責任監査法人(5名)というように分布することが分かりました。

注目スタートアップCFOの保有資格

最多は公認会計士資格

CFOには、財務や会計など、ビジネス系専門資格を保有する方が一定数います。(100名中30名) その分布は以下のようになり、 公認会計士が24名で最多であることがわかりました。

同一人物による保有資格の重複を含む

まとめ

注目スタートアップ企業のCOOの経歴を調査した結果をまとめます。

CFOを採用するなら早慶、東京一工出身者が有力な候補となりそうです。職務経験としては、証券会社や監査法人でファイナンスにまつわる専門性を培ってきた人が望ましいようです。

資格に関しては、必要要件ではないものの、およそ4分の1のCFOが保有している公認会計士資格は、採用の決定を後押しする要因と考えていて差支えないでしょう。

右記リンクより、【2021年最新版】調達実績ありスタートアップ100社のCFOの 学歴・社歴まとめ がダウンロードできます。もっと詳しい情報を知りたい方はぜひ、ご覧ください。

スタートアップの成長には資金調達が極めて重要です。M&Aマッチングプラットフォーム「M&Aクラウド」では、スタートアップ企業の成長戦略としてのM&Aや資金調達を応援をしています。

CVC保有企業のM&A・出資実績レポート

M&Aに関するご相談

textsms

ご相談はこちらから

remove close
keyboard_arrow_up