ベース株式会社

企業情報

設立年度
1997年
代表
中山 克成
従業員数
749人
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX8階
事業概要
■SIサービス事業 ■ERPソリューション事業 ■ICTソリューション事業 ■日中ソリューション事業
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
システム・ソフトウェア

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

日中融合の強みを生かし、システム開発を中心とする安定した売上を誇ります。 日中融合の強みを生かし、システム開発を中心とする安定した売上を誇ります。

ベースグループは、独立系のソフトウェア受託開発会社です。最新のIT技術を駆使し、日本と中国のSE(システムエンジニア)の強みを融合させ、「お客様に対して常に新しい価値を提供し続ける」ことを使命として事業活動を行っています。

当社の事業は、「モノづくり(システム開発)」「運用保守」の領域をメインターゲットとしています。ITサービスには、コンサルティングやパッケージソフトなどさまざまな形態がありますが、その根幹には必ず「モノづくり」と「運用保守」があります。

当社はこの根幹の部分を、強みである「業界の最先端を行く技術力」「お客様の要望に素早く応えられる機動力・動員力」「安心を実感して頂ける品質・サービスレベル」で支えています。

また当社は、受託開発事業のみの単一セグメントに専念して事業を行っています。受託開発事業の中のサービスラインとしては、「システム開発」「ERPソリューション」「その他ソリューション」の3つを展開。流通、金融、サービス、メーカー、公共、社会インフラなど、幅広い分野のニーズに対して、コンサルティング、開発、システム構築から運用保守まで充実した体制で、高品質なトータルソリューションを提供しています。受託開発にこだわって、付加価値の高いサービスを提供することで、業界平均を大幅に上回る営業利益率を実現しています。

当社の大きな特長でありコア・コンピタンスは、「日中の融合」です。日本のサービス精神や品質への高い意識、調和を大切にする文化を持ち、中国の高い技術力や最新技術に対する探究心、チャレンジ精神を持ちます。

各プロジェクトでは必ず日中融合チームを編成し、お互いの長所を組み合わせ、短所を補い合うことで、他社にはない高品質なサービスを提供しています。社員の比率は日本人と中国人がほぼ半々で、どちらかが少数派に感じることがないよう、この比率を維持することを意識しています。

何を目指しているのか?

当社がIT業界で目指すのは、ITサービスの基礎「ベース」になることです。ITの一番の基礎・土台・核となる「モノづくり」「運用保守」を支える縁の下の力持ちとして、社会にとって欠かせない存在になることが目標です。

イメージは「芝生」。咲き誇る花のような華やかさはなくとも、しっかりと根を張って癒やしと安心感を与えてくれる、そんな芝生のようなサービスを提供する会社になりたいと思っています。

経営資源を集中的に「ベース」の領域に投下し、この領域での競争力を極限まで高めていけば、ベースの芝生を無限に広げていける空間があると認識しています。“ベースの芝生”を徐々に拡大し、見渡す限り一面が“ベースの芝生”で埋め尽くされるような、高い成長力、高付加価値を生みだせる力、高い安定性を持った企業となるべく、成長していきます。