お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

携帯販売、法人向けプラン提供、決済サービスを軸に連携強化中。ICT領域で共に飛躍を目指す事業者募集!

  • 買収予算:10億円〜
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
株式会社ティーガイア

株式会社ティーガイア

  • 公開日:2019/01/08
  • 更新日:2019/11/21
  • 気になる:25

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

当社は、ドコモ、au、ソフトバンク等の通信事業者の一次代理店として、スマートフォンをはじめとする製品の店舗販売を中心とする事業を国内最大規模で展開しています。財閥系3商社の子会社とメーカー系3社の販売会社の合併により誕生し、2018年に設立10周年を迎えました。
消費者向けには、キャリアショップと併売店を含め1,100店を超える直営店の運営、および代理店・量販店への委託販売を手がけ、合計1,900弱の店舗網で全国をカバーしています。(2018年月末現在)
本事業を支えているのは、各地域のニーズに応じた、魅力的なショップづくりです。通信事業者のエリア戦略を踏まえたうえで、地域の実情に沿ったマーケティングを実施し、移転・改装・大型化などキャリアショップの拡充を推進し、お客様にとって便利な場所・施設への訪問販売など、顧客接点の多様化も進めています。
商材面では、主力のスマートフォン、そしてパソコンからの移行が進むタブレットはもちろん、関連商材・サービスをからめた付加価値提案にも注力しています。スマートフォン向けアクセサリー専門ショップ「Smart Labo」では、スマートフォンを生活シーンで活用するアイデアと商品をあわせて提供し、お客様のスマートライフ実現をサポートしています。

また、法人のお客様向けにも、業界のリーディングカンパニーとして通信端末や各種通信サービス等のソリューション提供を行っています。昨今、通信サービスの多様化が進み、お客様にて如何に効率的に回線運用できるかが重要となってきていることから、当社では端末・回線の提供に加え、通信料請求処理や通信端末購買などの回線運用管理を容易にするクラウドソリューションを開発・提供しております。またお客様のニーズに合わせて、コールセンター/BPOサービスのご提供やモバイル・デバイスの管理ソリューションやセキュリティ対策ソリューションなど幅広くサービス提供をしております。

さらに、近年は、プリペイド携帯電話の販売からスタートした決済サービス事業も、柱の一つに育っています。全国のコンビニエンスストアを通じ、プリペイドカードやプリペイドコード(PIN)を販売しているほか、ギフトカードを活用したカードモールビジネスを展開。携帯電話やPINの販売で培ったノウハウを活かし、売り場づくりやカード配送、プロモーションやコールセンター業務など、きめ細かいサービスを提供しています。

企業合併で誕生した当社は、前身各社から引き継いだ充実した拠点網、多彩なビジネスモデル、そして広範な取引関係を保有しています。大手パソコン・スマートフォンメーカー、大手インターネット通信販売会社と独占代理店契約を結んでいることに代表されるように、大企業とのアライアンス力も、大きな強みです。
多様な人材と企業文化のミックスした社風は、新事業創出の活力につながっています。2017年12月に完全子会社化した株式会社クオカードをはじめ、グループ会社も増えており、可能性はますます広がっています。

何を目指しているのか?

「ICT周辺総合事業会社」を掲げ、コアビジネスの基盤を維持しつつ、周辺事業への投資を通じた持続的な成長を目指しています。ICT周辺領域における当社グループ会社や出資先企業との連携強化を図り、グループの総合力がより発揮できる、B to Bおよび B to B to Cビジネスの拡大を図っていきます。

消費者向けのモバイル事業では、新店舗・改装・直営化等、店舗強化のための投資を積極的に進めております。また法人ソリューション事業では、グループ会社の日本ワムネット株式会社と共同で、中小の事業者様を対象に、RPA(ロボットによる業務効率化)活用の提案を開始するなど、新たな取り組みを実施しています。さらに、決済サービス事業では、海外展開を加速しています。シンガポール市場で現地法人によるギフトカード販売を進めているのに加え、新たに出資先である株式会社バリューデザインとの合弁により、タイの大手書店、マレーシアの大手コンビニとも協業体制を構築し、合計約800店に及ぶハウスカードの販路を獲得しました。

新たな収益の柱の構築に向けても複数案件に取り組んでおり、2018年11月には、自社初のオリジナルスマートフォンコンテンツ「みんなの暮らしラボ」の提供を開始しました。「知って聞いて使って得する」をコンセプトに、日常のちょっとした悩みを専門家に相談するサービスや、本コンテンツの提携先である株式会社イーウェルが対象とするレジャー施設等で優待特典を受けることができるサービスを提供していきます。キャリアショップでの対面販売を通じ、お客様からさまざまなご相談を受けていることを活かして、今後コンテンツの拡充を進め、2020年をめどに累計会員数約10万人の獲得を目指しています。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます