人材派遣・紹介、システムソリューション、環境ビジネスなどの領域で出資先を募集します

  • 出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社エスプール

株式会社エスプール

  • 公開日:2022/03/29
  • 更新日:2022/03/29
  • 気になる:5

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

出資対象領域
【既存事業の強化】 ●人材派遣・紹介事業 ●障がい者雇用支援事業 ●フルフィルメント事業 【新たな事業領域の開発】 ●システムソリューション事業 【ESGを軸とした事業の強化】 ●環境ビジネス
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
出資スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスを行った後、面談を通じて、当社とのシナジーや事業の成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

出資の方針

出資対象業種
出資除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
出資予算
1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
契約締結までの期間
わからない
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
ロックアップ
交渉次第

出資の戦略

何をやっているのか?

社会問題や企業の経営課題を解決するためにアウトソーシングサービスを提供 社会問題や企業の経営課題を解決するためにアウトソーシングサービスを提供

エスプールグループは、企業活動を通じて社会問題の解決に取り組んでいます。アウトソーシングサービスによって、社会問題や付随する企業の経営課題を解決することがミッションです。

昨今は社会課題の多様化が進んでいます。環境保護をはじめ、高齢化社会への対応、障がい者福祉や地方創生、貧困問題など、解決すべき問題が多くあります。そのなかでも、現在は特に「人」、および「環境」問題に注力しています。

販売支援やコールセンターの人材アウトソーシングをはじめ、農園を活用した障がい者雇用支援サービス、インターネット通信販売の商品発送代行などを行うロジスティクスアウトソーシングサービスなどが主力事業として挙げられます。

【主な事業】
●人材アウトソーシングサービス
●障がい者雇用支援サービス
●ロジスティクスアウトソーシングサービス
●採用支援サービス 「OMUSUBI」
●環境経営支援サービス
●広域行政BPOサービス

何を目指しているのか?

中長期的なビジョンとして、「社会的価値」と「経済的価値」の両立を実現させることを掲げています。経営面の基本戦略は、環境変化に強い企業グループを目指したポートフォリオ経営の推進です。そして、以下の3点を重点戦略として定めております。

●環境変化にあわせた既存事業の継続的な発展
現在、人材アウトソーシングや障がい者雇用支援、ロジスティクスアウトソーシングなどの主力事業は安定して伸びている段階です。ここからさらに継続して成長していけるよう、既存事業のニーズや課題を深掘りし、事業の強化を進めます。

●新たな事業領域における成長機会の獲得
既存領域が伸長している一方、次の10年を見据えて新たな事業を模索していく必要があります。第3・第4の収益の柱を構築していくために、新規事業開発にも積極的に取り組みます。

●ESGを軸とした経営基盤の強化
企業のESG経営を推進していくべく、「Environment(環境)」「Social(社会)」「Governance(管理体制)」の3つをより強化していくことを目指しています。これまで当社は「Social」領域に関連する事業が多かったため、そのほかの領域においてもより注力していきたいと考えています。

何を提供できるのか?

●上場企業を中心とした顧客基盤
当社のサービスを利用しているクライアントは上場企業が中心です。それらの顧客基盤を活かし、アップセルやクロスセルといった展開も可能です。

●人的リソースの提供
グループ全体で945名の従業員が在籍しています(2021年11月末現在)。業務では効率化や人材育成のスキルが必要になるため、マネジメントや推進力に長けた優秀なメンバーばかりです。人手不足に悩んでいる場合、当社のリソースを提供できます。

●IPO支援
当社にはベンチャーキャピタルの立ち上げ経験がある社外取締役はもちろん、金融出身の専門スキルを持ったメンバーも在籍しています。将来的にIPOを目指しているようであれば、上場準備のサポートも可能です。

●オフィスや研究施設などの共有
秋葉原にある本社オフィスはもちろん、研究施設などを利用できます。

起業家・経営者に向けてひとこと

事業戦略推進推進本部 執行役員・鬼木 陽一 事業戦略推進推進本部 執行役員・鬼木 陽一

1999年の創業以降、社会を取り巻く環境は大きく変化しております。そのような時代背景のなかで着実な事業成長を実現し、2019年には東証プライム市場へ市場変更を果たしました。現在、新たな事業拡大フェーズに入っており、2025年までの中期経営計画においては売上高410億円、営業利益50億円を目標に掲げています。目標に向けて、既存事業や新規事業において積極的にチャレンジしていく必要があります。

より大きな飛躍を遂げるべく、M&Aを通して新たな価値を創出していければと考えております。

当社はファミリーのようなアットホームな雰囲気があり、従業員が一丸となって業務に取り組んでいます。30歳台までの年齢層が多く、活気がありますが、もちろん年齢にとらわれることなく、フラットに働ける環境です。若手のうちに昇格する人材もおり、切磋琢磨できる環境が整っています。

今回は世の中をより良くしていけるような企業と協業できればと思っております。ぜひ、世の中をより良くできるよう一緒に努めていきましょう。ともにグロースできることを楽しみにしています。