非チェーン系の製菓・製パン店、飲食店を顧客に持つ企業を求む。cottaとブルーオーシャンの開拓を!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社cotta

株式会社cotta

  • 公開日:2023/01/17
  • 更新日:2023/01/17
  • 気になる:2

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
cottaのBtoB事業の顧客となり得るのは、非チェーン系の飲食店や製菓・製パン店です。日本国内でこれらの企業・店舗を顧客に持ち、なんらかの商材・サービスを提供している企業を仲間に加えたいと考えています。対象顧客が上記と重なっていれば、現在取り扱っている商材は何でも構いません。
実現したいこと
新規事業の獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

3万点以上の食材・道具・ラッピング資材のほか、記事やおすすめのレシピも紹介 3万点以上の食材・道具・ラッピング資材のほか、記事やおすすめのレシピも紹介

cottaは、全国の菓子店・弁当店、個人顧客等に対して、菓子・パン資材、および雑貨等の販売事業を提供しています。ECサイト『cotta』での販売を中心に、ファクシミリ、電話等による通信販売も行っています。顧客のニーズに合わせ、「小ロット」「短納期」「低価格」で商品を提供している点が大きな特徴です。

当社は1998年、日本最大の石灰鉱山に囲まれた大分県津久見市で、石灰から作られる乾燥剤の販売を主な事業として創業しました。その後、菓子用資材を全国の菓子店向けに小ロットから通信販売でお届けする事業を展開することで成長しました。

コンビニスイーツの台頭により菓子店・パン販売店向け事業が苦境に立たされると、お菓子やパン作りが好きなコンシューマー向けの事業に活路を見出し、『cotta』を2006年にスタート。小ロットで多様な品揃えや、有名パティシエ、お菓子研究家、カリスマブロガーなどのインフルエンサーを活用した情報発信が功を奏し、多数の個人顧客獲得に成功しました。

大手総合ECサイトでは取り扱っていないプライベートブランド商品の開発にも力を入れることで、『cotta』は製菓・製パン業界で最大にして唯一無二のプラットフォームとして確立。月間アクセス約3,500万PV、会員170万人超、SNSフォロワー100万人超を数えるまでに成長しました。

グループ企業には、マーケティングを担う「TUKURU(ツクル)」、製菓材料の製造を担う「プティパ」、雑貨品の企画・製造・卸・販売を行う「ヒラカワ」、製菓・製パン問屋の「周陽商事」の4社があります。

何を目指しているのか?

ECサイト『cotta』をスタートして以来、当社事業は順調な成長を遂げてきましたが、2022年に入ってからは、コロナ禍での巣ごもり需要の反動や物価上昇による家計圧迫の影響を受けて、BtoC事業の見通しがつきにくい状況となっています。

一方でBtoB事業については、経済回復や業界再編の流れに乗り、企業・店舗のDXやコスト削減ニーズに応えるサービスとして、安定的な成長が見込めると考えています。

今後はBtoB事業を軸に既存事業を再強化するとともに、BtoC事業の付加価値向上、新規事業領域へ進出することで、売上・利益ともに一層の成長を目指し、製菓・製パン業界で不可欠な存在になることを目指します。各事業の具体的な戦略は以下の通りです。

●既存事業の強化
・BtoB事業
アカウント数を現在の6万件から30万件に増やすことを目標に掲げています。圧倒的な顧客数を獲得することで、製菓・製パン店・飲食店におけるアスクルやモノタロウのような存在になることを目指します。

・BtoC事業
お菓子やパン作りのみならず、主要ターゲットである30~40代女性に向けて、「ライフスタイル」全般の提案を行うECサイトとなるべく、コンテンツや商品の充実を図ります。

●新規事業領域への進出
大豆ミートを日本一製造している不二製油株式会社と2022年7月に資本業務提携しました。現在、同社と共同で大豆由来の食材で作ったお菓子のクオリティ向上に取り組んでいます。今後のニーズ拡大が見込まれるヴィーガン食に対応する食材やレシピなど、健康・安全・環境に特化した食にまつわるECプラットフォームへとつなげていきます。

何を必要としているのか?

代表取締役社長・黒須 綾希子 代表取締役社長・黒須 綾希子

上記の戦略の通り、当社はBtoB事業を再強化していきたいと考えています。そのためには、販路開拓につながるパートナーと力を合わせることが不可欠と考えています。

cottaのBtoB事業の顧客となり得るのは、非チェーン系の飲食店や製菓・製パン店です。日本国内でこれらの企業・店舗を顧客に持ち、なんらかの商材・サービスを提供している企業を仲間に加えたいと考えています。対象顧客が上記と重なっていれば、現在取り扱っている商材は何でも構いません。貴社の顧客に対してcottaの商材を販売してください。

事業提携からのスタートも視野に入れ、双方にとって良い形になればと考えています。気軽にお問い合わせください。

何を提供できるのか?

●顧客基盤
ECサイト「cotta」はアクセス数、会員数、SNSフォロワー数のいずれも製菓・製パン業界において日本最大級です。この顧客基盤を活用することでさまざまなシナジーを創出してください。

●輸入・製造・物流機能
2016年に株式会社ヒラカワを子会社化し、メーカーとしての機能を強化しました。独自性のあるPB商品を企画・販売することで、他社と差別化を図ることができます。また、当社は自社倉庫を持ち、発送・配達などの物流機能も備えています。これらの機能を活用してビジネスの幅を広げていただけます。

●上場企業ならではのサポート
当社は東京証券取引所グロース市場および福岡証券取引所Q-Boardに上場しています。バックオフィス業務の巻き取りや内部統制構築のアドバイスなど、上場基準で経営面全般のサポートができます。

●マネタイズのノウハウ共有
ECサイトを長年運営し、メディアも充実させてきた経験から、メディアからECへとユーザーを流入させマネタイズするという成功パターンを確立させています。マネタイズの課題を持つメディアは少なくないと思いますが、ECサイト「cotta」と組むことで改善のお手伝いができると考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

私たちは、より多くのお客さまにお菓子やパンを作る喜びや豊かさをお届けするために、これからも進化への挑戦を続けます。製菓・製パン店や飲食店向けの小ロットでの卸販売事業はブルーオーシャンなので、今後の成長が期待できます。cottaとともに次のステージに向けてチャレンジしましょう!