伝統的な広告事業とデジタル領域の双方において同時に業容の拡充を図っている為、M&Aを重視しています!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社日宣

株式会社日宣

  • 公開日:2018/07/16
  • 更新日:2022/01/11
  • 気になる:36

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
当社は「ユニークなコミュニケーションサービスの提供によって、お客様の経営に貢献します。」という経営理念を掲げて事業を運営しております。 当社の事業とシナジーが見込める事業を保有している会社様を幅広く検討します。一例としましては当社と同様に歴史があり継続顧客のある広告会社様やWeb広告の運用ノウハウを保有する会社様などです。
買収スケジュール
当社経営管理部よりご連絡させていただきます。メール等にて簡単な質疑応答後、担当事業の役員等を交えて面談させていただき、お互いにとって魅力的な案件との判断に至りましたらトップ面談をさせていただきます。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
当社の事業と全く関連性のない領域は除外対象と考えております。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
ロックアップ
交渉次第
その他M&Aの方針
当社が展開する事業の拡大と推進につながるノウハウや顧客基盤を保有する企業のM&Aを積極的に行ってまいります。

M&Aの戦略

何をやっているのか?

クライアントのパートナーとして、ともに成長していく

当社は「ユニークなコミュニケーションサービスの提供によって、お客様の経営に貢献します。」という経営理念を掲げております。当社事業のカテゴリは広告宣伝ですが、当社は「広告代理店」ではなく、クライアント側のコンサルティングパートナーでありたいと考えております。そのためには、各業界の内部事情に通じ、業界に特化した独自サービスを展開していく必要があり、あれもこれもと手を出すわけにはいきません。レッドオーシャンではないが成長する市場を見定め、そこを深掘りし、クライアントとともに成長していくというのが、当社のビジネスモデルであり独自性だと考えております。

2017年2月にジャスダック市場に上場しましたが、取り組んでいる具体的な成長への取り組みについては主に3つあります。
第1としまして、新たな注力業界の開拓です。数年来、当社は新たに医療・健康業界を注力しておりますが、外資系製薬企業や大手ドラッグストアチェーンなどの優良クライアントを開拓することができました。知見やノウハウを蓄積し、さらに成長させていきます。また、前期から本格化した外食チェーンや中国ビジネス等の顧客開拓を進め、早期に新しい戦略マーケットとして伸ばしていきます。
第2としまして、デジタル領域に関する独自サービスを開発していきます。当社は、住宅展示場やホームセンター、ドラッグストア、外食チェーンなど販売や営業、接客の現場を持つクライアントが多く、その現場への集客から販売促進、顧客の囲い込みまで一貫して提供できるのが強みです。インターネット広告だけでなく、売りの現場にある課題に向き合い、テクノロジーを活用し支援・解決していくことで、売上を伸ばしていきます。
最後にM&Aです。優良な顧客基盤をもつ伝統的な広告会社や、テクノロジーに強みのあるデジタル領域の広告会社・開発会社をM&Aや業務提携することで成長を加速させていく方針です。

何を目指しているのか?

当社は放送・通信業界や住まい・暮らし業界を中心とした継続的で安定的な顧客基盤と医療・健康業界や中国ビジネス等の新しい業界への進出により、企業規模を拡大してきました。過去もホームセンターやドラッグストアの店頭で配布するフリーマガジンを自社メディアとして持つ広告代理店を買収し、クライアントやサービスラインナップを増やしており、今後も成長速度を加速するため、M&Aを積極的に活用していきたいと考えております。

何を必要としているのか?

基本的には当社が提供しているサービスや業界の周辺領域で想定していますが、様々な可能性を模索したいと考えています。特に、当社のターゲット業界とは違う顧客基盤を持つ広告会社や、デジタルマーケティングの領域に強みのある会社様と積極的に関わらせていただきたいです。M&Aを通じて、AIをはじめとした最新のテクノロジーや精通する人材を獲得し、当社の提供サービスに新たな方向性を生み出していきたいと考えております。

何を提供できるのか?

M&Aの方針としては、100%の株式取得にこだわることは考えておりません。まずは出資や、資本提携を通じた協業から始めさせていただくことも可能です。そして、M&Aの話になった場合もアーンアウトなどの手段を通じて段階的にグループ入りしていただくことも可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

弊社のM&A方針に共感していただける企業様からのお声かけをお待ちしております。