search

上場企業の6割が顧客! ディスクロージャー・IR周りのシステム構築/Web制作で協業しませんか?

株式会社プロネクサスのアイキャッチ画像
株式会社プロネクサス https://www.pronexus.co.jp/ 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 ディスクロージャー・IR支援の専門会社として、開示資料をはじめとするドキュメント作成支援を核に事業展開。近年は、決算開示・業務プロセス支援ソリューションやWeb関連ソリューションが急成長中です。
アピールポイント 日本企業の情報開示・IR実務を支えてきた東証一部上場企業。全上場企業の6割がお客様。お客様からの信頼は、ディスクロージャーに関わる「高度な専門知識と独自のIT/Webのコラボレーション」が源泉。

M&Aの方針

買収対象業種 IT / Webマーケティング / デザイン / Web制作 / コンサルティング / システム・インテグレーション
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円 / 10億円〜
買収対象領域
買収除外対象
買収フロー
ロックアップ
役員派遣
役員登用
社名、オフィスの統合

何をやっているのか?

ディスクロージャー(※)・IR支援の専門会社として、事業会社および金融機関を対象に、ドキュメント作成支援を核とするサービスを展開。主に下記のようなドキュメント・コンテンツを手掛けています。これらは発注元企業が作成・開示するものですが、当社はそのための業務プロセスを「開示に関わる高度な専門ノウハウ」と「独自開発の開示システムとWebソリューション」で支援します。言わばお客様の開示をバックヤードで支援する黒子役の専門会社です。

上場会社ディスクロージャー:株主総会招集通知、有価証券報告書など
上場会社IR:株主通信、Webサイト(IRサイト、コーポレートサイトほか)、財務翻訳など
金融商品ディスクロージャー:投資信託・J-REIT・外国債券等の開示書類・販売用資料・Webサイトなど

※企業が投資家や株主、債権者などに対して、経営内容などの情報を開示すること。日本では、金融商品取引法および会社法により規定されています。

ディスクロージャーに関連する法制度は、ここ30年ほどの間、社会のグローバル化、IT化等を反映してたびたび改正されており、特に2001年の電子開示制度施行に際しては、上場各社ともに、関連ドキュメントの作成に関わる業務プロセスの抜本的な変更を迫られました。こうした中、当社は法制度面はもちろん、IT面でも専門的な知見を蓄積し、駆使することにより、独自の開示支援システムを開発。お客様の業務変革を支援してきました。

今や法定書類に限らず、企業の日常的な情報開示もWebを中心に行われるようになり、投資家はWebを主体に情報収集しています。当社のWeb関連サービスは独自開発のIRサイト構築&自動更新サービスからスタートし、さらにコーポレートサイトや採用サイト、商品・サービスの情報サイトなどの制作や、サイトへの集客などのマーケティング領域にまでニーズが広がっています。

1930年の創業時は「株券印刷」専業でスタートした歴史を持つ当社ですが、現在ではコンサルティング、システム、Web、データベース、翻訳、販促支援など、非印刷分野の売上が過半を占めるに至っています。

何を目指しているのか?

ディスクロージャー・IR支援は、専門性の高い領域だけにプレーヤーは限られており、当社のサービスは、上場会社の6割に上るお客様にご利用いただいています。こうした中、私たちが今後目指すのは、当社サービスに信頼を寄せてくださるお客様に対し、支援領域を一層広げていくことです。

お客様の社内には、当社がサポートする「ドキュメント作成」の周辺に、各種の煩雑かつ専門知識を要する業務が存在しています。当社は下記の領域を中心に、独自の専門的なサポート力を投入していくことにより業務プロセス支援に軸足を拡げ、お客様の負担軽減を図るとともに、当社の新たな収益源として育てていきます。

・決算開示・業務プロセス支援ソリューション(システム開発、運用、コンサルティング、書類作成BPOサービス)
・Web関連ソリューション(コーポレートサイト制作、Webマーケティング、IRソリューション)
・企業・財務・経済情報データベース
・翻訳サービス

何を必要としているのか?

今、ご紹介した注力領域のうち、お客様からのニーズが急拡大している2領域において、早期のリソース拡充を図りたいと考えています。

●決算開示・業務プロセス支援ソリューション

有価証券報告書をはじめとする法定書類の開示は、企業活動のいわば出口です。先立って行われる決算にあたっては、期中の事業活動およびコーポレート活動の過程で作成された膨大な資料が集約され、集計と精査が繰り返されます。当社は現在、こうした情報加工プロセスを効率化するサービス提供に注力しています。

当社が開発したシステム「PRONEXUS WORKS」は上場企業等の法定開示書類を中心とするビジネス・レポーティング業務全般を支援するドキュメント・ソリューション基盤であり、またオプション商材である「WORKS-i」、「WORKS-Core」によりERPや会計システム等とのデータ連動性を向上させます。これらの組み合わせによりレポーティング業務の整流化・一連のデータ集約プロセスの効率化を図ることを可能としており、多くの上場企業等の実務家の皆様からご評価を頂いています。また、決算データは法定開示のみならずWeb, IR, 決算説明会資料等の多方面に転用されますので、WebサイトやPower Pointスライドへのデータ連動も期待されており、順次実務展開中です。

