search

優良顧客を多く持ち、創設以来、右肩上がりで成長中。IT技術者を抱える企業を 鋭意募集中!赤字不問!

株式会社CCNグループのアイキャッチ画像
株式会社CCNグループ https://www.ccnet.co.jp/ 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 大小ERPパッケージの導入、オープン系/WEB系開発、BigData解析/BI/IoTベー スの自社製品&サービス開発など、コンサルティングから運用、維持管理まで、グループ全体で事業を連携し展開
アピールポイント IoT、BI等の将来性のある新分野にも積極的に進出中。基幹システムのコン サル・設計から構築・運用支援までをグループ各社の専門性を組み合わせ一貫し て提供できるのがCCNグループの最大の強みです

M&Aの方針

買収対象業種 IT / コンサルティング / システム・インテグレーション / SaaS
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円
買収対象領域 当社はグループの既存事業領域及びその周辺領域の技術者を抱える小規模、中規模の会社を積極的に買収検討しています。
1.ERPパッケージの導入
2.オープン系システム開発、WEB系システム開発
3.BI導入支援、ビックデータ分析支援
また、IoTなどの新しい分野にも積極的に進出して行きます。当該領域でノウハウを有する会社と協力していきたいです。
財務内容が債務超過の会社でも買収対象とさせていただきます。
買収除外対象 ゲーム制作のみや組み込みソフト制作を行う会社の買収は考えておりません。
買収フロー 役員の佐野と今野がメールにてやりとりさせていただきます。いくつかの質疑応答を踏まえて、トップ面談を行います。そこでお互いに相性が良いと判断しましたら、基本合意契約を締結し、簡単な財務デューデリジェンスを行います。そこで問題がないようでしたら最終合意を締結し、成約とさせていただきます。
ロックアップ 交渉次第
役員派遣 合理性を以て判断
役員登用 合理性を以て判断
社名、オフィスの統合 合理性を以て判断
その他M&Aの方針 当社は業務提携や、株式の持ち合いなどは検討しておりません。当社と社運を共にしていただけるような会社と協力して行きたいと考えております。
また、有給休暇の取得や残業時間の軽減などが浸透してきておりますので、従業員を大事にしたい会社のお力になれると考えております。

シーシー・ネットワークの事業と今後の方針

シーシー・ネットワークは、2000年4月の創立以来、誠意と創意、情熱をもち、社員がパートナー様と力をあわせ、コンサルティングから運用、維持管理まで、付加価値の高いサービスを提供し、システム導入のご支援を続けてまいりました。私たちは信頼される会社であり続けるため、プロフェッショナルな技術力で貢献し、社員一丸となってお客様より喜ばれることを第一義としています。

そして、2017年1月にはCCNグループを設立しまして、ERP導入を中心に行う「シーシー・ネットワーク」、オープンネットワーク系が中心の「アイアイ・ネットワーク」、BI・BAを行う「ビービー・ネットワーク」、社会調査を中心とする「アストジェイ」の子会社4社の運営を行っております。

グループ従業員数が160名に達するグループ企業となってきており、大手SIerとの長年の取引実績や250人にも及ぶビジネスパートナーとの連携が強みです。今後は当グループをさらに拡大し、2022年に上場することを中期の目標としています。

シーシー・ネットワークのM&A戦略

買収先に求めているものは、取引先を多く持っている会社ではなく、しっかりした技術力がある会社です。新しい技術を持っている会社は特に歓迎します。そして、我々の現状業務を強化すると共に、周辺業務にも拡大していける技術力がある会社にも興味があります。

今後は、IoT領域をはじめとした付加価値の高い新しい領域へ進出していきたいです。弊社の新規事業としては、赤ちゃんの寝返り事故を監視する「みまも。」を2018年5月にリリースしました。このサービスは、画像解析を利用したサービスとなり、人に代わって音やライトで異常を知らせます。これらのような新規事業はIoTに限らず積極的に仕掛けていきたいと考えております。

当社にグループ入りしていただけると、バックオフィス業務などをお手伝いすることもできますので、より事業に集中していただくことができます。また、従業員に優しいワークライフバランスに配慮した労働環境を整えておりますので、売却後も従業員を大切にされたい経営者の方、ぜひ当社へご連絡ください。

