search

ネット事業のリーディングカンパニーCARTA HD。アドテクと相性のよいメディアやマーケ技術求む!

株式会社CARTA HOLDINGSのアイキャッチ画像
株式会社CARTA HOLDINGS https://cartaholdings.co.jp/ 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 ネット広告をはじめとするインターネット領域で幅広い事業を展開。SSP「fluct」等のアドプラットフォーム事業、広告販売のパートナーセールス事業、自社メディア運営等のコンシューマー事業も手がけます。
アピールポイント メディアレップ草分けのCCIと事業開発やアドプラットフォームで業界をリードするVOYAGE GROUPが統合。ブランディング、パフォーマンス問わず、幅広い広告主を顧客に持つグループです。

M&Aの方針

買収対象業種 IT / 広告 / メディア / Webマーケティング / SaaS
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円
買収対象領域
買収除外対象
買収フロー
ロックアップ
役員派遣
役員登用
社名、オフィスの統合

何をやっているのか?

CARTA HOLDINGSは、2019年1月に株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)と株式会社VOYAGE GROUPが経営統合して発足しました。約20社を傘下に擁し、インターネット広告を中心に事業展開しています。

CCIは、日本のインターネット広告誕生の1996年に設立。以来、日本最大級のポータルサイトから、新聞、雑誌、放送局、ソーシャルメディア、動画メディア、趣味嗜好・ライフスタイル等、ジャンルを問わず1500以上のメディアの販売を取り扱い、良質なメディア・広告枠への出稿を実現するプライベートマーケットプレイスの構築支援や、デジタルマーケティングの深い知見を活かしたクリエーティブディレクション等のサービスを展開。国内の主要なメディア・広告会社との取引と共に、ながく業界を牽引してきました。
一方のVOYAGE GROUPは、1999年に株式会社アクシブドットコムとして設立。懸賞サイト「MyID」を皮切りに、価格比較サイトやポイントサイトなど、さまざまなメディアを運営してきました。そのノウハウをベースにして、2008年からは媒体社の広告収益最大化を支援する事業を展開し、2010年、SSP(Supply Side Platform)「fluct」の提供を開始。以降、アドプラットフォーム事業、ポイントメディア事業、そしてインターネットサービス領域における各種新規事業の開発を進めるインキュベーション事業の3領域で成長を遂げてきました。2014年には東京証券取引所マザーズ市場に上場、2015年には同一部への市場変更を果たしています。

現在、CARTA HOLDINGS全体としては、以下の3事業を展開しています。
①パートナーセールス事業:メディアレップとして、媒体社に対して広告販売の支援やソリューションの提供をおこなっています。
②アドプラットフォーム事業:「fluct」をはじめとする自社開発アドプラットフォーム(アドネットワーク・DSP・SSP)の提供を軸に事業展開しています。
③コンシューマー事業:会員数600万人を超える「ECナビ」や国内最大級の無料辞典サイト「コトバンク」など自社メディアの企画・運営のほか、化粧品などのEC事業、スマホゲーム事業、新卒採用を支援する人材紹介系事業、さらには投資育成事業などを幅広く手掛けています。

何を目指しているのか?

何を必要としているのか?

何を提供できるのか?

売り手に向けて一言

株式会社CARTA HOLDINGSのM&A実績

rakanu株式会社

rakanuは、2014年に設立され、デジタルマーケティング支援事業を基盤とし、2016年には犬種に特化したペットメディアとして「FRENCH BULLDOG LIFE」(フレンチブルドッグライフ https://frenchbulldog.life/)をスタートしました。また、「SHIBA-INU LIFE」(柴犬ライフ https://shiba-inu.life/)や「Retriever Life」(レトリーバーライフ https://retriever.life/)と、他犬種への横展開も進め、順調にその規模を拡大し、良質なコンテンツやエンゲージメントの高いユーザーを持つペットメディアを運営しています。
株式取得日: 2019/07/01    株式取得比率:100.00 %

株式会社CMerTV

CMerTVは動画広告配信事業を展開しております。今回のCMerTVの連結子会社化によって、動画広告事業におけるグループ体制が増強され、今後は、各社のノウハウやサービスを融合して動画広告分野での多様な取り組みを加速し、さらなる競争力の強化と付加価値向上による事業拡大を目指してまいります。
株式取得日:2016/10/03   株式取得比率:58.39 %