こうしたシステム開発は、担当部門および協力会社の連携体制で進めており、今後、自社内の企画/設計/開発機能・ディレクション機能ともに拡充したいと考えています。システムの設計にあたっては会計実務知識も重要であるため、たとえば会計システムやERPシステムを手掛けている会社様との連携により、実務適合性の高い厚みのある企画力の実現に繋がります。また、決算データの多方面転用関連では、多数の上場企業が利用するMicrosoft Officeソフトにからむアプリケーション開発を行っている会社様等も連携候補に含まれると考えています。

また当社のサービスの特徴として、開発したシステムを利活用した円滑な業務運用支援という側面が強くありますので、システム開発だけではなく、お客様社内の書類作成関連業務全体を引き受けるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の拡大も注力テーマの一つです。当社は開示領域におけるBPO専門会社「ディスクロージャー・プロ」を合弁企業として設立し、すでに100社近くのお客様を支援しています。システム開発体制の強化とともに、こうしたBPOサービスの体制強化を図るためのリソースとしても、会計領域のコンサルティング会社などもご活躍頂けるのではないかと思います。

●Web関連ソリューション

システム開発同様、Webサイト制作業務も、社内にプランニングおよびディレクション機能を備え、協力会社と連携して推進しています。受注量の増加に加え、顧客リクエストの高度化が著しい現状を受け、質・量の両面での対応力強化を図るため、リソース豊富なWebサイト制作会社との連携を検討しています。特に、Webマーケティングのトレンドに明るい人材を擁しWebマーケティングを得意とする会社や、価格面で競争力ある制作会社、クリエイティビティの高いデザイン会社など、強みを持つ事業者様を求めています。

お客様がWebサイトに期待する役割は、単なる情報伝達の枠を超え、「顧客との継続的な関係構築」へとシフトしてきました。特にBtoC企業からは、お客様と共にPDCAを回しながら、最適なサイト像を追求するパートナーとしての貢献を望まれるケースが増えています。また、IRの観点でも、投資家の皆様が必要情報を迅速に収集できるよう、直感的で分かりやすい見せ方の提案が求められており、これらの観点でパワーアップにつながるパートナーシップを築きたいと考えています。

さらに、お客様の個別ニーズへの対応と並行して、新たなパッケージサービスのメニュー開発も重要なテーマ。2002年にリリースしたIRサイト自動構築・更新ソリューション「E-IR」は、すでに900社近くに導入されています。今後も現場ニーズに即したサービスを市場投入していくため、商品の企画開発においても、シナジーが見込める事業者様に出会えることを期待しています。

何を提供できるのか?

上場会社の6割をお客様に持つ当社との連携により、顧客層の拡大を図っていただけることは、大きなメリットといえるでしょう。また、当社は自己資本比率70%超と経営安定性に優れており、グループ会社となる皆様のチャレンジを支援できる財務基盤を有しています。

また、経理・人事・総務などコーポレートの領域では、必要に応じてシステム統合や制度整備の支援などを行うことも可能です。グループ会社へのコーポレート支援に関してはすでに実績もあり、特に中小の事業者様で体制強化をお考えの場合には、合理化によるメリットを感じていただけると考えます。

売り手に向けて一言

ディスクロージャーとIRは、現代社会において欠かせない役割を果たしており、その正確性が投資家の判断、ひいては資本主義社会のサイクルを支えています。当社事業の社会的意義に共感し、共有してくださる事業者様に、私たちの戦線に加わっていただけることを願っています。

当社は、投資目的のM&Aは全く考えておりません。また、グループ会社様の自主性は、最大限に尊重させていただきます。当社と共にシナジーを創出し、成長していくことを志向される事業者様からのお声がけをお待ちしております。

株式会社プロネクサスのM&A実績

株式会社アイ・エヌ情報センター

アイ・エヌ情報センターは経済・産業やファイナンスのデータベース分野において先駆的なデータ加工で定評を得ており、1984 年の創業以来、独自のデータ加工ノウハウを活かした各種サービスを展開しております。主力サービスである「Accel」「Funding View」はデータの網羅性、連続性、正確性に強みを持ち、また各利用者の個々の実務に最適化したフォーマットで利用できることから、金融機関やシンクタンク、事業会社、大学等で幅広くご利用いただいております。
2018年11月に 株式を取得しました。取得比率90%

株式会社プロネクサスの投資実績

株式会社ビジネスブレイン太田昭和

当社は、開示実務支援会社としての中長期的成長を目的に、会計・経営分野を中心としたコンサルティング・システム開発事業、マネージメントサービス(BPO)事業を推進する株式会社ビジネスブレイン太田昭和と2015年8月に資本業務提携契約を締結し、第三者割当増資の引受けおよび出資を行いました。両社は、両社のリソースを活かすことのできる新たなサービスの開発・導入や、運用面において協働を行っています。

