close
close
menu

株式会社Funkit

企業情報

設立年度
2012年
代表
吉村勇作
従業員数
200人
資本金
1,000万円
売上高
10億円
本社所在地エリア
関東
本社所在地
東京都豊島区
事業概要
創業以来のITソリューション事業に加え、2018年から始めた保育園運営事業も急成長を遂げ、現在の売上規模はほぼ同レベルです。東京、千葉、宮崎の3拠点を展開。独自の知育コンテンツ開発に注力しています。
会社の特徴
第一業界区分
IT・ソフトウェア・通信
第二業界区分
システム・ソフトウェア

ミッション・ビジョン

何をやっているのか?

子どもたちのタッチに連動して動く知育プログラム「Curio Screen」 子どもたちのタッチに連動して動く知育プログラム「Curio Screen」

Funkitは、2012年の創業以来のITソリューション事業、そして2018年に開始した保育事業という、2つの異なる分野で展開しています。2021年現在、ITソリューション事業と保育事業の売上規模は、ほぼ同レベル。東京本社のほか、千葉と宮崎に支店を展開しています。 ITソリューション事業で手掛けてきたプロダクトは、ゲームから医療システムまで、幅広い分野に及びます。中でも、フリーミアムのゲーム運営に長けており、大人が夢中になるゲーミフィケーションに強みをもっております。 大人が夢中になるゲーミフィケーション、これを教育に活用したい、特に幼児教育に活用することができれば、社会貢献度が高く、ユニークな価値を生み出せるのではないか――そんな思いで保育事業への進出を決め、現在では13園の保育園を運営するまでに至りました。併せてIT化による運営効率化、IT導入による教育水準の向上などに取り組んでおります。 ゲームといえば、残虐表現が多いことなどから、長い間、教育上よくないものと認識されてきました。しかしながら、最近の研究では、脳科学的に良い効果が報告されており、ゲームの教育への活用が着目されております。 そこで、当社は自らこの領域を切り拓いていきたいと考え、研究開発を推進。2017年には、プロジェクターから投影される映像に幼児がタッチして遊びながら学ぶという、オリジナルの仕組みをベースにした知育システム「ゆめクリ」をリリースし、以後「Curio Screen」と改め、宮崎大学の監修のもとで進化を続けております。 また、教育の質向上および運営の効率化を、より高い精度で実現するため、2018年から自社による保育園の運営をスタート。現在、東京、千葉と九州・宮崎の2エリアで、合計13の保育園「フェニックスキッズ」を展開し、「Curio Screen」などの自社開発ツールを運用しています。 2020年には、保育現場で培った知見をもとに、保育業界向けの業務効率化ツール「Curio Kids」もリリース。日々の保育の記録、保護者とのやりとり、保育計画の作成、園児の登園・降園管理などの機能を中心に、保育園の全てを高品位に効率化すべく、随時追加開発を行っており、堅調に導入先を拡大中です。

何を目指しているのか?

社名のFunkitは、「fun」と「kit」を組み合わせた造語です。私たち自身もめいっぱい楽しみながら、全世界をワクワクさせるような挑戦をしていきたいという思いを込めて名付けました。ここ数年、知育の分野を新規開拓してきたように、今後も自由な発想で、世界中にワクワクをもたらせる事業開発に挑み続けていきます。 知育関連では、「Curio Screen」の発展と導入拡大に、大きな夢を描いています。園の運営や業務支援ツールの提供を進めつつ、「Curio Screen」を世界中に無償で配布したい。学校に通えない子どもたちの多い地域にも「Curio Screen」のプロジェクターを設置し、全ての子どもたちが子ども時代に平等に教育を受けられる。さまざまな知識やスキルを楽しんで身に着けられる環境を提供する。そんな活動ができたら、私たち自身、やりがいと楽しさを最高レベルで味わえることでしょう。この目標に向かって、今後「Curio Screen」で届けられるコンテンツをどんどん拡充していきます。 ビジネス視点では、保育園の業務支援ツール「Curio」の他業界への応用にも注力していきます。たとえば、介護施設などは、計画作成、記録管理などの方法が保育園とよく似ています。また、現在開発中の業務シフトの自動作成ツールなどは、医療施設や店舗ビジネスなどで幅広く活用できるでしょう。当社では当初から汎用性を意識したツール開発を進めてきており、自社運営の保育園でのテスト運用を通じて磨き上げた各種ツールを、今後、幅広い業界に導入していくことを目指します。 一方で、創業以来の受託開発も、今後も継続していきます。さまざまなタイプのエンジニアがそれぞれの志向に合わせて成長していけるよう、多彩な仕事を用意しておきたいと考えているためです。また、働き方の面では、すでにエンジニアの約1/3が宮崎勤務ですが、最近のコロナ禍の影響もあり、リモートでの業務やりとりに抵抗のない首都圏のクライアントが急速に増えています。 今後は新たな地方拠点の開設も想定しており、地元在住のまま、大きな案件で活躍できるエンジニアを各地に増やしていきたいと思っています。