1都3県で調剤薬局51店を運営。「小粒でも地域の一番店」のネットワークに参加くださる同業者を募集!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社アイリスファーマ

株式会社アイリスファーマ

  • 公開日:2019/08/08
  • 更新日:2020/04/03
  • 気になる:11

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
東京、千葉、神奈川、埼玉の1都3県内の調剤薬局
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記以外は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
ロックアップ
原則売却オーナーの意向に従う

M&Aの戦略

何をやっているのか?

東京、千葉、神奈川、埼玉の1都3県で、調剤薬局51店舗を運営しています。1996年の創業以来、主に開業医の先生方と連携し、いわゆる大病院の「門前薬局」型ではなく、地域密着型の薬局づくりを進めてきました。

昨今はセルフメディケーションの重要性が叫ばれる中、「処方箋がなくても気軽に相談に行ける」店舗づくりに注力しています。管理栄養士を多数採用し、店舗内で栄養相談に応じたり、糖尿病の方やアレルギーを持つお子様に適した献立を提案し、レシピも紹介するなど、お客様の状況をきめ細かく伺いながら、健康づくりにおいて重要な食生活をサポートしています。当社Webサイトでも紹介している健康レシピは人気が高く、今後、書籍化していくことも検討しています。

また、各店舗で定期的にイベントを開催していることも特徴の一つ。店舗ごとにエリア特性に応じた企画を考案しています。たとえば、高齢者の多い地域では骨密度測定や運動障害を防ぐ体操、ファミリー層の多い地域ではお菓子の薬を使って調剤を体験できる「こども薬局」などが好評を得ており、お客様に親しまれる店づくりにつながっています。

何を目指しているのか?

薬局間の競争環境が激化する中、スケールアップを進めつつ、地域医療への貢献を拡大していきます。2021年度までに70店舗、売上120億円達成を目標に掲げています。

出店戦略として、近年特に力を入れているのが、土地オーナーと協力して医療モールを開発することです。医療モール開発にあたっては、各地域に必要とされる診療科目のドクターを誘致しその地域の住民の皆さんのニーズに応えることに注力しています。そのための施策として、分院展開を積極的に行っている医療法人との連携を強化しています。

何を必要としているのか?

「小粒でも地域の一番店を」というコンセプトのもと、あけぼの薬局グループに参画くださる調剤薬局様を求めています。「処方箋対応やOTC医薬品の販売に留まらず、より総合的に地域の健康づくりに貢献していきたい」「長年地域で親しまれてきたが、事業承継に悩んでいる」といった思いをお持ちの皆様をお迎えし、連携していきたいと思います。

当社では、1都3県を9エリアに分け、エリアマネージャーを中心に、エリア内の各店舗間でコミュニケーションを取り合って、欠員時には応援要員を送るなどの協力体制を築いています。このため、基本は従来の出店エリア内、具体的には国道16号線の内側、本社のある東京・神田から1時間圏内を目安に、地域密着型で店舗展開されている事業者様と組むことを想定しています。店舗数は1店舗から数十店舗まで、幅広く検討させていただきます。

何を提供できるのか?

仕入れの面でスケールメリットによるコストダウンが図れることに加え、イベント企画など、小規模店ではなかなか進めづらい施策にも取り組みやすくなります。イベントはエリア内の店舗が共同で企画・運営する機会も多く、「お客様の健康増進のために、自分なりのアイディアを活かした貢献がしたい」という思いをお持ちの従業員の皆さんには、大きなやりがいを感じていただけると思います。

待遇面においては、働きやすい制度設計や福利厚生の充実を重視しており、M&Aで加わった各社のメンバーも平等な条件を享受できるよう配慮しています。産休を経て復職している社員も多く、女性も活躍しやすい環境です。また、採用の面でも、募集活動や候補者との連絡等を本社で担うことが可能なため、少ない負担でよりよい人材へのアプローチが期待できます。

起業家・経営者に向けてひとこと

M&Aにあたり、当社では売り手様の思いに寄り添い、これまでに地域で築かれた有形・無形の財産を尊重することを心がけています。従業員の方々には安心して働き続けられる環境をご用意し、長年のお客様、そしてお医者様との関係も損なうことがないよう、丁寧な引き継ぎを行います。地元の皆様に引き続き安心して通っていただけるよう、薬局名も基本は変更しません。

地域の健康を支えるインフラとして、調剤薬局の果たすべき役割は大きくなっています。これまで大切に営まれてきた薬局を、私たちと共に、より地域で愛される店へと育てていきませんか? まずは、お気軽にご相談ください! お声がけをお待ちしております。