株式会社アイフリークモバイル

企業情報

設立年度
2000年
代表
上原 彩美
従業員数
733人
資本金
11.7億円
売上高
16.7億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都新宿区新宿二丁目1番11号 御苑スカイビル
事業概要
iモード向け絵文字提供を祖業にコミュニケーション関連事業を展開。絵文字等の素材やアプリ「Challet」、知育アプリ等を展開するコンテンツ事業、企業へITエンジニアを提供するCCS事業を行っています。
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
インターネット・Webサービス

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

当社は2000年、iモード向けの絵文字サービス提供を祖業として設立しました。以降、人々の想いを繋げ、世の中の日常に喜びと感動を提供すべく、時代にマッチしたコミュニケーションビジネスに取り組み、事業範囲を拡大してきました。2007年には大阪証券取引所ヘラクレス(現・東証JASDAQスタンダード)に上場しています。

現在、当社の事業セグメントは二つあります。一つ目は、国内外でスタンプ系・写真系コンテンツや電子絵本サービスなどを展開する「コンテンツ事業」。独自のクリエーターネットワークサービス「CREPOS」を強みに、創業以来25万点以上のデジタルコンテンツを企画・制作・提供してきました。
二つ目は2016年からスタートした「コンテンツクリエイターサービス事業(CCS事業)」。企業へのITエンジニアの技術提供、Webコンテンツ制作やシステム開発受託等を手掛けています。

コンテンツ事業では、親子のコミュニケーションを豊かにする電子絵本500冊が読み放題のアプリ「森のえほん館」や、電子絵本で語学学習ができるアプリ「なないろえほんの国」のダウンロード数が好調です。190種類以上のゲームで遊べる「赤ちゃんタッチ」、音や動きで楽しめる「がらがら」などの知育アプリもユーザー数を伸ばしています。
さらに、近年特に注力しているコンテンツとして、チャット機能と仮想通貨ウォレット機能を搭載したアプリ「Challet」があります。企業の顧客とのコミュニケーションをサポートするツールとして、顧客企業に合わせてカスタマイズするソリューションを提供しているほか、2019年には企業内コミュニケーションを促進する「Challet for business」もリリースし、好評を得ています。「Challet for business」はチャット上で簡易的な決裁承認のできる「決裁承認チャット」、スマホ上で完結する勤務表の表計算機能「Chat Sheet」など昨今注目の集まるリモートワークをサポートできる機能を搭載。今後は勤務表承認機能や給与計算・経費精算機能も加えていく予定です。

コンテンツクリエイターサービス事業では、グループ内に700人規模のクリエイターとエンジニアを擁し、ウェブやアプリ開発、データ分析、3D、動画、ゲームといったコンテンツ関連分野のプロジェクトで、ITエンジニアの派遣や受託開発を手がけています。現在、当社売上の8割超を占める本事業は、今後、当社の「未来のコミュニケーションサービスを作る」というビジョンの実現に向け、必要な知見を蓄積していく上でも、重要な役割を担っています。

何を目指しているのか?

技術の進歩や時代の変化とともに、コミュニケーションのあり方は変化します。当社のサービスも、iモード向けのデコメ素材の提供から始まり、スマートフォンの登場によってスタンプ提供やアプリ開発などへと変遷してきました。

このような変化のなかにあって、当社が一貫してこだわってきたのが"誰かに「伝えたい」という人々の「想い」を繋げ、コミュニケーションを円滑に、豊かにする創造的コミュニケーションビジネスに取り組む"という姿勢です。経営理念に「伝わる・つながる・広がる」を掲げ、これからもこの想いが変わることはなく、当社は常に時代の先を見据えた未来のコミュニケーションサービスの開発に取り組んでいきます。

例えば、コミュニケーションツールの主流がスマートフォンからスマートグラスに置き換わったらどうなるか。さらに技術が進んで、AR・VRやホログラムといった技術がコミュニケーションの当たり前になったら。遠くにいる家族や友人が目の前に現れ、誕生日を祝福してくれるような未来にどんなサービスが必要とされるか。あるいは、そのようなコミュニケーションを実現するためにどんなサービスが必要か。
このように、未来のコミュニケーションのあり方を想定しながら、人々の夢を形にするサービスの創出に向け、開発体制を拡充していきます。