株式会社パワーエッジ

企業情報

設立年度
2000年
代表
塩原 正也
従業員数
188人
資本金
5,700万円
売上高
18.5億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都豊島区池袋2丁目43番1号 池袋青柳ビル9F
事業概要
SESを中心とするシステム開発事業のほか、ネットワークソリューション、ITサポート、パッケージ開発などのビジネスを展開。大手SIerを中心に多数のお客様と取引を行い、安定した財務基盤を確立しています。
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
システム・ソフトウェア

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

パワーエッジは、お客様先に常駐して開発を行うSES事業を主軸としているシステム開発会社です。東京に本社を置き、大阪、金沢、名古屋、静岡に拠点を構えています。

銀行や証券会社などの「金融系」から、製造業などの「業務系」、SNS基盤構築やソーシャルゲーム開発などの「エンターテインメント系」、電子機器、IoT関連機器などの「組込系」、そして各種スマートフォンアプリまで、非常に幅広いシステムに対応。システム開発に加えて、インフラ関連設計やサーバー構築などのネットワークソリューション、システム導入やシステム運用支援などのITサポートも提供しています。

また受託開発だけではなく、アパレル・ファッション業界向けの販売管理システムや展示会時の受注処理システム、飲食店向けのオーダーエントリーシステムやタブレットPOSシステムといったパッケージ製品の開発・販売も行っています。

当社のお客様はSIer、ユーザー企業とも大手が多く、業種は多岐にわたります。最も取引額の大きなお客様でも、売上高全体に占める割合は10%程度で、上位のお客様は毎年のように変わっています。対応可能な業種やシステムの幅を広げることで、特定顧客との取引に依存するリスクを避け、外部環境に左右されにくい安定した財務体質を確立しています。

人材の採用と育成を得意とするのも当社の強みです。新卒採用の段階では技術力を問わずに人柄やコミュニケーション能力を重視した採用を行い、入社後に、実務研修や一人ひとりの適性・レベルに合わせた指導により技術力を高めています。これにより、お客様の問題を深く理解・洞察する力を持った人材を育成し、お客様との信頼関係を強固なものにしています。その結果、当社ではほとんど営業活動を行わずに、継続取引やご紹介によって案件を獲得しています。

何を目指しているのか?

当社は創業以来20年、順調に事業を拡大し、グループ従業員数240名、売上高約27億円の規模となりました。今後の目標は、数年以内に従業員1,000人、売上高100億円の企業になることです。

なぜ1,000人にこだわるか。最大手SIerなどから大規模プロジェクトの依頼を受けるためには、ある程度のエンジニア数を確保できる体制が必須だからです。1,000人規模の体制がつくれれば、「やりたい」と思えるような大規模プロジェクトに名乗りを上げることができます。そして、大規模プロジェクト全体を当社で担当できれば、自分たちの裁量で仕事を進めやすい上、高い利益率を確保でき、社員のやりがいも一層高まると考えています。早急に1,000人を達成し、企業のステージを一段階引き上げたいと考えています。