お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

1000億円企業を目指す成長戦略において、「福祉事業」「IT関連事業」を募集します

  • 買収予算:
    〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
株式会社グローバルブリッヂホールディングス

株式会社グローバルブリッヂホールディングス

  • 公開日:2018/06/06
  • 更新日:2022/01/11
  • 気になる:38

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

夢に向かって成長し続けよう

昨今、少子化、高齢化をはじめ、待機児童、老老介護、女性の就業率、M字カーブ、コミュニティの縮小、虐待、貧困など、時代と共に様々な現象が社会問題として問題視されています。当社は日本の人口問題を社会問題と捉え、福祉事業によって解決することに特化した企業です。
2007年、「日本の人口問題を解決する」という使命を胸に、global bridgeは創業されました。 以来、貢献からの利益を追求することを念頭に、「夢に向かって成長しつづけよう」の経営理念を掲げ、企業活動を推進してまいりました。 そして、創業からまだ10年も経たない短い月日ではありますが、少子高齢化や人口減少など人口構造に大きな変化が生じ、人々の価値観やニーズはますます多様化しています。 こうした社会の変化に対応するために、global bridgeはホールディングス化し、福祉事業に特化した事業の創出という事業戦略のもと、保育、介護、障害、ICTなどの分野でソリューション事業を拡大しています。
当社は、直営福祉事業として、保育事業、介護事業の2事業、福祉支援事業としてICT事業、合計3事業を主軸に事業展開しております。日本の介護と保育の量と質に寄与するべく、企業努力を惜しまず貢献してまいりたいと考えております。これからもグループ企業の事業間シナジーを最大限に高めることで、“福祉の総合企業”として社会に貢献し続けてまいります。

何を目指しているのか?

当社は人口問題の解決という最終的な目標に、介護、保育の領域から影響力を高めていくために、売上1000億円を当面の具体的な目標として定めています。現在はその目標達成のための先行投資時期にあたり、事業の拡大を積極的に進めています。しかし、介護、保育業界というのは労働力不足に慢性的に苦しんでおり、当社の事業拡大においても雇用の問題は大きな課題となっています。

当社はこの問題に対して新卒採用後に丁寧な社内教育を行なっていくことで長期的な解決を図っていますが、事業拡大の際にはそれをはるかに上回る速度での人材が必要となります。そこで、当社は事業を買収することによる拡大をまず第一に掲げ、それに付随して生じる問題である人材不足の問題も買収を通して解決したいと思っております。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます