伊豆シャボテンリゾート株式会社

企業情報

設立年度
1976年
代表
北本幸寛
従業員数
9人
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都港区南青山 7-8-4
事業概要
静岡県伊東市にて「伊豆シャボテン動物公園」「伊豆ぐらんぱる公園」等の4つのレジャー施設とCM等を制作する映像制作会社もグループ内に。レジャー事業以外でもシナジーを期待できる新領域への進出を検討中です。
会社の特徴
第一業界区分
サービス・インフラ
第二業界区分
アミューズメント・レジャー

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

子会社が「伊豆シャボテン動物公園」「伊豆ぐらんぱる公園」などレジャー施設とショッピングモールを運営 子会社が「伊豆シャボテン動物公園」「伊豆ぐらんぱる公園」などレジャー施設とショッピングモールを運営

当社は「時世、時代に左右されない、安定的で発展性のある企業であるために」をミッションに、レジャー事業をコアとして成長してきた会社です。

子会社である株式会社伊豆シャボテン公園において、「伊豆シャボテン動物公園」「伊豆ぐらんぱる公園」「ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン」「伊豆海洋公園ダイビングセンター」の4つのレジャー施設と、ショッピングモール&レストラン「伊豆高原旅の駅ぐらんぱるぽーと」の計5つを運営。

株式会社FLACOCOでは、テレビCMの制作等を行っており、ホールディングスカンパニーである当社と子会社2社の計3社でグループを形成しています。

日本有数の観光地として古くから親しまれている伊豆半島の中でも、関東圏から比較的アクセスがよい静岡県伊東市に施設が集中しているのが当社の特徴。開園以来「ご来園者の笑顔のために」をスローガンに掲げ60年を超す長い歴史があることから、施設名が広く知られている点は大きな強みだと考えています。

近年は、来日する外国人観光客数の増加が追い風となり、伊豆地方への国内観光需要も拡大していたことから、ここ数年は前年を上回る来場者数を記録。「伊豆ぐらんぱる公園」で新たにスタートさせたイベント「グランイルミ」なども好評で、バスツアーをはじめとする団体客の誘客も進むむなど好調を維持してきました。

一方、足元では、新型コロナウイルス感染症の流行により当社を取り巻く環境も厳しい状況となりましたが、屋外施設が中心であることからコロナ禍においても比較的影響を受けにくい点も強みとなり、緊急事態宣言解除後からは客足も順調に戻ってきました。(2020年12月現在)

しかしながら、今後はこれまでのように“来ていただく”お客様だけに頼らない事業モデルの構築を急ぎます。

例えば、2020年3月には「伊豆シャボテン本舗」を立ち上げ、AmazonやYahoo!などのインターネット通販サイトを活用し、当社施設で取り扱っている商品の販売をスタートさせました。また、M&A・投資案件の依頼申請にも、積極的に検討・対応しています。

何を目指しているのか?

今回の新型コロナウイルス感染症による影響を教訓に、当社が考えるのは、どのような事態が起こっても耐えられる強靭な事業ポートフォリオを目指すこと。レジャー事業以外でも安定性のある事業の展開をスピーディーに進めていきたいと考えています。

また、主力のレジャー事業では、より「集客できるための施設」へと強化するため、いくつかの課題を克服していく必要があります。

とりわけ重要なのが、話題性のあるイベントの拡充です。ご来園いただいたお客様に満足いただくだけでなく、イベントによって集客を図ることができる話題性のある魅力的なコンテンツが求められます。ドラマや映画の撮影の誘致等も積極的に検討しています。

また、新規設備への投資も行い施設全般の魅力アップに努めながら、オリジナル商品の企画開発などにも取り組み、さらなる魅力の向上も目指していきます。