高品質・ローコストの家づくりを実現したピーアイコーポレーションが、不動産仲介、不動産テック企業を募集

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社ピーアイコーポレーション

株式会社ピーアイコーポレーション

  • 公開日:2023/01/18
  • 更新日:2023/01/18
  • 気になる:0

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
【既存領域の対象】 (1)優良な土地・賃貸物件を保有している会社 (2)不動産管理会社 (3)建設関係業者(建築・土木・設計・測量関連) 【新規領域の対象】 (1)不動産業界でのDXに強みをもつシステム開発会社 (2)不動産テック企業 【その他の対象】 (1)不動産特定共同事業の許可を有している不動産仲介・管理会社
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、当社とのシナジーや事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただく可能性があります。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短6ヶ月
募集エリア
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

不動産の買取・販売・仲介業務、宅地の開発事業、住宅・マンション用地の企画開発などを手がける 不動産の買取・販売・仲介業務、宅地の開発事業、住宅・マンション用地の企画開発などを手がける

当社は1986年に設立以来、『堅実な施工』をモットーに「分譲住宅」「注文住宅」「土地購入」「収益物件」「建て替え」「リフォーム」「売却」などを提案する総合不動産会社として事業を展開しています。

特に、「注文住宅」では昨今のテレワークを鑑みて、仕事と遊びが両立できる「ON+OFF」を特徴とした家づくりを行っており、また、用地取得から建物の完成まで一貫した体制のため、より高いコストパフォーマンスでサービスを実現しています。今では地元の神奈川県を中心に静岡県、福岡県に支店を構えています。

大手ハウスメーカーと遜色ない性能を有していながらローコストを実現。大手ハウスメーカーとパワービルダーの“いいとこどり”で順調に事業を拡大しています。

何を目指しているのか?

今後は、既存事業の強化と新規事業創出の両面で成長を加速させていきます。

●既存事業の強化
(1)戸建分譲事業
・土地仕入情報のルート拡大をはかり、優良な土地を仕入れていきます。
・建築原価の削減等にも力をいれ、規模だけでなく利益率UPも狙いたいと考えています。
(2)注文住宅事業
以下の強化により、注文住宅事業の受注拡大を図ります。
・省エネ、脱炭素等を重視した商品設計、マーケティング、人員増強

既存事業は毎年125%成長を目指します。また、上記の施策に並行して、支店も増やしていきます。まずは、単価面・購買層を考え、首都圏を中心に支店を開設していく考えです。

●新規事業の創出
(1)不動産テック事業
・市場調査や土地仕入れ、データ管理、作図など現在アナログで行っている業務をデジタル化し、業務効率化を目指します。
・ほかにも、AR・VR、IoTなどさまざまな面で不動産と相性の良いテック技術をお持ちの企業とコラボし新規事業も創出していきたいと考えています(対象領域は、何を必要としているのか、を参照)
(2)不動産特定共同事業・住宅宿泊事業等
・不動産特定共同事業等の免許を受け、出資を募って不動産を売買賃貸し、その収益を分配する不動産特定共同事業・住宅宿泊事業も展開していきます。
(3)PIネットワーク
・不動産仲介業者、商社、金融機関などと連携し、強固なネットワークを構築することで、より良い土地の仕入れに活用したり、建築請負を増やしたりしていきたいと考えています。

何を必要としているのか?

代表取締役・折田 浩一 代表取締役・折田 浩一

今回、M&Aを考えている会社は以下の通りです。

【既存領域の対象】
(1)優良な土地・賃貸物件を保有している会社
(2)不動産管理会社
(3)建設関係業者(建築・土木・設計・測量関連)
上記に該当し、会社・事業譲渡を考えている企業や、大工関係・現場監督・一級建築士・仕入営業・IT関係などの職種において優秀な人材を抱えているが、会社清算・リストラなどで人員放出を考えている企業についてはお声がけください。

【新規領域の対象】
(1)不動産業界でのDXに強みをもつシステム開発会社
(2)不動産テック企業
自社でDXを推進し、業務効率化を目指すことはもちろん、不動産テック系の新規事業も構想しています。例えば、AR・VR、IoT、スペースシェアリング、リフォーム・イノベーション、不動産情報、仲介業務支援、管理業務支援、ローン・保証、クラウドファンディング、価格可視化・査定、マッチング、物件情報・メディアなど。これらの領域で、何かシナジーを感じられましたらご連絡ください。

【その他の対象】
(1)不動産特定共同事業の許可を有している不動産仲介・管理会社

何を提供できるのか?

グループイン後は希望に応じて以下の経営資源を提供できます。

●顧客基盤
個人情報保護法に則った範囲の顧客情報開示や、顧客ルートの紹介、神奈川、東京・城南エリアなどの仕入れ情報も提供可能です。

●営業力
当社の営業社員が出向し、営業手法の提案・指導を行います。

●経営ノウハウ
弊社役員による経営指導の実施も可能です。

●資材調達力

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は、「P(perfect)」「I(ideal)」なものづくりで、より高品質な商品を作り続けていきたいと考えています。20年経っても色あせない「住んで良かった」「選んでよかった」とお客様に評価されるような住環境を今後も提供し続けます。

将来的には1,000億円企業を目指しています。つねに新しい手法・フローを模索・発見しながら、今後も高い目標達成意識、プロ意識をもって日々邁進していきます。そうした考えを持つ当社に、少しでもシナジーを感じる企業がいましたら、ぜひお声がけください。お客様にファンになっていただけるようなユーザーファーストの企業を、ともに目指していきましょう!