株式会社ミツエーリンクス

当社は、Web制作機能の拡充と高度化を目的として、この分野で高いスペシャリティと実績を持つミツエーリンクスに20%出資し(2013年11月)、パートナーとして活躍いただいています。同社は、Webサイト構築に留まらず、顧客企業の経営戦略に基づくサイトの分析、コンサルティング、設計、デザイン、制作、アプリケーション開発および運用・保守にいたる包括的なサービスをワンストップで提供している国内屈指のインフォメーション・インテグレーターです。

株式会社ディスクロージャー・プロ

当社は開示支援専門会社としての事業領域の拡張をめざし、会計コンサルティング会社の株式会社CSGコンサルティングと合弁で、上場企業の有価証券報告書等開示書類の作成業務を受託する株式会社ディスクロージャー・プロを2015年3月に設立。すでに100社近くの開示支援を行っています。働き方改革の進展とともに、開示業務のBPOニーズの拡大が見込まれています。

企業情報

会社名 株式会社プロネクサス
設立年度 1947年
代表者名 上野 剛史
従業員数 1,168名(連結)762名(単体)
売上高 224億5,400万円
資本金 30億5,865万円
本社所在地 東京都港区海岸一丁目2番20号 汐留ビルディング5階
事業内容 新規上場、上場会社の決算報告や株主総会、投資信託等におけるディスクロージャー・IR書類およびデジタルコンテンツの作成に関わる、コンサルティング、システムサービス、Webサービス、印刷等の顧客実務支援サービスの提供を行っています。
会社の特徴 上場 / 設立30年以上
URL https://www.pronexus.co.jp/
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

類似の買い手企業

小規模のメディア単体から買収を検討!超高速で意思決定します!

株式会社ウィルゲート

事業概要
SEO技術を軸としたコンテンツマーケティング事業「サグーワークス」の展開やメディア事業の運営などを展開。
アピールポイント
・様々なサイトの買収、売却経験
・業界随一のライターネットワーク
・SEO技術のパイオニア
会社の特徴
非上場 設立5年以上15年未満 創業社長在任
募集している業種
IT メディア Webマーケティング
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

伝統的な広告事業とデジタル領域の双方において同時に業容の拡充を図っている為、M&Aを重視しています!

株式会社日宣

事業概要
総合広告代理店の当社は、深耕する業界を定めて事業展開をしているのが特徴です。現在はデジタル領域の拡大に注力をしており、直接取引を基本とする顧客企業に対してワンストップであらゆるニーズに応えております。
アピールポイント
自社が発行元であるメディア事業では毎月150万部を超える発行冊数を誇り、特定業界における厚い顧客基盤に対して、あらゆるジャンルのプロモーション施策を提供をしています。中国ビジネスの取組みも強化中です。
会社の特徴
上場 設立30年以上 全国展開
募集している業種
IT 広告 EC メディア Webマーケティング デザイン Web制作
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

サービス拡大に向けて、ITプラットフォーム事業やITオフショア開発事業を展開する企業を募集中!

株式会社エボラブルアジア

事業概要
人の移動の加速化に向けたオンライン旅行事業・訪日旅行事業、仕事の移動の加速化に向けたITオフショア開発事業など、「アジアの人々の移動と協業をITの力でより近くに」を目指して事業を展開中。
アピールポイント
・「アジアの人々の移動と協業をITの力でより近くに」を会社のミッションとして掲げ、投資活動も積極的に実施
・ニッチ市場戦略として、「両替分野」「キャンピングカー分野」「民泊分野」などの分野へ参入中
会社の特徴
上場 設立5年以上15年未満 創業社長在任 買収実績3件以上 全国展開 ...
募集している業種
IT メディア 製造業
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

志を同じくする企業集団が、1社では成し得ない偉業を集の力で果たします。

株式会社トライアンフコーポレーション

事業概要
情報技術事業(システムエンジニアリングサービス、モバイルアプリ開発)、不動産事業、販売促進事業(イベント企画・運営)、旅行宿泊事業、流通販売事業(アパレル、食品卸)など、多様な事業を展開しています。
アピールポイント
昨年度は年間10件のM&Aにより大きく外部成長を果たしました。同時に、経営管理の効率化による内部成長の促進にも取り組んでいます。外部成長と内部成長の両輪により加速度的な企業価値向上を目指しています。
会社の特徴
上場 設立15年以上30年未満 創業社長在任 買収実績3件以上 直近3年以内の買収実績 ...
募集している業種
IT 人材 飲食店 金融 古物商 広告 ファッション EC ...
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
expand_less
  1. TOP
  2. 積極買収企業一覧
  3. 株式会社プロネクサス