企業情報

設立年度
1960年
代表
長田アント悠太
従業員数
15人
資本金
5,000万円
売上高
3.2億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
横浜市中区花咲町1丁目18番地 第一測量ビル4階
事業概要
公共測量から宅地開発における測量及び設計まで幅広く業務を行っています。この総合力が大きな強みとなり、大手デベロッパーや建売各社からの受注を安定的に獲得。同じグループの不動産投資会社とも連携しています。
会社の特徴
第一業界区分
サービス・インフラ
第二業界区分
不動産

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

第一測量は、1960年に横浜で創業。以来、60年以上にわたり、神奈川全域において、測量および土木設計業務を手掛けてきました。県内最大規模の測量会社として、高い知名度と信用力を誇ります。

現在、公共測量から宅地開発における測量および設計まで幅広く業務を行っています。開発設計においては、特に、20~30戸程度の戸建てが入る宅地の開発において、多数の実績を積んできました。当社では測量後、区割りや上下水道整備のための設計を行い、登記支援まで、一貫してカバーしています。測量のみを行う同業者も多い中、この総合力が大きな強みとなり、大手デベロッパーや建売各社からの安定受注につながっています。

業務知識の深さにおいても、当社の実力は特筆すべきレベルにあります。山がちで高低差の多い神奈川の地形を知り尽くしたベテランの技術者がそろっており、道路や上下水道整備に必要な関係官庁との折衝においても、法令知識と長年の実務経験を備えたメンバーたちが力を発揮しています。

なお、県内の地主様の間で知名度を持つ第一測量では、不動産の活用に関する相談を受ける機会も多々あります。こうした際には、当社と兄弟関係にある不動産投資会社、株式会社建昇の持つパイプを活用し、リクエストに応えています。

建昇もまた、横浜に本拠を置き、数十年にわたる歴史を持つ会社であり、現在は主にレジデンスビルやオフィスビルへのバリューアップ投資を中心としています。古い物件を購入後、リフォームや大規模修繕を行い、しっかりとしたビルの管理体制を構築した後、売却するビジネスモデルで、常時10棟ほどのビルを保有しています。こうした事業を通じ、不動産業界に幅広いネットワークを築いている同社がバックにいることで、「不動産に関することなら、まずは第一測量に相談しよう」と言われるような、地域からの厚い信頼を獲得しています。

何を目指しているのか?

当社は長年、技術者のみの会社でしたが、昨年(2020年)、私、長田が代表に就任するとともに、新たに営業担当者を迎え、積極的な営業活動に取り組み始めました。もともと知名度のある会社だけに効果はすぐに表れ、すでに大手開発業者と契約を締結するなど、ポテンシャルを感じています。今後、さらに受注案件を増やしていくためには、技術者の拡充が課題となりますが、早期に体制を整えたうえで、まずは東京、さらには他地域にも、カバー範囲を広げていきます。

技術者の数を増やすだけでなく、チームとしての連携力を高めていくことも重要です。測量業界では、慣習的にいわゆる「一人親方」的な仕事の進め方が当たり前となっていますが、その状態ではオペレーションの効率化も図りにくいですし、何よりもメンバーの繁閑調整が難しい。そこで当社では今、案件情報を社内で共有し、互いに声を掛け合って協力し合う体制の構築に取り組んでおり、これをベースに働き方改革と生産性の向上を図っていく計画です。

なお、このような取り組みは、一定以上の人数がそろっていて初めて可能になることであり、測量業界に多い、数人規模の会社では、なかなか現状を変えていくことは難しいでしょう。当社は今後、こうした会社を積極的に仲間に迎え入れていくことで、大規模な案件を直で請けるやりがいを感じつつ、長期休暇もしっかり取れる環境で働ける測量士・設計士を増やしていきたいと考えています。