会員登録 ログイン

太陽光発電、化学素材、監視カメラなどを扱う韓国ハンファグループの日本法人。事業拡大に挑む仲間求む!

ハンファQセルズジャパン株式会社のアイキャッチ画像
ハンファQセルズジャパン株式会社 http://www.hanwha-japan.com/ 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 太陽光発電関連事業、化学品、精密機器、鉄鋼、セキュリティカメラなど、幅広い産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を手掛けています。
アピールポイント 1984年の設立以来、日本市場で築き上げてきた大手企業との取引基盤を活用いただけることに加え、海外でも韓国の親会社グループをはじめとする関係各社へのアプローチが可能。資金も潤沢に提供できます。

M&Aの方針

買収対象業種 IT / 人材 / 飲食店 / 調剤薬局 / 金融 / 古物商 / 広告 / 美容 / ファッション / EC / 物流 / メディア / Webマーケティング / 製造業 / 教育 / 医療 / デザイン / 工場 / 編集プロダクション / Web制作 / 健康食品 / IP / 保育 / 介護・福祉 / ブライダル / レジャー・アミューズメント / 葬祭業 / 病院・クリニック / ホテル・旅館 / 建築 / 不動産 / スポーツ / 学習塾 / VR / エネルギー / ゲーム / コンサルティング / システム・インテグレーション / 出版 / SaaS / エンターテイメント / 自動車ディーラー / 農業 / フィットネス・ヨガ / 食品 / 法律・会計 / 観光 / 動物病院 / ペット / インテリア / 家電 / 文具 / アウトドア / 設備 / 知財
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円 / 10億円〜
買収対象領域
買収除外対象
買収フロー
ロックアップ
役員派遣
役員登用
社名、オフィスの統合

何をやっているのか?

当社は、韓国の巨大企業グループであるハンファの日本法人として、1984年に設立されました。ハンファは1952年創業、製造・建設、金融、サービス・レジャーなど幅広い分野において、韓国内系列会社61社と世界325の拠点を展開しており、グループの売上高は6兆円を超えます。成長戦略として積極的なM&Aを行っている点も特徴の一つです。

その販売会社である当社は、東京に本社を置き、太陽光発電関連事業、化学品、精密機器、鉄鋼、セキュリティカメラなど、幅広い産業のアジア諸国間での輸出入業務と日本市場での販売事業を手掛けています。現在、国内では、仙台、名古屋、大阪、岡山、福岡に支店・営業所を展開しているほか、太陽電池モジュールの技術・品質検証、迅速なサポートを行っていくため、つくばR&Dセンターを設立し、日本市場のニーズに対応しています。
主な事業領域は、以下の3つです。

●セキュリティ
ハンファは、2014年に監視カメラメーカーであるサムスンテックウィン社を買収し、セキュリティ事業をスタート。独自の監視カメラブランド「Wisenet(ワイズネット)」は、映像処理やネットワーク伝送の技術に強みを持ち、欧州や米国、中東をはじめ、世界中の顧客から高く支持されています。日本市場では、2018年から本格的に営業を開始したばかりですが、太陽光発電システムのお客様を中心に、導入実績を積み上げつつあります。

●太陽光発電
親会社のハンファは、2012年にドイツの太陽電池モジュールメーカーであるQセルズを買収し、ハンファQセルズを設立。同社はドイツ本社の研究開発力を武器に、世界20か国を超える市場に「Qセルズ」ブランドの商品を展開しています。
日本では2011年から、住宅、公共・産業用両分野において販売を開始。太陽電池モジュール/システムの開発・生産・販売、発電所建設およびEPC(設計・調達・建設)事業など太陽光ビジネスの全分野でソリューションを提供し、成長を続けています。2017および2018年度は、国内総出荷量No.1を達成しました。

●ケミカル
日本法人設立時から展開してきた、歴史ある分野です。各種石油化学の基礎原料である、エチレン、プロピレンをはじめ、その誘導品であるポリエチレン、EVA、水溶性樹脂、コンパウンド樹脂、塩化ビニール樹脂などの素原料を調達し、日本の化学メーカーへ販売を行っています。

何を目指しているのか?

何を必要としているのか?

何を提供できるのか?

売り手に向けて一言

企業情報

設立年度 1984年
代表者名 金 鍾瑞
従業員数 189名
売上高 650億円(2017年実績)
資本金 27億円
エリア 東京都
本社所在地 東京都港区芝四丁目10番1号 ハンファビル9階
事業内容 太陽光発電関連事業、化学品、精密機器、鉄鋼、セキュリティカメラ等のアジア諸国間での輸出入業務及び日本市場での販売事業
会社の特徴 非上場 / 設立30年以上 / 全国展開 / 海外展開 / 事業提携も検討します / 出資も検討します
URL http://www.hanwha-japan.com/
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

この募集をシェア

類似の買い手企業

目指すは「カーライフのトータルサポート」。自動車整備・鈑金、パーツ供給など、車に関わる事業者を募集!

プレミアグループ株式会社

事業概要
主に中古車の販売店向けに、オートクレジットおよびワランティ(性能保証)事業を全国展開。自動車整備・鈑金など周辺領域も開拓中です。海外ではタイとインドネシアに進出しています。
アピールポイント
東証一部上場の信用力、自動車業界における知名度を活用いただけるほか、自動車整備・鈑金工場に対しては、全国2万店の販売店とのネットワークを基に安定的な修理案件の供給が可能です。
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
更新日: 2019/07/08 公開日: 2019/06/14

ブロックチェーンとアフリカ向け貿易のノウハウを持つ当社と共に、フィンテック総合企業を目指しましょう!

株式会社STANDAGE

事業概要
ブロックチェーン技術を使った貿易決済プラットフォームサービス「SHAKE HANDS CONTRACT」を展開。貿易の契約から決済、ファイナンス、物流の手配などを一気通貫でサポートしています。
アピールポイント
成長期待の大きいアフリカ・ナイジェリアにオフィスを持ち、事業を拡大。貿易決済プラットフォームには、電子記録を担保に融資が受けられる機能も追加し、中小企業やベンチャー企業の海外貿易を支援しています。
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
更新日: 2020/03/02 公開日: 2020/03/02

独自の自律制御技術を持つ当社とともに、商業用ドローン市場を一緒につくっていきませんか?

株式会社自律制御システム研究所

事業概要
千葉大学発のベンチャーとして創業し、商業用ドローンの製造販売、自律制御技術を用いた無人化・IoT化にかかわるソリューションサービスの提供を行っています。
アピールポイント
自律制御技術を用いた商業用ドローンを開発・販売している企業としては国内で唯一の存在です。インフラ点検、物流・郵便、防災・災害支援分野を中心に、ドローン利活用のニーズはますます高まっています。
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
更新日: 2019/12/24 公開日: 2019/12/24

当社のユーザーに新たな付加価値を提供できるセキュリティ、広告、決済、物流、デザイン制作など幅広く募集

GMOペパボ株式会社

事業概要
「もっとおもしろくできる」という企業理念の下、レンタルサーバー「ロリポップ」、ネットショップ運営「カラーミーショップ」、 ハンドメイドマーケット「minne」など様々なインターネットサービスを提供
アピールポイント
・GMOグループが運営する豊富なリソースを活用
・既存のストックビジネスを基盤として新たな事業へ投
・レンタルサーバーやネットショップユーザーに加えてハンドメイド作家など幅広いユーザーが存在
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
更新日: 2020/04/03 公開日: 2018/06/22
  1. TOP
  2. 積極買収・出資企業一覧
  3. ハンファQセルズジャパン株式会社
  1. TOP
  2. 積極買収・出資企業一覧
  3. ハンファQセルズジャパン株式会社
expand_less