search

志を同じくする企業集団が、1社では成し得ない偉業を集の力で果たします。

株式会社トライアンフコーポレーションのアイキャッチ画像
株式会社トライアンフコーポレーション http://www.uet.jp 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 情報技術事業(システムエンジニアリングサービス、モバイルアプリ開発)、不動産事業、販売促進事業(イベント企画・運営)、旅行宿泊事業、流通販売事業(アパレル、食品卸)など、多様な事業を展開しています。
アピールポイント 昨年度は年間10件のM&Aにより大きく外部成長を果たしました。同時に、経営管理の効率化による内部成長の促進にも取り組んでいます。外部成長と内部成長の両輪により加速度的な企業価値向上を目指しています。

M&Aの方針

買収対象業種 IT / 人材 / 飲食店 / 金融 / 古物商 / 広告 / ファッション / EC / 物流 / メディア / Webマーケティング / 製造業 / 教育 / デザイン / 工場 / 編集プロダクション / Web制作 / IP / レジャー・アミューズメント / ホテル・旅館 / 建築 / 不動産 / 学習塾 / VR / エネルギー / ゲーム / コンサルティング / システム・インテグレーション / 出版 / SaaS / エンターテイメント / 自動車ディーラー
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円 / 10億円〜
買収対象領域
買収除外対象
買収フロー
ロックアップ
役員派遣
役員登用
社名、オフィスの統合
その他M&Aの方針

United Enterprises of Triumph

弊社グループ(United Enterprises of Triumph)は、純粋持株会社である株式会社トライアンフコーポレーションを中心に企業集団を編成し、経営管理の効率化による内部成長の促進と、M&Aによる外部成長の加速によって企業価値を高めることを経営戦略としています。これは、中小企業が単独で競争力を維持することが難しい環境においても、複数の会社が提携して企業集団となって経営の合理化を図ることができれば、相対的に競争優位になると考えているためです。

これまでに数多くのM&Aと企業再編を行った結果、現在、弊社グループ(United Enterprises of Triumph)は、株式会社トライアンフコーポレーション、インフォメーションサービスフォース株式会社、株式会社トライアンフアセットマネージメント、株式会社アドバンスの4社の構成、事業内容は「情報技術事業」「不動産事業」「流通販売事業」の3つのセグメントの構成となりました(2018年4月現在)。

偉業を志す企業集団への誘い

経営管理体制

株式上場と情報開示

株式会社トライアンフコーポレーションのM&A実績

株式会社ミード

2019年1月9日の取締役会において、株式会社ミードの発行済株式の一部を譲渡により取得して、当社を株式交換完全親会社とする株式交換により、ミード社を完全子会社化することについて決議しました。ミード社は、昭和50年の創業以来約47年に亘り婦人服の製造業を営んでおり、皮革製品の多品種・少量生産を強みとしています。品質が高く数少ない国産メーカーとして得意先からの強い支持を得ており、生産受託及び製品のOEM供給によって堅調な業績を維持しています。ミード社は経営者の高齢化による事業承継が経営課題となっていますが、当社がミード社へ資本参加することで、この課題を包括的に解決することができ、ミード社が持つ技術的潜在能力を活かして更なる発展に寄与できると考えて、本件取引を決定しました。
出資年月:2019年3月

NHホテルマネジメント株式会社

2018年7月、株式会社トライアンフコーポレーションは、NHホテルマネジメント株式会社(東京都中央区、宿泊施設運営、運営受託・宿泊施設の清掃等の受託)を株式取得により完全子会社化し、United Enterprises of Triumph は旅行宿泊事業をセグメントに追加しました。

株式会社C2

2018年8月、株式会社トライアンフコーポレーションは、株式会社C2(東京都文京区、スマートフォン・アプリ開発)を株式譲渡によって子会社化し、2018年10月、株式交換によって完全子会社化しました。

