国内外の空間創造を手掛ける「船場」が、当社理念に共感するエシカル素材やBIM関連企業等に出資します!

  • 出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社船場

株式会社船場

  • 公開日:2022/07/11
  • 更新日:2022/07/11
  • 気になる:1

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

出資対象領域
●エシカルマテリアル、エシカルデザインの関連企業 ●BIM(Building Information Modelingの)の関連企業
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
出資スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

出資の方針

出資対象業種
出資除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
出資予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
わからない
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

出資の戦略

何をやっているのか?

商空間づくりのプロフェッショナルとして、あらゆる空間づくりをトータルにサポートします。 商空間づくりのプロフェッショナルとして、あらゆる空間づくりをトータルにサポートします。

当社はさまざまな空間創造に関するトータルソリューションを提供している会社です。大型商業施設(ショッピングセンター、百貨店)から書店・ライフスタイルショップといった専門店、飲食店、レジャー&アミューズメント施設、オフィス、教育、医療施設まで幅広い分野の空間創造を手掛けています。

当社の強みは、1947年の創業時から商空間の創造を手掛け、賑わいの場づくりの知見を培ってきたことにあります。また、斬新な企画力、豊かな感性によって磨き上げられたデザイン力を擁する一方、業界随一を誇る生産拠点を全国各地に配備。調査・分析からコンセプトメイク、設計、施工、そしてオープン後の運営まで、お客様の空間創造においてトータルでサポートしています。

国内だけでなく海外にも展開しています。すでに32年の実績を持つ香港船場を筆頭に、中国やベトナムなどアジアの主要都市に7拠点を設け、現地に常駐する日本人社員が中心となってクライアントの商業施設づくりや日系クライアントの海外進出をサポート。海外市場の成長に伴って当社の海外事業売上高も順調に増えています。

何を目指しているのか?

当社は「未来にやさしい空間を」をミッションに掲げ、ビジョンである「GOOD ETHICAL COMPANY」を目指してグループ一丸となって挑んでいます。このビジョンに向けた戦略の一つが、「エシカルとデジタルの実装」です。

エシカルの実装としては、環境負荷を低減する資材や工法の提案、エシカルデザインの提唱、設計施工案件の廃棄物リサイクルなどに取り組んでいます。従来、商空間は「非日常のかっこいい空間」として捉えられてきましたが、当社は時代に先駆けて「エシカル」の考え方を空間創造に取り入れることで当社ならではの新たな付加価値を創造しております。

デジタルの実装としては、BIMを中核としたDX戦略を推進中です。BIMとは、「Building Information Modeling」の略称で、コンピューター上に作成した3次元の建物のデジタルモデルに、コストなどの属性データを追加した建築物のデータベースを、建築の設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で活用するためのソリューションです。従来のような紙の大型図面と比較すると、業務を大幅に効率化でき、人手不足が深刻な建築現場の負担を減らすことができます。また、図面だけでなく、属性データも合わせて管理できる「5D」のツールであるため、災害時やリノベーション時にも役立ちます。BIMは、建築の手法をアップデートする新しいワークフローだとも言えるでしょう。

当社はそのBIMを設計業務のメインツールとして標準装備するべく、当社設計職の70%以上がBIMの基本技術の習得を目指しており、内装業界デジタル化の先駆企業になるべく技術を磨いています。また、BIMに関連して、VRやAR技術を活用した空間デザイン提案手法(バーチャルシミュレーション)も進めています。

この「エシカルとデジタルの実装」をブランディングの中核価値とし、内装業界において新しい波を起こしていくことで、社会における役割を探求していきます。

さらに、海外事業も加速させていきます。アジアの海外基盤を整備・強化する「SEMBA One Asia」を実現し、2024年度には海外事業売上を60%増の50億円以上へ伸ばす予定です。ゆくゆくは、「Beyond Asia」を掲げ、アジアを超えてエシカルデザインを広めていきたいと考えています。

何を必要としているのか?

当社の掲げるミッションやビジョン、そして重要テーマである「エシカルとデジタルの実装」に共感し、共に追求していくパートナーを募集します。

●エシカルマテリアル、エシカルデザインに関する企業
戦略の一つであるエシカルの実装をさらに進めるうえで、協力していただけるパートナーを求めています。例えば、不要品や廃棄物を使って新たな資材・建材を作っている企業のほか、エシカル(サーキュラーエコノミーやサステナブルも含む)をコンセプトにした建築・内装業向けのサービスを提供している企業を想定しています。

●BIMに関する企業
当社は内装業のBIM活用の先駆者となるべく、専門のチームを設置して体制やワークフローの構築を目指しています。BIM関連ソフトウェアの開発や導入支援を行っている企業、BIM活用に長けた設計企業、BIMと連動したVR/ARやAIのサービスを手掛ける企業など、BIM関連の企業全般と協業し、事業推進のスピードを上げていきたいと考えています。

出資比率については、貴社の要望を伺いつつ柔軟に検討します。当初はマイノリティ出資を行い、相性やシナジーを見定めつつ最終的に当社子会社になるかたちを目指してもいいですし、あくまでもマイノリティに留めることを希望する場合も貴社の意向に沿いたいと考えています。

上記に当てはまらずとも、BtoBの企業であれば、空間デザイン事業との協業の可能性を模索できると考えています。シナジーを生み出せそうだと感じた企業は、お気軽にご連絡ください。

何を提供できるのか?

出資企業に対して提供できると考えているメリットは、以下の通りです。

●大規模案件に参画できる機会
大型ショッピングモールやオフィスビルなどの大規模開発案件に参画するには、資格や実績、財務力、上場企業であることなど一定の基準をクリアする必要があります。当社は内装業大手の一角であり、その基準を満たしています。当社グループの一員になることで、世間からの注目度も高い大型プロジェクトに上流部分から携わることが可能です。

●全国展開・海外進出への足がかり
当社の海外売上比率は今後も増えていきます。当社グループに加わった場合、何らかのかたちで海外事業に参画していただくことになるはずです。海外進出を検討している企業には、大きなチャンスを掴んでもらえると思います。

●エシカルマテリアルの採用
貴社が開発・製造するエシカル素材を、商業施設やオフィスビルの内装に活用したり、あるいは当社が使用してエシカル家具を作ったりなど、さまざまなかたちでコラボレーションが可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社のビジョン「GOOD ETHICAL COMPANY」のCOMPANYは、会社という意味ではなく、仲間という意味です。気のあうエシカルな仲間たちと一緒に、未来にやさしい空間をつくっていきたいと思います。ぜひ、私たちの仲間になってください!