越境EC大手の「BEENOS」が、既存領域の強化を目指し、物流・エンタメ領域等に出資を検討

  • 出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
BEENOS株式会社

BEENOS株式会社

  • 公開日:2022/06/10
  • 更新日:2022/06/10
  • 気になる:3

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

出資対象領域
●EC領域を革新する技術を持った企業 ●物流サービスを持った企業 ●エンタメ業界の商品流通にかかわる企業 ●インバウンド関連企業
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
出資スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

出資の方針

出資対象業種
出資除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
出資予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
契約締結までの期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
原則売却オーナーの意向に従う

出資の戦略

何をやっているのか?

ITとインターネットをベースとして、「グローバルプラットフォーマー」を目指します。 ITとインターネットをベースとして、「グローバルプラットフォーマー」を目指します。

当グループは1999年、インターネット革命の黎明期に国内のEC事業を手掛けるITベンチャーとして創業しました。現在は、グローバルコマース事業、いわゆる越境EC事業を主軸とし、累計越境EC支援実績数は3000件を突破しています。

国内主要マーケットプレイスと連携しており、リユースから新品まで扱う商品は多岐にわたっています。特徴としては、世界184カ国にサービスを展開、物流網も独自で構築し、安価な手数料や国際送料のメニューも開発しています。ほかにも、カスタマーサポートとして英語・中国語はもとより、インドネシア語やスペイン語など10言語に対応。越境ECを行う際のベストパートナーとして、日本のECサイトを運営する企業との取引実績が多くあります。

また、国内外9カ国・約70社への投資育成を行うインキュベーション事業も展開。出資先からユニコーンも輩出するなど、今後成長が見込まれる”ネクストチャイナ”になり得る市場、アジア新興国への投資を先駆けて実施しており、独自のネットワークを構築しています。自社での新規事業の開発も積極的に行っており、インバウンド関連事業は、インキュベーション事業から新たに立ちあげたものです。

(1)EC事業領域
【グローバルコマース領域】
●Buyee(海外向け購入サポート事業)
通販サイトから『Buyee』内に商品データを取り込み翻訳するため、日本語が読めない海外ユーザーも商品の購入が可能になるサービス

●セカイモン
世界最大級のオンラインマーケットプレイス『eBay』と連動したグローバルショッピングサービス

●転送コム(海外転送事業)
海外ユーザーが転送コムから付与される住所を利用することによって、海外発送未対応の通販サイトでも買い物が可能になるサービス

●FASBEE
日本のアパレル商品を海外消費者に販売するグローバルファッションECサイト

●BAKUMO
日系ブランドを中心とした商品を台湾消費者にトライアル販売し体験機会を提供することで、台湾消費者の生の声を収集して掲載企業に届けるマーケティングプラットフォーム

【バリューサイクル領域】
●JOYLAB
国内8店舗の酒類買取専門店『JOY LAB(ジョイラボ)』を運営し、買い取った酒類を自社ECサイトや国内大手ECモールで販売

●ブランディア
業界最大級の個人向けブランド宅配買取サイト

【エンターテインメント領域】
●Groobee
最短5営業日で新たにネットショップを開設できるサービス。アーティストやアニメ、キャラクターのコンテンツに特化した、エンターテインメントに最適な機能が詰まったサイト構築ができ、初期費用0円からスタートが可能

●narabee
イベントなどの物販運営をサポートするSaaS型モバイルオーダー・決済サービス

●モノセンス
タレントや有名人、キャラクターとライセンス契約を結び、商品の企画開発やEC サイトでの販売・プロモーション活動・ライセンス運営など、ヒット商品を創出するためのサービスをワンストップで提供

【インバウンド領域】
●トラベルバー
台湾最大級の訪日旅行メディアサイト

●マンスリーホテル
7泊以上半年以内の長期滞在に特化したホテル・宿泊施設予約サイト

(2)インキュベーション事業領域
●BeeCruise
「経験値」「ネットワーク」「データの蓄積」という3つの強みとIT技術を駆使し、既存事業の成長の加速化と新規事業の開発を実施

●Linkus
日本で働きたい外国籍人材と雇用したい日本企業、そして関係機関をテクノロジーで繋ぐSaaS型越境HRプラットフォーム

何を目指しているのか?

