業界トップクラスの売上シェアを誇るデジタルメディア企業がマーケティングで事業を飛躍させたい企業を募集

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社キュービック

株式会社キュービック

  • 公開日:2023/01/05
  • 更新日:2023/01/05
  • 気になる:3

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
【新規事業の開発】 ●デジタルマーケティングによって成長が見込める事業 ●人材・キャリア開発に関わる事業 ●金融・法律相談に関わる事業 【人材・組織の強化】 ●Web開発・Webデザイン・Web制作に関わる事業 ●Web広告の代理店事業
実現したいこと
新規事業の獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短1ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

ヒト起点のマーケティング×デザインでデジタルメディア業界のトップランナーとして成長し続けます。 ヒト起点のマーケティング×デザインでデジタルメディア業界のトップランナーとして成長し続けます。

「インサイトに挑み、ヒトにたしかな前進を。」をミッションに掲げるキュービックは、2006年の創業以来一貫してデジタルメディア事業を中心に成長を遂げてきました。おかげさまで、デジタルメディア事業領域における売上シェアは、国内トップクラスの実績を誇ります。

デジタルメディア事業では、以下の2タイプのメディアを運営しています。

●バーティカルメディア
読者の課題や悩みに沿って、金融・人材・法律相談・美容などの領域に特化した専門的な情報を紹介しています。

●総合比較メディア
読者の様々なニーズに合わせ、幅広い領域のコンテンツを水平型に統合したメディアを展開しています。

デジタルメディアは、3~5年の周期でトッププレイヤーが入れ替わる競争の激しい業界です。デジタルメディアの運営・成長には、プラットフォーマーのレギュレーション変更に対応することが必須ですが、メディア規模が大きくなればなるほど対応速度が落ちてしまうというジレンマがあるのです。

当社では、事業のラインとしてはメディアごとに10名前後のチーム制を敷きつつ、横串組織としてテクニカルなデジタルマーケティングを研究する専門チームを設けることで、環境変化にスピーディーに対応しています。また、当社がコア・バリューとして掲げるのは「ヒト・ファースト」。ユーザーの表面的なニーズではなく「インサイト」を掴むという文化が、会社全体で浸透しています。結果として、高品質なコンテンツやクリエイティブの提供につながり、小手先のテクニックではなく本質的なマーケティングを武器に高い成長率を維持し続けることができています。

その他、Web上の集客に課題を抱えている企業向け事業として、コンテンツマーケティング・有料広告運用などを含めたデジタルマーケティング支援事業も行っています。

何を目指しているのか?

デジタルメディア事業は、既に業界トップクラスの実績を誇っていますが、高いマーケティング技術を生かして売上・規模ともにさらなる拡大を目指します。事業拡大にあたっては、採用を促進すると同時に、アライアンスによる人材強化も図っていく予定です。

また、新規事業の立ち上げにも注力していきます。当社独自のプロダクトやサービスを創出し、デジタルメディア事業で培ったデジタルマーケティング力を活かして拡販していくことを考えています。社内には新規事業の開発チームがあり、人材・キャリア領域等での事業創出を図っていますが、今後はM&A・出資も活用し、よりスピーディーに事業を生み出していきたいと考えています。

何を必要としているのか?

代表取締役:世一 英仁(よいち・ひでひと) 代表取締役:世一 英仁(よいち・ひでひと)

新規事業の立ち上げ及び人材・組織の強化という観点から、当社事業とのシナジーが期待できるパートナーを広く求めています。

プロダクトやサービスの開発だけでなく、人材・組織の開発にも熱量がある企業が理想です。事業を運営していく中で、組織づくりにリソースを割くのは簡単なことではありませんが、当社は創業以来、人づくり・組織づくりに力を入れてきました。数々の実績も、社員・チームがあってこそ作り上げることができたのだと考えています。人材・組織を大切にしていきたいという思いを共有できるような企業と協業したいです。

【新規事業の開発】
●デジタルマーケティングによって成長が見込める事業
当社のデジタルマーケティング技術を生かして成長が見込める事業を想定しています。もっとも、これから市場を作り上げてブランディングをしていくというよりも、既に存在する市場の中でシェアを伸ばしていくフェーズにあるようなプロダクト・サービスの方が、当社の技術との相性は良いと考えています。

<例>
・カテゴリー認知されている商品を扱うD2C事業
・オンライン上で体験が解決するようなWebサービス事業

●人材・キャリア開発に関わる事業
当社自体が人材・組織の力を強化することに注力してきたこともあり、同領域の事業とは協業イメージが描きやすいと考えています。例えば、登録数の獲得やマッチング数の増加が鍵を握る人材紹介などの事業であれば、当社の強みを生かしてさらに実績を伸ばすことが可能です。

●金融・法律相談に関わる事業
当社が運営している業界特化型メディアを活用することで、成長が見込めるような事業を歓迎します。メディアとの掛け合わせは大きな可能性を秘めているはずです。当社のリソースを事業拡大の礎として活用してください。

【人材・組織の強化】
●Web開発・Webデザイン・Web制作に関わる事業
●Web広告の代理店事業
当社のコンテンツ制作力をさらに伸ばしてくれるようなパートナーを求めています。顧客の本質的なインサイトに寄り添った、質の高いコンテンツを共に作り上げていきましょう。

何を提供できるのか?

グループへのジョイン後は、以下のようなリソースを提供します。代表をはじめとする経営陣がM&A後のプロセスに直接関わる体制をとっているため、スピーディーに協業施策を意思決定できます。

●デジタルマーケティング領域での実績と集客ノウハウ
コンテンツマーケティングや有料広告運用におけるテクニカルなノウハウを共有します。貴社のプロダクト・サービスを拡販するためのドライバーとして活用することが可能です。

●パートナー経営者としての伴走
経営メンバーが経営の経験を活かして共に課題の解決を目指します。経営者にしかできない経営者の成長支援があると思っています。

●人材・組織開発のノウハウ
創業以来取り組んできた、人材開発や組織力強化のノウハウを共有します。人事や組織づくりの課題がある場合は、気軽に相談してください。

●働きやすい企業風土
当社は、「2022年版 日本における『働きがいのある会社』若手ランキング・中規模(従業員100-999人)部門」において、トップ5にランクインしています。人生を前向きに変えられる人を増やしたいという思いで作り上げた組織なので、新たにジョインしてもらう企業ものびのびと活躍してもらえるはずです。

※Great Place to Work® Institute Japan発表

起業家・経営者に向けてひとこと

経営者となり、16年目を迎えました。うまくいったこともありましたが、それ以上に多くの失敗を経験してきました。

さらなる成長を目指しているものの、現在のケイパビリティでは難しいと感じている方。代表をはじめとする経営陣が、これまで培ってきた知見を生かして経営者ならではの悩みに寄り添います。互いにリスペクトし合える関係を築き、共に課題に向き合い、共に成長していきましょう。

多くの起業家・経営者の皆様との出会いを楽しみにしております!