close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

今まで世の中になかったものを――『テプラ』のキングジムが、インテリアライフスタイル分野に注力!

  • 買収予算:未設定
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
株式会社キングジム

株式会社キングジム

  • 公開日:2019/08/29
  • 更新日:2020/02/19
  • 閲覧数:3176
  • 気になる:16

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

キングジムは、事務用の「ファイル」と「電子文具」を核とした情報整理用品メーカーです。創業90年を超える歴史のなかで、常に独創的でユニークな商品づくりにこだわり続けてきました。その姿勢は、経営理念に掲げる「独創的な商品を開発し、新たな文化の創造をもって社会に貢献する」に象徴されています。 たとえば、代表製品である「キングファイル」は、日本のオフィスにファイリングの文化を定着させました。ラベルライター「テプラ」や、デジタルメモ「ポメラ」(“文章を書く”ことに特化して機能を絞り込んだ小型軽量デバイス)は、それまで存在しなかった新たな商品ジャンルを切り拓きました。こうした付加価値の高い商品を開発することで、事業を成長させてきました。 2000年代以降は、文具以外の領域開拓にも積極的に取り組んでおり、インテリアや家具関連の領域に、M&Aを通じて進出を続けてきました。この領域では現在、グループ会社3社が、それぞれユニークな商品ラインアップを軸にした事業を展開しています。フォトフレームやキッチン家電などのインテリアグッズを企画・販売する株式会社ラドンナ、高品質なアーティフィシャルフラワーの企画・販売を手掛ける株式会社アスカ商会、家具のインターネット通販サイトを運営する株式会社ぼん家具の3社を合わせ、グループ全体の売上の約2割を担っています。

何を目指しているのか?

ファイルに代表される「ステーショナリー」と、テプラに代表される「電子製品」の二つの領域においては、引き続き新商品の投入に取り組み、新たな顧客の獲得と市場の創造を目指していきます。世の中にない商品、世の中にない市場を創り出すことを志向する当社では、商品開発にあたって市場調査に時間をかけることはしません。スピーディーに次々と商品化して、市場の反応を見ながら、有望なアイテムを見出していきます。 「インテリアライフスタイル」領域には、今後の事業拡大に大きな期待をかけています。文具事務用品の領域で長年培った開発力と販売力を生かし、世の中のニーズとトレンドに沿った商品の企画・開発に取り組んでいきます。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます