close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

「データ✕テクノロジー」で金融の仕組みを変える!サービス拡充のため、システム開発会社を募集中

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
クレジットエンジン・グループ株式会社

クレジットエンジン・グループ株式会社

  • 公開日:2021/09/06
  • 更新日:2021/09/06
  • 気になる:3

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
■融資の近隣領域におけるシステム、サービスを提供している事業者 ■金融機関、または大企業向けシステム・サービスの導入実績をお持ちのSIer事業者 ■ブロックチェーン・NFT関連の実績をもつ事業者 ■公的機関向けシステムの導入実績をお持ちの事業者 ■インターネットメディア・WEB広告等のサービスを提供している事業者
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

金融機関向けオンライン融資管理システムのほか、中小事業者向けオンライン融資、債権管理回収業務まで提供 金融機関向けオンライン融資管理システムのほか、中小事業者向けオンライン融資、債権管理回収業務まで提供

クレジットエンジン・グループのはじまりは2016年。貸金業の免許を取得後に中小事業者向けに独自のオンライン融資サービスを提供する会社としてスタートしました。その後、金融機関からシステム導入に関する引き合いを受け、2018年に誕生したのが金融機関向けオンライン融資管理システムを提供するクレジットエンジン株式会社です。

現在は『資金調達をもっとシンプルに』をモットーに、クレジットエンジン株式会社が提供する「CEオンラインレンディングプラットフォーム」の開発及び運営を主軸事業とし、中小事業者向けオンライン融資サービス『LENDY』を運営するLEANDY株式会社、債権回収業務を行うLENDY債権株式会社等、5つの事業を展開しています。

■クレジットエンジン株式会社
金融機関向けオンライン融資管理システム「CEオンラインレンディングプラットフォーム」の企画・開発・運営

■LENDY株式会社
中小事業者向けオンライン融資サービス『LENDY』の運営

■LENDY債権回収株式会社 
債権の管理回収業、およびそれに付随する業務

■ブルー・トパーズ株式会社(持分法適応関連会社)
スタートアップを中心とした中小事業者向け融資事業  

■Credit Engine Asia Pte. Ltd
東南アジア地域向けオンライン融資管理システム・債権管理回収システムに関するコンサルティング、構築、運用

当社グループ事業の最大の特徴は、自らが国内では初となるオンライン融資の展開をはじめたパイオニアである一方、そのノウハウ・スキルを活かした独自の融資管理システムを金融機関向けに提供している点があげられます。弊社自身も貸金業・債権回収管理業のライセンスを持つ金融機関であることから、オペレーションシステムの自動化、効率化を実現する上でのペインポイントやユーザー目線を持っており、これがITサービスのみを提供する競合他社と比べ、差別化につながっています。金融機関向けのシステムは、これまでにみずほ銀行、三菱UFJ銀行、福岡銀行、三菱HCキャピタル等の日本を代表する大手金融機関に導入され、クオリティ、セキュリティ、新規事業立ち上げのパートナーシップ等、多くの点で高い評価をいただいています。

何を目指しているのか?

「データ ✕ テクノロジーで、金融の仕組みを変える」をミッションに掲げる当グループは、融資の領域でさらなるサービスの拡充を進めています。

まず取り組むべきは、サービスメニューの拡充。現代社会では資金調達の手法が多岐に渡ります。2021年6月にサービスリリースしたリースに続き、今後も
割賦ローン、ファクタリング、オートローンなど、プロダクトのカバレッジを広げる予定です。

同時に次に取り組むのは融資の対象を個人事業主、さらには個人へと拡大していくこと。これまで法人に特化して事業を展開してきましたが、今後は個人事業主へ、そして個人を対象としたプロダクトを提供できるようなサービスメニューを展開していきます。

何を必要としているのか?

代表取締役社長・内山 誓一郎 代表取締役社長・内山 誓一郎

融資の近隣領域で新しいサービスを生み出し、BtoBtoB市場、BtoBtoC市場へと領域を広げる予定なので主に以下を対象としています。

●融資の近隣領域におけるシステム、サービスを提供している事業者
事業ドメインの拡大のため、融資の周辺の領域でシナジーが発揮できるシステム、サービスは積極的に検討いたします。たとえば、不動産ファイナンス(不動産評価、担保等)、不動産テック、与信管理・分析、本人確認、リーガルテック(電子契約、法律関係、訴訟対応、契約業務管理等)等が挙げられますが、分野を問わず前向きに検討いたします。

●金融機関、または大企業向けシステム・サービスの導入実績をお持ちのSIer事業者
金融機関向け大規模プロジェクトの体制強化、メンバー増強のため、金融機関、または大企業向けにシステムやサービスを導入した経験のあるチームを求めています。規模は問わず積極的に検討いたします。

●その他
公的機関向けシステムの導入実績をお持ちの事業者様、インターネットメディア・WEB広告等のサービスを提供している事業者様も規模を問わず、積極的に検討いたしますので、お気軽にご連絡ください。

何を提供できるのか?

多くの金融機関と取引実績があることから、その販路を最大限に活用いただける点。特に、メガバンク2行へのシステム導入の実績がある点は魅力だと考えています。

さらには、システム開発を含めた高い技術力とアセットを保有している点も挙げられるでしょう。当社のノウハウ、人的リソースを存分に活かしていただくことが可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

資金調達のデジタル化を実現することで、個人、中小事業者が本業に安心して集中できる環境をつくっていきたい、というのが私たちの想いです。

その夢の実現を私たちとともに、目指せるパートナーとご一緒したいと考えています。ぜひお会いできることを楽しみにしています!