当社のPurpose(存在意義)は、「野心とテクノロジーで世界の可能性を拡げる・Nextスタンダードを創る」。日本のみならず世界中の商品を繋ぐことを目標としています。当グループがサポートすることで、世界への扉を開け日本企業や文化の可能性を最大限に引き出すことを目指します。

そのために、グローバル強化はもとより、各マーケット・各企業に対して提供できるソリューション自体も強化していこうと考えています。例えば、エンタメ領域でいうと、すでに国内から海外までも含めて一気通貫で提供しており、グッズの販売・企画だけでなく生産も手掛けられるようなサプライチェーンを構築しています。

具体的には、2023年までに流通総額1,000億円を目指します。注力事業ドメインは以下の通り。

(1)グローバルコマースセグメントにある海外購入サポート事業の『Buyee』
当社の中核事業であり、流通金額と利益面ではもっとも貢献をしている事業です。2021年はサービスの規模を大きく伸ばしました。エリア特化マーケティング活動を強化して、アメリカ・台湾からの受注が拡大しました。ローカライズにも注力しており、各国に最適な配送手段や決済等の導入を進めています。今後も高まる日本の商品への需要に応えるために、より使いやすく、よりお求めやすいサービスへ進化をさせていきます。

(2)海外マーケットプレイスとの商品連携スキーム
日本の大手ECサイトと中国のアリババ・グループが運営するタオバオなどの巨大ECモールを繋げ、日本の商品が直接海外のECモールに出品され購入ができるように当社がサポートしています。2021年3月に提携を発表し、これから流通の拡大を目指していきます。

(3)日本のエンタメ業界に特化し業界のDXを支援する商品開発・販売プラットフォーム『Groobee』
日本にいる歌手やタレント・芸術家・YouTuberなどさまざまなアーティストのグッズを企画・製造・販売(海外含む)し、また売り場であるECサイト構築までを一気通貫でサポートしています。エンタメ業界におけるグッズの販売は市場規模があり、まだサプライチェーンの多くがDXされていない状況にチャンスを感じています。

何を必要としているのか?

代表取締役 執行役員社長 兼 グループCEO 直井聖太 代表取締役 執行役員社長 兼 グループCEO 直井聖太

既存事業領域の強化を中心にさらなる事業拡大を目指し、以下のような会社様でM&Aを検討しています。基本的に国内であればエリアは問いません。

●EC領域を革新する技術を持った企業
ECは在庫・プライシング・プロモーションなど様々な領域がある上、プラットフォームによる出し分けなどオペレーションも煩雑になりがちです。これらを統一的に管理することでオペレーションを効率化する余地が十分にあると考えています。既にダイナミックプライシングを提供する「メトロエンジン」に出資を行っていますが、それ以外の領域でもECに関わる新しい技術を持った企業と積極的に連携していきたいです。

●物流サービスを持った企業
当グループで独自の物流網を構築していますが、さらに強化していく予定です。物流サービスを提供しており、当グループとシナジーを感じる企業は是非ともお声がけください。

●エンタメ業界の商品流通にかかわる企業
越境ECで販売する可能性が高い商品として、日本の強いコンテンツ力に裏打ちされたエンタメ関連商品があります。それらの領域に取り組む企業と組むことで世界に広げていく可能性を作れるはずです。既に『Groobee』というエンタメ業界向けECカートの提供を通じて着手はしていますが、この領域での事業範囲の拡大をさらに加速させていきたいと考えています。

●インバウンド関連企業
海外のお客様が訪日旅行をする際に旅行プランを自動的に組めるサービスを提供しています。そのため、既存領域の強化という文脈で、インバウンド関連企業様との連携も積極的に進めていきたいです。

なお、「メトロエンジン」は、人がいつ移動するかを予測できるようなビッグデータを有しています。すでに、ダイナミックプライシングを活用することで、ホテル関連事業において価格を可変的に設定するシステムができています。このビッグデータがあれば、その先のレンタカー・バスなど人の移動が関わる産業ともシナジーがあると考えます。

何を提供できるのか?

●3,000件の越境EC支援実績から培われた豊富なオペレーションノウハウ
当社は、3,000件の越境EC支援実績があるため、可変的にオペレーションを構築してきました。アメリカや中国といったマーケットが大きいところで事業展開している影響で、例えば扱っている商品が話題になってしまうと、大量の注文が入り、柔軟な対応が必要になるためです。

また、多種多様な商品が倉庫に届きますので、その商品ごとに合った梱包方法や物流手段も開発してきました。EC事業だと、通常は基本的なルールに沿って商品提供するのが定石だと思いますが、当社ではそうした臨機応変に対応できる運営体制により、他社では真似できない豊富なオペレーションノウハウを持っています。流通に関わる企業には、このノウハウをぜひ活用してほしいです。

●会員330万人から得られる購買データ・顧客基盤
『Buyee』には世界中に利用者がいるので、多くのエンドユーザーと直接つながることができています。そうした顧客の反応や購買データをダイレクトに拾えるというのは、日本での同業他社を見ても当社だけだと自負しています。会員数は全世界で300万人。そして、わざわざ日本のECを使用して商品を取り寄せているユーザーです。こうした顧客基盤を、さまざまな業界で活かしてもらいたいと考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

業界・マーケット自体を変えていけるようなソリューションを、本気で提供していきたいと考えています。スピーディーにグローバル展開をしていきたいなど、当社と共鳴する思いをお持ちの企業は、お気軽にご連絡ください。