「人のあらゆる可能性を切り拓く」教育研修サービスを提供しています

企業情報

設立年度
2003年
代表
落合 文四郎
従業員数
172人
資本金
3.7億円
売上高
24億円
営業利益
2.8億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都千代田区九段北一丁目13-5 ヒューリック九段ビル2階
事業概要
新入社員研修、管理職研修、グローバル人材育成やEラーニングプラットフォーム「etudes」等、企業の人材育成課題を解決するサービスをワンストップで提供しています。
会社の特徴
第一業界区分
サービス・インフラ
第二業界区分
人材サービス

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

新人から管理職、経営層、グローバル人材まで プロフェッショナルへの育成を支援しています。 新人から管理職、経営層、グローバル人材まで プロフェッショナルへの育成を支援しています。

当社は、企業向け研修サービスを行っています。2003年に、戦略系コンサルティング会社出身の創業メンバー3名でスタートし、『ロジカルシンキング100本ノック』に代表される教育研修プログラム『100本ノックシリーズ』を自社で開発し、従業員1000名以上の大手企業を中心に教育研修サービスを提供してきました。

2010年より、新たに『グローバル人材育成サービス』を開始。世界市場で戦うことが求められる日本企業の中で、グローバルに活躍できるビジネスパーソンの育成に取り組んでいます。2018年12月には、東証マザーズに上場(現在は東証グロース市場)を果たしました。

創業以来、アルーが一貫して大切にしてきたサービスコンセプトは、「育成の成果にこだわる」こと。成果を出すには企業研修においてもテクノロジーの活用が不可欠と考え、2019年9月からは、クラウド型のLMS(学習管理システム)である『etudes(エチュード)』を提供し、企業研修におけるDXを推進している他、2022年7月より、eラーニング受け放題の育成プラットフォーム『etudes Plus』のサービス提供を開始しました。

【事業領域】
●法人向け教育事業①:教室型研修
国内企業の課題解決のため最適化(カスタマイズ)した教室型研修を提供。コロナを機に、オンライン研修も提供しています。

●法人向け教育事業②:グローバル人材育成
海外拠点と連携し国内企業のお客様へ グローバル人材の育成を目的とした研修を提供。渡航しての現地研修の他、コロナを機に、海外でのビジネススキル研修や語学研修をオンラインでも提供しています。

●etudes事業
法人向けに、 クラウド型のLMS(学習管理システム)やeラーニングを提供。

●その他:海外教室型研修
中国、シンガポールにおいて 海外現地法人向けの教室型研修を提供。

これまでの取引社数は、累計で1500社を超え、大手企業の人材・人材育成部門に販売チャネルを持っている点は大きな強みです。特に、新人若手向け研修ではNo.1クラスの実績を誇ります。また、『etudes』をメインとしたLMSについては、自社開発体制・エンジニア組織を保有し、内製化しているのも大きな特徴です。

何を目指しているのか?

「『育成の成果にこだわる』を基本コンセプトとして、プロダクト開発と新領域開拓で、国内大企業育成マーケットのトッププレイヤーとなる」。これが当社の2025年教育研修事業のVISIONです。

2022年3月30日発表の「事業計画及び成長可能性に関する説明資料」における中期経営計画の通り2024年度の売上40億円弱の達成を目指します。またその先には将来的に業界トップクラスと言える売上100億円等の更なる事業規模を目指していきたいと考えています。

上記の実現のため、国内大企業顧客に対する業界の標準サービスを「研修から育成に変革」し、プロダクトやサービス領域を拡大していきたいと考えています。具体的には、既存の法人向け研修事業に加えて、ニーズの高い新たな企業内人材育成領域の強化を図っていく予定です。また、テクノロジーを活用したサービスも拡充し、当社の強みを活かしていきたいと考えています。