close
close
menu

株式会社ファインドスターグループ

企業情報

設立年度
1996年
代表
内藤 真一郎
従業員数
457人
資本金
8,800万円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町1-4-17 東洋ビル11F
事業概要
EC企業およびBtoB企業を主な対象とするダイレクトマーケティング支援の領域において、グループ15社で事業を展開。社員の起業をグループで支えるという独自の経営スタイルで急成長を果たしています。
会社の特徴
第一業界区分
広告・出版・マスコミ
第二業界区分
広告

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

当社は、株式会社ファインドスターを核とする企業グループであり、現在15社が活動しています。事業ドメインは、EC企業およびBtoB企業を主な対象とするダイレクトマーケティング支援。カード会社や互助会などが発行する会員誌の広告をはじめ、EC商品に同梱されるチラシやサンプル、DM同封チラシ、Web広告など、ターゲットの絞り込まれたメディアを活用して、クライアント各社の売上向上に貢献しています。このほか、BtoB営業のリード獲得を支援するプラットフォーム運営、BtoBマーケティングに役立つメディア運営、ダイレクトマーケティングを通じた海外進出支援なども手掛けています。 当社では、社員の起業を応援する独自のグループ経営スタイルを採っており、現在のグループ会社はほぼすべて、当社社員が設立した会社です。ファウンダーである私、内藤が「起業家をグループ化する」というソフトバンクの手法に刺激を受け、これに私の出身企業・リクルートグループの特徴である「起業家を輩出する」という要素を掛け合わせたら起業の成功率が上がるのでは、と考えたことから、この経営スタイルを生み出しました。 2008年のグループ経営のスタートからまる11年を経て、その成果には確かな手応えを感じています。経営者間に長年の信頼関係があり、企業文化にも共通項が多いことから、スムーズにシナジーを生み出してくることができました。各社ともここ数年で急成長を果たしており、グループ全体の売上は200億円を超えました。

何を目指しているのか?

当社は、「世界で一番、起業家とベンチャー企業を創出する」をグループビジョンに掲げています。2020年代中にグループ全体で「100社、従業員1,000人、売上1,000億円」を達成することを目指し、グループ内のすべての会社が成功するような仕組みとコミュニティ作りに取り組んでいます。 すでに人口減少フェーズに入っている日本は、今後確実にマーケットが縮小し、労働人口も減っていきます。この閉塞的な状況を打破していくためには、既成概念にとらわれない、柔軟なビジネスアイディアが求められている一方、国内では依然として起業家の育ちにくい風土が根強く、イノベーション創出の障害となっています。 日本で起業に挑戦する人が少ないのは、身近に成功者が少ないからだと思います。だからこそ、私は起業の成功率を上げる仕組みを創りたいのです。そして、成功率を上げるためには、一社単独よりもグループで取り組んだほうがよいというのが私の持論です。グループのサポートがあれば、人材採用や資金調達、顧客獲得など、創業期の企業の多くがぶつかる壁も乗り越えやすくなります。 これまで社員の起業を応援する形で、一定の売上・利益出している企業を次々と生み出してくるのと同時に、外部企業への出資も積極的に行ってきました。今後は社外からグループに迎えることで、一段ステージを上がることをサポートをする事例を作りたいと考えています。