株式会社ゴールドスポットメディア

ゴールドスポットメディアは動画・リッチメディア広告配信事業を運営しております。動画・リッチメディア広告分野における事業開発への取り組みをより強化させていくため、ゴールドスポットメディア社の株式を追加取得し、完全子会社化することといたしました。
株式取得日: 2016/04/01   株式取得比率:100%

Kauli株式会社

Kauliは、2009年の創業以降、アドネットワーク事業に加え、2010年よりSSP「Kauli」のサービスを開始し、データマイニングに強みを持ったSSPとして事業を拡大しています。今回の子会社化により、両社の持つノウハウやサービスを融合し、国内SSP市場において売上シェアの圧倒的ナンバーワンを目指してまいります。
株式取得日:2015/04/22    株式取得比率:100.00 %

株式会社CARTA HOLDINGSの投資実績

株式会社クロス・マーケティンググループ

https://www.cm-group.co.jp/

ログリー株式会社

https://corp.logly.co.jp/

AI CROSS株式会社

https://aicross.co.jp/

Fringe81株式会社

https://www.fringe81.com/

株式会社Amazia

https://amazia.co.jp/

企業情報

設立年度 1999年
代表者名 代表取締役会長 宇佐美 進典 代表取締役社長 新澤 明男
従業員数 1,149人
売上高 195億300万円
資本金 10.9億円
エリア 東京都
本社所在地 東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
事業内容 パートナーセールス事業
アドプラットフォーム事業
コンシューマー事業
会社の特徴 上場 / 設立15年以上30年未満 / 買収実績3件以上 / 直近3年以内の買収実績
URL https://cartaholdings.co.jp/
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

この募集をシェア

類似の買い手企業

メディアを積極買収中。PVや売り上げが小さいメディアでも積極検討。

PROJECT GROUP株式会社

事業概要
ウェブサービス・メディア・アプリケーションのCVR・売上改善を目的としたコンサルティングおよび運営を行う。
アピールポイント
・10件以上の買収実績
・40以上のバーティカルメディアを保有し、独自の運営ノウハウを構築
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

教育現場でのICT活用をサポートするチエルが、ソフトウェア会社やWebマーケティング会社を募集!

チエル株式会社

事業概要
小・中学校、高校、大学、そして企業に対して、学習支援システムをはじめ教材、運用管理システム・セキュリティシステムまで、さまざまな製品・サービスを提供し、教育現場の課題を解決している企業です。
アピールポイント
ここ数年、業容拡大のために積極的にM&Aを実施してきました。グループ各社に対しては、現経営陣の意向を尊重すると共に経営マネジメントの側面から丁寧なサポートを行い、業績回復・拡大を実現してきました。

目指すは国内の知財ファームのグループ化。核となる業務管理ソフトウェアの独自開発に向けパートナー求む!

株式会社技術トランスファーサービス

事業概要
特許にかかわる技術動向調査、先行技術調査、侵害予防調査、無効資料調査などの各種調査と、書誌的事項検索、意匠調査・商標調査などの関連サービスをおこなっている総合知財調査会社です。
アピールポイント
代表者が同一の秋山国際特許商標事務所と連携しており、事前調査から出願、管理までワンストップで提供できる総合力は業界随一。現在の140名規模から日本最大規模の知財サービス会社を目指します。
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

プロフェッショナルサービスを変革する仲間を募集中! (コンサル、人材サービス、デジタルマーケ 等)

株式会社ドリームインキュベータ

事業概要
事業の創造を通じて日本を元気にする。そのために大企業への新規事業のコンサルテインングや、ベンチャー投資、自社でのM&Aを活用。直近は、日本のプロフェッショナルサービスの在り方を変革することに注力
アピールポイント
・DIグループのアセットを活用できる(国内外の先端企業とのNW、経営人材)
・グループ入り後は柔軟なスキームで事業推進が可能
・これまで投資企業のうち28社がIPO
  1. TOP
  2. 積極買収企業一覧
  3. 株式会社CARTA HOLDINGS
expand_less