C2社は、主にスマートフォン向けアプリ開発を行っております。2当社グループは、当社連結子会社のインフォメーションサービスフォース株式会社とC2社とのさまざまな業務上の連携のほか、経営管理業務においてもC2社に対して大きく貢献することができると考えています。
資金力、技術力、人材の厚さなど、当社グループの一員となることでC2社のさらなる成長を加速させることに加え、C2社が当社グループの事業ポートフォリオに加わることは、連結業績の大幅な向上につながるものと期待しています。

(取得比率 100 %、取得価格 9億2,000万円)

株式会社ユース

2010年9月、株式会社トライアンフコーポレーションは、株式会社ユース(東京都中央区、ソフトウェア業)を株式取得により完全子会社化しました。

エリアビイジャパン株式会社

2012年7月、株式会社トライアンフコーポレーションは、エリアビイジャパン株式会社(東京都港区、ソフトウェア業)を実質支配効力基準により連結子会社化し、2013年1月、株式取得により子会社化しました。

株式会社トライアンフコーポレーションのインタビュー

企業情報

設立年度 1999年
代表者名 代表取締役 CEO 小澤 勝
従業員数 単体12名(連結284名)※2017年9月末日時点
売上高 23億9,800万円 ※2017年9月末決算実績
資本金 3,212万円
エリア 東京都
本社所在地 東京都新宿区西新宿8-11-1 日東星野ビルビル6階
事業内容 純粋持株会社(情報技術事業、不動産事業、流通販売事業、販売促進事業、旅行宿泊事業)
会社の特徴 上場 / 設立15年以上30年未満 / 創業社長在任 / 買収実績3件以上 / 直近3年以内の買収実績
URL http://www.uet.jp
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

類似の買い手企業

求む!ビジネスパーソンに接点のあるサービス 3,000社以上の取引実績を活かし新たな価値創出へ!

株式会社イノベーション

事業概要
BtoBマーケティング支援の領域で、IT製品や人事・総務サービスの比較・資料請求サイト「ITトレンド」「BIZトレンド」やマーケティングオートメーションツール「List Finder」などを運営。
アピールポイント
BtoB企業約1,100社、メルマガ会員5万人超を有し、日経新聞などとのアライアンスも強み。ビジネスパーソンを起点にBtoC領域にも進出し、「『働く』を変える」事業を拡大していくことを目指しています。
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

サービス拡大に向けて、ITプラットフォーム事業やITオフショア開発事業を展開する企業を募集中!

株式会社エボラブルアジア

事業概要
人の移動の加速化に向けたオンライン旅行事業・訪日旅行事業、仕事の移動の加速化に向けたITオフショア開発事業など、「アジアの人々の移動と協業をITの力でより近くに」を目指して事業を展開中。
アピールポイント
・「アジアの人々の移動と協業をITの力でより近くに」を会社のミッションとして掲げ、投資活動も積極的に実施
・ニッチ市場戦略として、「両替分野」「キャンピングカー分野」「民泊分野」などの分野へ参入中
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

分野を問わず、インターネットに関連する事業を幅広く募集中。成長中のスタートアップの買収も積極検討。

ユナイテッド株式会社

事業概要
広告枠の自動取引プラットフォームの開発と運営を行うアドテクノロジー事業と、「クラッシュフィーバー」など世界中でDLされているゲームやアイドル応援アプリ「CHEERZ」などのコンテンツ事業を主に展開。
アピールポイント
・インベストメント事業として、様々な領域のスタートアップへの投資実績あり
・「クラッシュフィーバー」は1,000万DLを突破
・スタートアップの買収実績も有り
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

英語学習のインプット系、アセスメント等のアウトプットコンテンツ、法人向け研修サービスの会社を募集中

株式会社レアジョブ

事業概要
「日本人1,000万人を英語が話せるようにする」をサービスミッションに、オンラインレッスンを中心にオフラインレッスンやコンテンツ、教材設計まで幅広く手掛ける英会話事業
アピールポイント
・数千人の講師基盤を有し、国内No.1のオンライン英会話
・レッスンの成果やフィードバック、さらにはメンタルサポートに至るまで生徒に付き添うサービスを展開
・法人向け成果保証型集中プログラムを開始
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
expand_less
  1. TOP
  2. 積極買収企業一覧
  3. 株式会社トライアンフコーポレーション