株式会社CCNグループのM&A実績

ライプニッツ株式会社

ライプニッツ(現在はビービー・ネットワーク)はビジネスインテリジェンス、ビックデータや企業業績管理を得意とするソフトウェアの開発を行っています。
買収年月:2015年10月

株式会社アストジェイ

アストジェイは情報サービス、社会調査・建設コンサルティング、ソリューション開発研究事業を行なっています。
買収年月:2016年6月

株式会社ムー

ムーは、業務アプリケーションの開発や運用保守支援を行なっています。2018年11月アイアイ・ネットワークと合併。
買収年月:2017年10月

企業情報

設立年度 2000年
代表者名 佐野正憲
従業員数 グループ全体:160名
売上高 グループ全体:47億5,000万円
資本金 2,000万円
エリア 東京都
本社所在地 東京都千代田区神田鍛冶町三丁目7番4号 ユニゾ神田鍛冶町三丁目ビル8F
事業内容 CCNグループ4社が、ITアプリケーション開発を中心にそれぞれの分野で強みを持ち、それを活かしてグループ内で連携して事業を展開しています
(株)シーシー・ネットワークは、ERPパッケージソフトの導入を得意とし、最近、IOT等の新規分野を開拓
(株)アイアイ・ネットワークは、オープン系システムのフロント領域、データーベース領域の開発が中心
(株)ビービー・ネットワークは、ビジネスインテリジェンス・企業業績管理を得意とする開発
(株)アストジェイは、社会調査・建設コンサルティングやソリューション開発研究の領域
尚、2017年には大阪にサテライトオフィスを開設し、阪神地区への規模拡大も検討しております
会社の特徴 非上場 / 設立15年以上30年未満 / 創業社長在任 / 買収実績3件以上 / 直近3年以内の買収実績
URL https://www.ccnet.co.jp/
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

類似の買い手企業

【データ&テクノロジーで世界へつながる、広がる】 AI・VR・IoTなど次代を担う企業を募集中!

株式会社ブロードリーフ

事業概要
業界随一の自動車アフターマーケット向け業務アプリケーションの開発・提供を中心に、携帯電話業界、旅行業界、製造業など30,000社以上の顧客へ価値を提供。
積極的な新規事業開発とグローバル展開を推進。
アピールポイント
・AI、AR/MR/VR、IoT、Fintech等の先端技術の導入
・外国政府機関や大学等の学術機関とも積極的に連携
・既存の枠に捉われない、新規事業およびグローバル化を積極推進
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

大手IT企業によるM&A加速に飲み込まれないよう、企業マインドを残すための仕組みを提供します

Tech Fun株式会社

事業概要
IoTシステムの開発およびクラウド基盤(AWS)構築、AI/機械学習システム研究開発など、技術特化型のSIサービス事業を筆頭に、IT教育サービス、オフショア開発サービス、eラーニングサービスを展開中。
アピールポイント
・高度特化技術に応じたチームを編成、旧来のヒエラルキー型から自走するチーム型の組織へ
・エンドユーザ企業からの継続的直接受注を実現
・先端技術(IoT、AWS、ビッグデータ、AIなど)に精通
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

【ECマーケティングに新たな価値を】 販売力が高いEC、ニッチな商品を取り扱うEC募集中

株式会社ジェネレーションパス

事業概要
楽天やヤフーショッピングなどのECプラットフォーム上でオンラインショッピングサイト「リコメン堂」を多店舗展開。ECサイトを自社運営することにより、特定のECに適した運営と効果的な販売戦略を提供。
アピールポイント
・Webマーケティングによる販売支援サービスで急成長
・越境ECなど成長投資に注力

医療・介護・幼保向け給食トップ企業が、IT・物流・人材等、幅広い分野で協業いただける事業者を募集!

日清医療食品株式会社

事業概要
医療・介護・幼保向けの給食サービスで国内トップのシェアを誇る会社。全都道府県に拠点を持ち、施設ごと、利用者ごとのニーズに対応するきめ細かいサービスの提供を強みとしています。
アピールポイント
高齢化が進む日本のなかで、当社のビジネスは今後大きく発展する可能性を秘めています。充実の顧客基盤や経営基盤、食の提供に関する高度なノウハウを生かし、お客様の事業の成長をサポートします。
expand_less
  1. TOP
  2. 積極買収企業一覧
  3. 株式会社CCNグループ