株式会社キャナル

企業情報

設立年度
2003年8月
代表
代表取締役 田中則和 取締役社長 吉岡智子
従業員数
20人
資本金
1,000万円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都渋谷区広尾1-10-4 越山LKビル5階
事業概要
自社構築のASPサービスを主力に、広告代理業、Webメディア開発、メディア運営、Webプロモーションなど幅広く展開。クライアントにとって最適なメディアを組み合わせて提案する提案力に自信があります。
会社の特徴
第一業界区分
広告・出版・マスコミ
第二業界区分
広告

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

キャナルは、プロモーション関連領域で、多種多様な事業を展開しています。

まず、2003年の創業当初から展開している広告代理事業においては、新聞や雑誌など印刷メディアの広告、システム開発や保守も含めたWebサイト制作、シネアド、交通広告、看板など、さまざまな媒体を取り扱っています。

2008年には、自社サービスとして、アフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)「プレミアアフィリエイト」をスタート。アフィリエイト市場拡大の波に乗って右肩上がりに成長を続け、現在では数百万に及ぶメディアと数百社のクライアントをつなぐサービスとなっています。大手ASP事業者とは競合関係である一方で、大手では規定上扱えない広告を当社で取り扱うなど、協力関係も築いています。

さらに、2018年には、クライアントであるアプリ事業者様のプロモーションの一環として、映画制作もスタート。すでに3本の作品を制作し、劇場公開しました。
また、当社の100%子会社である株式会社ビーコン・ラボでは、タレントのマネジメントを行っており、俳優の浅利陽介が所属しています。

このようにプロモーションに関わるさまざまな事業を手掛け、領域をまたいだノウハウを蓄積していることが、当社の大きな強みです。お客様の課題に応じ、看板の掲出から映画制作まで、最適かつ独自性の高い提案を行うことで、強固な信頼関係を築いています。

また、営業力も強みと考えます。当社ではASPというインターネット上のサービスであっても、顔の見えるお付き合いが大事と考え、クライアント1社につき1人の担当者が付き、対面での丁寧なコミュニケーションを行っています。このフットワークの軽さがお客様からの信頼獲得につながっています。
拠点体制としては、東京本社に加え、2015年には大阪支店を設立し、関西圏のクライアントへのフォローアップ体制も充実させています。

当社オーナーが持つアジアのクライアントとのネットワークを生かし、2017年にはカンボジアに支店を設立し、海外向けの事業展開もスタートさせました。カンボジア支店では販促支援事業だけではなく、女性に人気のフェイスマスク(美容液マスク)『ルルルン』の代理販売を行うほか、さまざまな日本製商品の実験販売を行っています。

何を目指しているのか?

当社はインターネット広告代理業やアフィリエイト広告業というマーケットのなかで、一定のシェアを築きつつあります。とはいえ、まだ現在の事業規模では、大手クライアントの案件を直で請けられないようなケースもあります。今後、大手クライアント各社と直接取引し、より大規模な案件を獲得できるようになっていくためには、スケールアップが欠かせません。当社と相性の良いパートナーとは積極的に連携し、業界における存在感を高めていくことが急務であると考えています。