株式会社イノベーション

企業情報

設立年度
2000年
代表
富田 直人
従業員数
147人
資本金
10億円
売上高
43.8億円
営業利益
7.8億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都渋谷区渋谷3-10-13TOKYU REIT 渋谷R ビル3F
事業概要
オンラインメディアの『ITトレンド』を基軸にIT関連企業様のマーケティングを支援。そのほか、SaaS事業やIFA事業、M&A仲介事業、CVC事業(22年4月開始)を通じてIT業界の発展に貢献します。
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
インターネット・Webサービス

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

近年、BtoCの世界ではマーケティングのスマート化の進展が著しい一方、BtoBの営業においては、特に日本では対面営業が重視される傾向が強い中、依然として人力に負う部分が大きい現状があります。当社は2000年の創業以来、法人営業の新しいスタイルを創造することを目指し、営業活動の生産性向上につながるサービスの提供に取り組んできました。

●オンラインメディア
現在、主力となっているのは、勤怠管理システムや会計システム、研修、採用等のアウトソーシングサービスなど、BtoBの製品・サービス情報を集めたポータルサイトの運営事業です。製品・サービス情報の掲載は無料で、ユーザーからの問い合わせ・資料請求の数に応じて、成功報酬が発生する仕組みです。

「ITトレンド」 https://it-trend.jp/
企業のシステム導入検討者がIT製品(勤怠管理システム、会計システム、経費精算システム、CRM等)の比較・検討を行い、資料請求やお問い合わせができるメディア。

「BIZトレンド」 https://biz-trend.jp/
企業の人事・総務・マーケティングなどの担当者が各種サービス(研修、人事、採用、給与計算のアウトソーシングサービス等)の比較・検討を行い、資料請求やお問い合わせができるメディア。

●セールスクラウド
見込み客の“獲得”を支援するオンラインメディア事業に加え、もう一つの柱として手掛けているのが、“見込み客がわかる”セールスクラウド事業です。

「List Finder」 https://promote.list-finder.jp/
顧客リスト管理やメール配信、アクセス解析などを通じて有望商談を発掘するマーケティングオートメーションツール。導入しやすい価格帯、分かりやすいUIなどを強みに、中堅企業や成長ベンチャーを中心に支持され、1,200アカウント以上の導入実績を誇ります。

●オンラインセミナープラットフォーム
以上の2事業を通じ、直営業で築いてきた約1,200社に及ぶBtoB企業との取引実績が当社最大の資産です。加えて、メディアの読者を主体としたメールマガジン会員も4万人を超えています。
これらの資産を活用し、2018年8月には、ビジネスパーソン向けのセミナーに注目した新サービス「Seminar Shelf」を立ち上げました。セミナー開催は、BtoBの見込み客獲得手法として広く行われているものの、実施企業にとっては集客や会場確保の負担が大きく、受講者側にとっても「時間が合わない」「上長の許可が得られない」など「関心はあっても行けない」ケースが少なくありません。
「Seminar Shelf」は、こうした開催側・受講側双方の課題解決につながるサービスで、各種セミナーを動画で視聴できるプラットフォームです。「ITトレンド」「BIZトレンド」と同じく成功報酬型で、動画掲載会社には視聴ユーザーの情報と引き換えにフィーが発生します。

「Seminar Shelf」 https://seminarshelf.com/
忙しいビジネスパーソンがPC・スマホで見たい、営業・マーケティング戦略や人事・組織戦略に役立つセミナーを視聴できるポータルサイト。日本経済新聞社との連携により、日経電子版を活用したプロモーションにより視聴者急拡大中。

何を目指しているのか?

2018年10月、当社は経営理念をリニューアルしました。新しいミッションは、「『働く』を変え、組織や個人が成長できる社会へ」。これまでキーワードとしてきた「法人営業」の枠を越え、営業以外の部門、もしくは法人ではなく従業員ないし個人に対しても、サービス対象を広げていこうとしています。
業界、業種、職種ごとに存在する仕事の課題を解決し、「働く」を変えていく。そして私たちのサービスをご利用いただいたお客様が、サービスによって大きく成長していく。そのお客様の成長によって、お客様のお客様も成長していく――こんな成長の連鎖が、会社だけでなく組織や個人にも広がっていく社会を作ることに貢献していきたいと考えています。

実際、これまで展開してきた「ITトレンド」や「BIZトレンド」も、ユーザー視点に立てば、企業の間接部門の業務効率化につながっていますし、「Seminar Shelf」は従業員の知識拡大に役立っています。こうした視点の延長線上において、今後は引き続きBtoBに軸足を置きながらも、BtoE(Employee:従業員)やBtoC領域への進出を加速し、圧倒的な成長を目指していきます。