close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

半導体フォトレジスト分野で世界トップの東京応化工業が「とがった技術」を持つ研究開発型企業を募集!

  • 買収予算:10億円〜
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
東京応化工業株式会社

東京応化工業株式会社

  • 公開日:2020/09/30
  • 更新日:2021/01/25
  • 閲覧数:830
  • 気になる:5

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●半導体関連メーカー ●半導体、エレクトロニクス、ライフサイエンスに関連する機能性材料メーカー ●センサーやデバイスメーカー ●その他化学製品(試薬、中間材料、化学材料など)メーカー
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスを行った後、面談を通じて、当社とのシナジーや事業の成長性を判断させていただきます。お互いの技術や文化に対する理解を深め、親和性を見極めるために、まずは協業というステップを踏んでからのM&Aを考えています。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
10億円〜
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

当社は、コア・テクノロジーであるフォトリソグラフィ技術をベースに、半導体フォトレジスト(半導体製造工程において、回路パターン等を形成する際に用いられる工業用化学薬品)などの材料や、各種製造装置を提供している会社です。主な事業分野は以下の通りです。 ●半導体製造分野 マイクロメートルから最先端のナノメートル領域まで、最適なフォトレジストを提供しています。特に、半導体用フォトレジストにおいては世界トップシェアを誇り、パソコンやスマートフォン、薄型テレビなど、私たちの身の回りにある製品の多くに、当社の技術が使われています。 また、フォトレジストとともに半導体の製造に欠かせない、洗浄液やシンナー、現像液などの高純度化学薬品や、フォトレジスト関連装置も製造しています。 ●半導体パッケージ・MEMS製造分野 高機能携帯端末や電子部品などの軽量化・薄型化・小型化を支える、パッケージ用フォトレジストやMEMS(微小電気機械システム)用材料を提供しています。 ●三次元実装分野 半導体の三次元実装という独自のプロセス技術を生かし、半導体のさらなる高性能化に応える半導体製造技術をお客様に提案しています。 ●パネル製造分野 有機ELなど次世代型ディスプレイの関連材料および高精度プロセス機器を開発・提供しています。 ●新規事業分野 これまで培った微細化・高純度化技術とノウハウを活用し、顧客や外部機関と協力しながら、新しい構造材料や改質材料など、ユニークかつ高付加価値な材料の開発に取り組んでいます。 当社の強みは世界最高水準の微細加工技術を蓄積・発揮し、長年お客様である半導体メーカーや電子部品メーカーの高度なニーズに応え続け、エレクトロニクス業界において、強固な顧客基盤と信頼関係を構築していることです。 また、海外売上比率は76.1%となっており、そのため、多くの顧客が存在する米国・韓国・台湾に製造・開発拠点を設け、顧客密着戦略を推進しています。加えて、半導体フォトレジストや高純度化学薬品といったニッチな分野を開拓している点も強みであり、経済産業省の2020年版「グローバルニッチトップ企業100選」に認定されています。

何を目指しているのか?

当社は2020年に設立80年を迎えましたが、2040年に迎える設立100周年に向けて、「豊かな未来、社会の期待に化学で応える“The e-Material Global Company」を経営ビジョンに掲げ、全社一丸となって取り組んでいます。 足元では5Gの登場により、半導体市場に大きな波が訪れようとしていますが、長年培った技術を活かし、市場の変革に追従することで、、既存事業で引き続きトップシェアを維持していきます。また、新規事業の創出による事業ポートフォリオの変革も目指しており、機能性フィルム、光学部材、ライフサイエンス関連材料などを注力ドメインとして、新たな収益の柱を育てていきます。

何を必要としているのか?

新規事業の創出による事業ポートフォリオの変革も目指すにあたって、イノベーションの創出につながるパートナーを求めています。お互いの技術や文化に対する理解を深め、親和性を見極めるために、まずは協業というかたちからスタートすることを考えています。 具体的に検討しているのは、当社の既存事業やその周辺事業、既存事業と親和性の高い事業領域で事業を行っている事業者様です。イメージしている事業分野としては以下の通りです。 ●半導体関連メーカー ●半導体、エレクトロニクス、ライフサイエンスに関連する機能性材料メーカー ●センサーやデバイスメーカー ●その他化学製品(試薬、中間材料、化学材料など)メーカー たとえば、独自の半導体関連材料を持っている、IoTデバイス向けの部品・材料を開発・製造しているなど、「とがった技術」を持つ事業者様をイメージしています。優れた技術力を持った研究開発型のベンチャー企業や中小企業とパートナーシップを構築したいと考えています。

何を提供できるのか?

●共同開発 当社は半導体やMEMS、ディスプレイ等のフォトレジストで世界トップクラスの高い技術力を持っています。貴社の技術と当社の技術を融合して、新しいイノベーションを起こしましょう。 ●生産設備提供 半導体材料製造向けの世界トップクラスのクリーンルーム、製造設備、検査設備など、貴社の技術と当社の製造能力・製造技術を組み合わせることで高品質な製品を大量に生産することが可能となります。 ●販路開拓 当社との共同開発製品や貴社製品の売上拡大のため、当社の人的資源やワールドワイドな販路を活用していただけます。 ●資金支援 当社と貴社の双方にとって有望な市場での事業化を目指し、資金面での支援も推進していきます。 これまでも当社は、ベンチャー企業との協業に積極的に取り組んできました。たとえば2016年には、次世代フォトレジストの開発を行う米国Inpria社へ出資し、フォトレジストのスケールアップや周辺材料の提供を検討するなど、次世代フォトレジストの実用化に向けた取り組みを推進しています。また2018年には、光学材料の開発、製造、販売を行う米国Pixelligent Technologies社に出資し、当社の強みである微細加工技術と同社の強みを融合し、新たな高屈折率材料市場の開拓を推進しています。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は、1962年に初めてフォトレジストを発売して以来、世界のリーディングサプライヤーとして、最先端の微細加工技術を用いて、各世代での最先端フォトレジストを提供してまいりました。これらのフォトレジストは、さまざまなエレクトロニクス機器の高度化に貢献し、私たちの生活をより便利に、快適にしてきました。 当社の培ってきた技術と、貴社の優れた技術を組み合わせ、スピーディな研究開発・事業化を進めることで、世界があっと驚くようなイノベーションを巻き起こしましょう!