お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

【夢は島を買ってリゾートアイランドをつくること】 その島に入るホテルや飲食店、ウェディング等を募集中

  • 買収予算:10億円〜
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
GYRO HOLDINGS株式会社

GYRO HOLDINGS株式会社

  • 公開日:2018/04/24
  • 更新日:2020/04/03
  • 気になる:27

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

世界をワクワクさせる!

サブライムは今期12期目を迎えました。島を買って国を作りたいと思って始めたサブライムですが、12期の現段階で400店舗近い飲食店を有する事業体に成長しました。
また新たな期を迎えるにあたって自分の人生において何を大切にしてきたかを振り返ってみました。上京したとき、屋台を作ったとき、お店を作ったとき、会社が増えるとき、新しいチャレンジをするとき、人生の選択の全てにおいて「ワクワク」を優先させてきた自分がいました。僕の人生にとって「ワクワク」こそが最上位概念でした。つまり僕の今までの人生は常に「心の羅針盤」に従って選択してきた結果と言っても過言ではありません。
では、サブライムの「心の羅針盤」とは何か?
それは「世界をワクワクさせる!」こと。それこそがサブライムが成し遂げたい世界感だということに気づきました。それがサブライムの新しいミッションとなります。またそのミッションを追い求める上でどういった気持ちを持つのか、ということも考えました。それがサブライムのスピリッツである「日々是冒険」という気持ちです。
つまり、「日々冒険心を持って世界をワクワクさせよう!」ということです。
では、どうやって世界をワクワクさせるのか?それは、「未知なる宝を発見し、世の中を幸せにすること」です。例をあげると、世界にまだないレストランを作ること、圧倒的な顧客満足を追求した店を作ること、まだ見ぬ食材を探し提供すること、世界がアッと驚くようなホテルを作ること、世界が唸るようなウェディング施設を作ること、そしてサブライムの夢である島を買ってリゾートアイランドを建設すること、になります。このように書くと夢物語のようにも見えますが、僕は「人が想像できることは実現可能な現実となる。」という風に考えています。
日々の頑張りや楽しみが夢への懸け橋となります。だからこそ、いまこの一瞬も夢につながっていると思って行動しなければなりません。僕たちは、冒険心を忘れず挑戦し続け、仲間と共に、人生を楽園に変えていきたいと本気で思っています。
サブライムグループはこれからも、創業の思いである、感謝、仲間、挑戦の気持ちを忘れることなく、「世界をワクワクさせる!」ことを目的とし、日々冒険していきたいと思います。

M&Aの姿勢

2011年のM&Aを皮切りに2017年末までに株式取得6件、事業譲受2件の実績があります。金額は数千万円から十数億円までと幅は広く、成約当初は赤字の会社も含めて現状は全て黒字化ないし黒字化が見込まれる状況に改善しております。

■事業承継としてのM&A
㈱八百八町や㈱TKSのように創業者からその意思を継ぎ、社長の花光が筆頭に立ち事業を成長発展させていきます。そのためM&A後は会社のカルチャーを尊重しつつ長所を活かし、強みの最大化が図るべき組織体制の再構築を進めます。特に人材面では組織内から生え抜きを経営幹部に抜擢・育成し、最終的に自走することを王道としています。ここにsubLime Groupの持つノウハウやネットワークを活用することで売上最大、コスト最小を実現することで高収益体質の企業へと改革を推進します。

■さらなる店舗拡大
出店戦略の一環として捉えM&Aを実施します。出店地域あるいはブランドの類型によりシナジー効果が見込まれる場合は、事業規模にかかわらず積極的に取り組んでいます。マネジメントは一定の自律性を尊重しつつ subLime Group の持つ購買力やノウハウを活用することにより収益力の向上を実現しています。

■新規事業への挑戦
現在、飲食店を中心に展開しておりますが、昨年末にヘアー&アイラッシュ&ネイル事業を展開する㈱イーグラントコーポレーションをグループに迎い入れました。新事業開拓の一環であり、㈱イーグラントコーポレーションの持つ強みに加え、subLime Group が持つ物件開発力と低コストでの出店ノウハウを加えることでさらなる成長を志向します。今後も飲食事業か否かにかかわらず上記の買収対象業種に記載のある事業であれば積極的に検討してまいります。