ファンテック領域でシナジーを期待!DX推進・Webメディア・プロスポーツ事業等で出資先を募集します

  • 出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
THECOO株式会社

THECOO株式会社

  • 公開日:2022/04/18
  • 更新日:2022/04/18
  • 気になる:3

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

出資対象領域
●エンタメテック 特にDX推進事業 ●プロスポーツ プロスポーツ事業 等 ●Webメディア 特にエンタメや音楽関連 ●ITエンジニアリング インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 等
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
出資スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

出資の方針

出資対象業種
出資除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
出資予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

出資の戦略

何をやっているのか?

「Fanicon事業」と「法人セールス事業」の2つの事業を展開 「Fanicon事業」と「法人セールス事業」の2つの事業を展開

2014年1月に創業した当社は、急成長中のファンコミュニティプラットフォーム『Fanicon』の提供を行う「Fanicon事業」と、クライアント企業向けにインフルエンサーを用いたマーケティング施策支援やオンライン広告コンサルティングを行う「法人セールス事業」の2つの事業を展開しています。

エンタメ市場における「個」にフューチャーするプラットフォーマーとして、クライアント(広告主)、ユーザー(ファン)、インフルエンサー(アイコン)を繋ぐ三方よしのエコシステムの構築に尽力しています。

●Fanicon事業
Faniconを中心としたインフルエンサー(アイコン)の活動を、ユーザー(ファン)と一緒に盛り上げていく会員制のファンコミュニティプラットフォーム事業です。ファンとアイコンの双方が繋がり、ファン同士も繋がる「場」を提供する、ユニークかつ新しいプラットフォームとなっており、独自のポジショニングを確立しました。2021年にオープンしたスタジオ『BLACKBOX3(ブラックボックス)』は、パフォーマンス配信に必要な機材を揃え、アイコンからファンへの価値提供をデジタル・リアルの両面からサポートしています。

●法人セールス事業
YouTuberやInstagrammerを活用したインフルエンサーマーケティング施策を支援する「インフルエンサーセールス事業」と、公式SNSアカウント運用・リスティング広告をはじめ運用型広告のコンサルを行う「オンライン広告事業」を展開しています。「インフルエンサーセールス事業」には、機械学習と自然言語解析でインフルエンサープランニングができる『iCON Suite』や、YouTuberと企業を繋ぐ『iCON CAST』というサービスがあります。

何を目指しているのか?

エンタメから領域拡大による更なる成長ポテンシャル エンタメから領域拡大による更なる成長ポテンシャル

当社のビジョンは、「『できっこない』に挑み続ける」。誰もたどり着いたことのない未踏分野こそが挑戦の場であると考え、テクノロジーを活かして「できっこない」に立ち向かい、挑戦していく企業・組織・人を目指しています。

「Fanicon事業」を中心にして売上が伸びており、2015年から2022年までの年平均成長率は+59%でした。今後は、前年比+50%以上の伸び率を維持しつつ、営業利益率8%を達成することが目標です。そのため、スポーツなどの熱狂的なファンを抱えるジャンルに進出し、より多くのアイコンの獲得を目指すほか、海外展開を本格化させて市場を広げていく予定です。

何を必要としているのか?

代表取締役:平良 真人 代表取締役:平良 真人

既存事業領域である「Facicon事業」を強化するため、当社の事業とのシナジーを期待できる企業への出資を検討しています。具体的な検討領域は以下の通りです。

【募集領域】
●エンタメテック
ファンビジネスには多くの要素がありますが、DX化できていないところが多くあるのが現状です。特に積極的なDX化を進めていくためのビジネスを展開している企業などを想定しています。

●プロスポーツ
現在のメインはアーティストやアイドルなどですが、今後はJリーグ・Vリーグ・Tリーグ・Bリーグなどプロスポーツに領域を広げていきたいと考えています。

●Webメディア
エンタメや音楽に関する情報を積極的に発信しているWebメディアなどを想定しています。

その他にも、ファンマーケティングやライブハウス、未踏分野での出資も考えています。また「Fanicon事業」だけでなく、「法人セールス事業」を強化するための出資も検討しています。

何を提供できるのか?

●顧客基盤
2,000組以上のアイコン(タレントやアーティストなど)と課金会員である16万人以上のファンを抱える顧客基盤へのクロスセル・アップセルが可能です。

●営業力
音楽やエンタメ業界に多くのネットワークがあります。「Fanicon事業」を通じて獲得したネットワークを提供できます。

●その他
親和性が高い事業であれば、『Fanicon』のプラットフォームとの連携なども可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

「『できっこない』に挑み続ける」というビジョンに共感してもらえる企業、当社のリソースを使ってさらなるチャレンジをしたいという企業を求めています。

ルールを厳格に決めるのではなく、基本的には自由に任せて権限移譲しながら協業したいと考えています。互いの持っている能力を最大限に活かしながら、一緒に「できっこない」に挑み続けましょう!