close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

調剤薬局×IT事業を展開するソフィアHDが、医療分野のITサービス開発に向けてパートナーを募集!

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
株式会社ソフィアホールディングス

株式会社ソフィアホールディングス

  • 公開日:2021/02/09
  • 更新日:2021/02/09
  • 閲覧数:525
  • 気になる:11

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●システム開発会社 ●システムコンサルティング会社 ●ソフトウェア開発会社 ●アプリ開発会社 ●メディア運営会社 ●その他、医療×IT分野での新製品・サービス開発で協業できる会社
募集の特徴
買収スケジュール
事業規模等確認後に代表の方と面談を希望します。 その後基本合意後にDDを行い、最終的な価格決定後に契約となります。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
人材派遣的な事業は検討対象外です。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

調剤薬局事業、インターネット関連事業、通信事業を展開 調剤薬局事業、インターネット関連事業、通信事業を展開

ソフィアホールディングスは、「たえずお客様のニーズを先取りし、先進的なICTサービスを通して、社会貢献する」という企業理念を掲げ、調剤薬局事業、インターネット関連事業、通信事業を展開しています。1975年に創業し、1988年に株式店頭公開(現在の東証JASDAQに上場)。2017年、調剤薬局事業を展開するE-BONDホールディングスの傘下に加わりました。 創業以来、インターネット関連事業を主軸としてきましたが、2018年からは新たに調剤薬局事業を主軸と位置付け、M&Aも積極的に活用することによって事業規模を拡大しています。各事業の内容は以下の通りです。 ●調剤薬局事業 グループ会社のルナ調剤薬局株式会社にて、東北から九州までの幅広い地域で、「ルナ調剤薬局」をはじめとする調剤薬局を約60店舗展開しています。調剤薬局事業に本格参入して約2年で、店舗数を急速に拡大してきました。なお、親会社のE-BONDホールディングスでは300店舗以上の調剤薬局を展開しており、そのノウハウを活用して、効率的な店舗運営を行っています。調剤薬局の運営のほかに、在宅医療を受ける患者様への訪問服薬指導、医療機関・調剤薬局の開業支援および経営アドバイスも行っています。 ●インターネット関連事業 グループ各社にて、Webサービスの企画・設計開発・業務請負ならびにコンサルティング、ホスティングサービス、Webサイトの企画・制作、不動産業務ソリューションシステム「RIMS」の開発・販売など、インターネットに関する幅広い事業を展開しています。インフラ提供から開発、保守までワンストップでサービスを提供できることが強みです。 ●通信事業 グループ会社のソフィアデジタル株式会社が、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)仮想モバイル通信業者として、法人・団体向けに、SIMサービス「エスモビSIM」を提供しています。そのほか、ISP(インターネットプロバイダー)、ITSP(IP電話サービス)、IP電話システムの構築、モバイルM2Mソリューションなど、モバイルから固定回線まで、幅広い通信サービスを提供しています。

何を目指しているのか?

医療分野でIT製品・サービスを提供している会社は数多くありますが、当社のように、実際に医療とITの両方を本業として営んでいる会社は多くはありません。当社はこれからも、この特徴を最大限に生かし、攻めの事業展開を行っていく考えです。 インターネット関連事業・通信関連事業における実績やノウハウ、E-BONDホールディングスの持つ調剤薬局運営のノウハウを結合してシナジーを発揮することで、各事業の拡大を目指すとともに、医療・ヘルスケア分野における新たなIT製品・サービスの開発を推進していきます。

何を必要としているのか?

取締役・林哲也 取締役・林哲也

医療分野の課題を解決する新たなIT製品・サービスを開発するために、協力していただけるパートナーを求めています。 医療ITといってもさまざまなジャンルがありますが、当社グループとしては、自社の強みやノウハウを生かして、患者様・一般消費者に対する情報提供ツールや健康管理ツール、薬剤師への情報提供、調剤薬局の業務効率化、クリニックの業務効率化といった視点で、製品・サービス開発に取り組んでいく考えです。さらに将来的には、調剤薬局で使われるレセコンなど、より高度な知見が求められるシステムの開発にも挑戦していきたいと思います。 これらの新製品・サービスの開発に一緒に携わっていただける事業者様のM&Aを検討中です。業種としては、システム開発会社、システムコンサルティング会社、ソフトウェア開発会社、アプリ開発会社、メディア運営会社などを想定しています。必ずしも、医療やヘルスケア分野の自社製品・サービスを持っている必要はありません。貴社と当社のノウハウやリソースを組み合わせて、市場にイノベーションをもたらすような製品を開発しましょう。

何を提供できるのか?

当社グループはインターネット関連事業・通信事業で長年の実績を持ち、加えて近年は調剤薬局事業を加速させています。また親会社は、調剤薬局事業、臨床検査事業、IT事業など幅広い事業を展開しています。このため、貴社の成長のバックアップに向けては、当社グループと親会社の持つノウハウや顧客基盤、店舗基盤、営業力、プロフェッショナルな人材など、幅広いリソースの提供が可能。当社グループの子会社各社、親会社のグループ各社とは、トップが毎月顔を合わせて情報共有するなど、連携を取ってシナジーの最大化に取り組んでいます。 これまでも当社グループは、多数のM&Aを実施してきました。たとえば、あるIT会社を買収した際は、エンジニア不足や営業力不足という課題を持っていた同社に対して、当社グループのエンジニアを投入し、営業基盤も活用してもらうといったサポートを行いました。その結果、既存顧客との取引を維持しつつ新規顧客開拓に注力できるようになり、事業規模が拡大。また、バックオフィス業務の巻き取りなど細かいサポートも行い、業務の効率化や利益率向上も実現しています。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社では、グループインした会社に数字だけを求めるようなM&Aは想定していません。手に手を取り合って一緒に事業に取り組み、大きなシナジーを発揮したいと考えています。事業の拡大に向けた強い意欲をお持ちの会社様であれば、きっとこの出会いがよいきっかけになるのではないかと考えます。 新型コロナの拡大で厳しい局面ではありますが、一緒に事業を大きくして、従業員ともども幸せになりましょう。多くのご相談をお待ちしております。