NHN PlayArt 株式会社

企業情報

設立年度
2015年
代表
丁 佑鎭
従業員数
201人
資本金
1億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー22階
事業概要
『LINE:ディズニー ツムツム』『妖怪ウォッチ ぷにぷに』『#コンパス 戦闘摂理解析システム』『A.I.M.$(エイムズ)』などの人気スマートフォンゲームを数々生み出しています。
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
インターネット・Webサービス

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

当社は2015年に旧NHN PlayArtからスマートフォン事業を承継した新設会社としてスタートしました。特に遊び方を説明されなくても手触り感だけで遊べてしまう、カジュアル系のゲームをつくることを得意としています。現在の主力は以下のタイトルです。

・8,500万ダウンロード突破の『LINE:ディズニー ツムツム』
・1,900万ダウンロード突破の『妖怪ウォッチ ぷにぷに』
・1,300万ダウンロード突破の『#コンパス』

2020年11月17日には、スマホ向け大規模対戦ゲーム『A.I.M.$』(エイムズ)の提供を開始しました。『A.I.M.$』(エイムズ)は1つのマップ上で51人のプレイヤーがバトルを展開する、大規模対戦アクションゲームです。リアルタイム対戦ゲーム『#コンパス』で培った、運用技術を活かし、プレイヤーがストレスなく遊べる環境を実現しています。

当社はタイトルごとにスタジオを組織し、独立した会社のようなチーム体制で開発から運営まで行っています。各スタジオは、現場を熟知した経験豊富なプロデューサーがまとめており、自身の手掛けるゲームにこだわりを持ったスタッフたちが、ユーザーのみなさまに長く楽しんでもらおうという思いを持って開発を行っています。

何を目指しているのか?

先ほども触れましたが、当社としては幅広い層に楽しんでいただけるゲームを提供することを目標に、グローバルへも挑戦しています。
これまで培ってきたことをベースとして、さらに強みに磨きをかけ、ゆくゆくは「カジュアルゲームのリーディングカンパニー」となれることを目指しています。

近年、ゲーム開発の期間・費用ともに拡大する傾向にあるなかで、資金力のある大手国内、海外企業が市場の占有率を高めています。また、市場投入時の初動で一定数規模のユーザー数が定着しない製品は、成功が難しい環境にもなっています。当社は今後も製品クオリティにこだわりつつ、集客マーケティングも一層充実させ、ユーザーのみなさまが安心して長く遊べるタイトルを市場に投入していきたいと考えています。