会員登録 ログイン

ゲーム、女性向けメディア求む! コンテンツ制作に集中できる環境をご提供します

株式会社メディア工房のアイキャッチ画像
株式会社メディア工房 https://www.mkb.ne.jp/ 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 デジタルコミュニケーションを主軸として、6つの事業を展開。セカンダリーゲーム事業、女性向けのウェブメディア事業で、共に取り組んでくださる事業者様を求めています。
アピールポイント 複数の収益源を有しているため、チャレンジングな事業展開が可能。人事・経理等の管理系業務は当社に任せ、本業に集中いただけます。グループ内ではAIやMRなど最新技術の研究にも取り組んでいます。

M&Aの方針

買収対象業種 IT / 広告 / メディア / Webマーケティング / IP / ゲーム / エンターテイメント
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円
買収対象領域
買収除外対象
買収フロー
ロックアップ
役員派遣
役員登用
社名、オフィスの統合
その他M&Aの方針

何をやっているのか?

当社は占いコンテンツ制作からスタートし、ユーザーの心に寄り添ったコンテンツ作りを得意としてきました。折からの占いブームを追い風に急成長を遂げ、2006年には東証マザーズ上場を果たしています。
その後、デジタルコミュニケーションを主軸として事業領域を拡大し、現在はコアバリュー「人と人をつなぐ」の下、当社グループとして以下6つの事業を展開しています。

・占いコンテンツ事業
PC、モバイルのプラットフォームへの占いコンテンツの提供、iPhone/Android向け占いアプリの提供を行っています。

・メディア/AI事業
恋・結婚・人生観など、女性読者が気になるトピックをコラムとして発信するwebメディア「カナウ」を運営。占いコンテンツ事業で取得したユーザーデータを基に、AI・ビッグデータ解析などの最新技術も活用し、多くの読者の悩みに応えています。

・ONE TO ONEマーケティング事業
チャット、音声通話サービスなどを通じて、ユーザー一人ひとりに合わせた癒し/占いを活用した悩み相談サービスを提供。現在、チャットと声による癒しのサービス「きゃらデン」 、電話占い「リエル」を展開しています。

・ゲームコンテンツ事業
セカンダリーゲーム事業を中心に、ソーシャルゲームアプリやiPhone/Androidアプリの企画・開発・運営、日本国内でのゲームアプリパブリッシング・運営を手掛けています。

・越境医療/越境EC事業
中国を中心とするアジア圏の顧客をターゲットに、医療機関との提携による医療サービスツアーをはじめ、越境ECなどのインバウンド・アウトバウンド事業を企画推進しています。いずれも間もなく立ち上げとなる予定です。

・VR(仮想現実)/AR(拡張現実)/MR(複合現実)事業
中国メーカーの総販売代理店として、VRのハードウェアを販売しています。また、MR(Mixed Reality)は、他事業での活用も見据え、独自開発に取り組んでいます。

何を目指しているのか?

何を必要としているのか?

何を提供できるのか?

売り手に向けて一言

株式会社メディア工房のM&A実績

株式会社ルイスファクトリー

ルイスファクトリーは様々なゲームの運営や新規開発を行うことを目的とし、他社より事業譲渡を受け2016年に設立されました。ルイスファクトリーでは、パートナー様よりスマートフォン(ブラウザ・ネイティブ)ゲームの運用移管、サービス譲渡を受け、企画・開発・運用を総合的にお引き受けし、長期的に運用を行うセカンダリー事業に注力しています。メディア工房の100%子会社。

企業情報

設立年度 1997年
代表者名 長沢一男
従業員数 125名 (2018年8月末現在)
売上高 21億7,100万円 (2018年8月期連結)
エリア 東京都
本社所在地 東京都港区赤坂4-2-6 住友不動産新赤坂ビル12階
事業内容 デジタルコンテンツ事業、他
会社の特徴 上場 / 設立15年以上30年未満
URL https://www.mkb.ne.jp/
交渉を進めたい方はこちら
直接売却・資金調達を
打診する
疑問点のある方はこちら
M&Aクラウドに
無料相談する
打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却・資金調達の見積を行うことで、あなたの会社の価値がどれくらいなのか、どんな会社が買収・投資を行ってくれそうか、の2点を知ることができます。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

募集志向が似ている企業

  1. TOP
  2. 積極買収・出資企業一覧
  3. 株式会社メディア工房
expand_less