プロのM&Aアドバイザーにお気軽に相談いただけます。 menu

IT / 古物商 / 広告 / ファッション / EC / メディア / Webマーケティング / デザイン / Web制作 / IP / VR / 出版 / エンターテイメント / 観光 / アプリ開発 / マスコミ関連 / 小売

アジア圏&Web3への進出!VRからエンタメグッズ販売:商品化権契約100以上、売上3億超の実績

エリア:関東

ID:2439

公開日:2022/07/12

  • 案件情報

  • 案件種別

    会社売却

  • 資金調達も検討する

    はい

  • 創業年度

    5年以上10年未満

  • 売却希望時期

    特にこだわりがない

  • 外部投資家の有無

    いいえ

  • 売却理由

    アジア・イスラム圏へのアプローチは、日本にとって、必ず必要な事業であると信じているからこそ、債務超過状態でも歯を食いしばり新規事業を進行し続けた企業です。

    今期、既存事業はコロナ禍以前の売上まで回復傾向、新規事業もようやく収益化や構築完了が見えてきている状況にあります。

    しかし、2022年9月で財務的に限界に達してしまいます。

    ---

    ご支援方法については、
    中小企業活性化協議会を仲介とした第二会社方式での事業譲渡となるため、
    金融機関への債務はご支援者様からの事業譲渡資金にて清算される方式となり、
    対金融機関への債務5.3億円は、御社に引き継がない事業譲渡となります。

    ※ 中小企業活性化協議会:https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/saisei/index.html
    ※ 第二会社方式:https://sakuradori-lo.com/knowledge/knowledge-131/

    なお、弊社の事業譲渡価格は、不動産等がなく、
    このまま倒産となった場合は事業価値がなくなるため、
    基本的に、備忘価格、最大でも1,000万円程度を見込んでおります。

    ただ、事業譲渡までの事業継続資金が必要となり、
    大幅に遅延をしている買掛金等の支払いなど、
    2022年12月までの事業継続資金で、1.45億円規模となっております。

    そのため、下記が事業譲渡にかかる費用となっております。

    ▼事業譲渡価格と買掛金
    ・第二会社方式による事業譲渡価格は最大でも1,000万円程度を予想
    ・2022年12月までに144,557,764円(事業譲渡までの事業継続資金)
    ※買掛金の総額は、すでに支払を遅らせてもらっているため1.4億円規模になっています。

    合計:1.6億円規模での事業譲渡となります。



    ▼事業譲渡までの御社へのリスクヘッジ
    事業譲渡が完了するまでの買掛金等の支払いリスクに対して、
    下記を提示させていただきます。

    ・2022年10月以降の売掛金の担保を条件とすること
    → 全請求書の開示をお約束
    → 全銀行口座の開示をお約束
    → 会計システムへのログイン権限の付与

    ・倒産した場合は全ての事業を譲渡すること
    事業継続資金を支出していただいたのに、
    債権権者(金融機関)からの承認が得られなかった場合の想定となります。

    ・他社に譲渡した場合の事業継続資金の返金と利息等
    事業継続資金を支出していただいたのに、
    他社に事業を譲渡してしまった場合の想定となります。

    ---


    どうか、ご支援をよろしくお願い致します。

  • エリア

    関東

  • 業界

    IT・ソフトウェア・通信 > インターネット・Webサービス

  • 業種

    IT / 古物商 / 広告 / ファッション / EC / メディア / Webマーケティング / デザイン / Web制作 / IP / VR / 出版 / エンターテイメント / 観光 / アプリ開発 / マスコミ関連 / 小売

  • 財務状況

  • 純資産

    △3億円〜△5億円

  • 前期売上

    1億円〜3億円

  • 前期営業損益

    △1億円〜△3億円

  • 今期見込み売上

    3億円〜5億円

  • 今期見込み営業損益

    △5,000万円〜△1億円

  • 人員情報

  • 役員数

    〜5人

  • 正社員数

    30人〜50人

  • パート・アルバイト数

    5人〜10人

類似の売却案件

expand_less