close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

クラウド小売基幹システムで実績トップ。流通向けサービスの拡充やUI強化、新領域進出に挑む仲間を募集!

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:未設定
株式会社サイバーリンクス

株式会社サイバーリンクス

  • 公開日:2021/07/30
  • 更新日:2021/07/30
  • 閲覧数:258
  • 気になる:3

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●流通小売業向けに展開可能なサービスの運営会社 ●Web系、アプリ系の開発会社 ●業務システム開発会社 ●自治体を通じて展開できるサービスを運営する会社
募集の特徴
買収スケジュール
当社は検討作業に必要な大部分を内製化していることから速やかな意思決定が可能です。公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスを行った後、面談を通じて、当社とのシナジーや事業の成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

安定した収益基盤をベースに、主力であるITクラウド事業に積極的な投資を行い成長を続けています 安定した収益基盤をベースに、主力であるITクラウド事業に積極的な投資を行い成長を続けています

当社は1964年に和歌山県で設立し、1982年からシステム開発事業をスタート。主力製品である流通食品小売業界向けのクラウドサービス「@rms(アームズ)」シリーズは、クラウド型の小売基幹系システムとして業界トップ導入実績を誇ります。 現在、以下の4事業を展開しています。 ●流通クラウド事業 流通食品小売業向けに、基幹システム「@rms基幹」のほか、周辺システムとして、ネットスーパーシステム、棚割システム、単品情報分析システム、インターネットEDI(Electronic Data Interchange・電子データ交換)なども展開。M&Aも積極的に活用し、周辺システムのラインアップを増やしてきました。 さらに、流通食品卸売業向けにも、小売業者からの発注データを統一規格で送信するクラウドサービスを展開しており、加工食品卸の上位10社中7社に導入されています。 「@rms」をはじめとする当社のサービスは、すべての顧客に同一の機能を提供する「シェアクラウド」。カスタマイズを行わない分、優れた機能を安価に提供できる仕組みです。小売業者と卸業者の受発注データや見積もりデータのフォーマットを統一するという、業界を巻き込んだ活動にもつながっています。 ●官公庁クラウド事業 大手ソリューションベンダーの代理店として、防災無線システムの施工・保守、行政情報システムの導入・保守・運用などを手がけており、和歌山県内の地域防災システムにおいてはトップシェアを獲得しています。 このほか、自社サービスとして、小中学校の児童・生徒の学籍・指導情報を管理するクラウドシステム「Clarinet校務」、地域住民の診療情報を地域の医療機関で共有するクラウドプラットフォームサービスなども展開しています。 ●トラスト事業 電子契約などにおいて、データの改ざんや送信元のなりすましを防止する機能を提供する「トラストサービス」を提供しています。2021年に立ち上げたばかりの新事業です。 ●モバイルネットワーク事業 NTTドコモの二次代理店として、和歌山県下でドコモショップ7店舗を運営しています。

何を目指しているのか?

当社は2021年2月に、中期経営計画「トランスフォーメーション2025」を策定。特に、流通事業とトラスト事業の2領域に注力し、社会のDXに貢献していくことを掲げています。 流通事業では、現在は主に中小規模の小売業者に支持されている「@rms」を、大手顧客にも浸透させていきます。それに伴い、大手顧客ならではのニーズにも対応できるよう、周辺システムのラインアップをさらに拡充していきたいと考えています。 一方のトラスト事業は、早期の事業開始に向けてサービス開発を進めていきます。サービス提供先として、一番のターゲットと考えているのは、不動産業界。日本で唯一、不動産のエスクロー(取引の安全性や利便性を担保するため、取引の事務、履行の確認および決済を第三者の立場で行うこと)ビジネスを手がけている会社とも連携し、使いやすいサービスの開発を目指します。

何を必要としているのか?

代表取締役社長・村上恒夫 代表取締役社長・村上恒夫

事業の拡大、立ち上げを加速させていくため、以下の領域でパートナーを募集しています。 ●流通小売業向けに展開可能なサービスの運営会社 今後、大手の小売業者へのサービス導入を強化していくにあたり、以下のような機能をラインアップに加えたく、関連するプロダクトをお持ちの会社を求めています。 ・「@rms」上のデータを顧客先の会計システムに密に連携させる機能 ・テナント管理が行える機能 ・衣料の販売管理機能(食品以外に一部衣料も扱っている顧客向け) ●Web系、アプリ系の開発会社 当社は信頼性の高いシステム構築を得意としている一方で、UI系の開発ノウハウは不足しており、外注している状況です。そのため、Web系、アプリ系に強い会社をグループに迎えたく、当社に近い大阪の会社と出会えればと考えています。流通業界やトラストサービスに知見のある開発会社は、特に歓迎します。 ●業務システム開発会社 「@rms」の追加開発やトラストサービスの開発に向け、システム開発のリソースも拡充したいところです。こちらは地域は限定しません。当社がトラストサービスのターゲットとして想定している不動産業界向けのシステムを展開する会社には、特に関心があります。 ●自治体を通じて展開できるサービスを運営する会社 当社の学校向けサービスや地域の医療連携プラットフォームのように、自治体を通じて展開できるサービスを運営する会社とは、ぜひ連携して戦っていきたいです。ニッチな領域でNo.1を取れるようなポテンシャルのあるサービスであれば理想的です。

何を提供できるのか?

当社は流通小売業界、および流通卸売業界において、業界のイノベーターとしての地位を確立しています。ここに加わっていただくことで、非常に優位なポジションでの事業展開が可能になります。 実際、流通クラウド事業では2014年以降、周辺サービスを展開する4社を仲間に迎え、吸収合併してきた結果、グループの力で各サービスを着実に拡大してくることができました。各領域で1位や2位のサービスと組んでいるため、業界全体で顧客先でのつなぎ込み開発を減らすことにもなり、まさにWin-Win-Winの関係ができています。 社内では、もともとM&Aで加わったメンバーも、営業、開発、運用など各領域で重要なポストに就き、従来から在籍している社員と共に、一体感を持って働いています。組織のリーダーたちの出身がすでにバラバラなので、人事において元の所属を気にすることもありません。従業員の皆さんには、非常にフラットな環境で、キャリアアップを図っていただけます。

起業家・経営者に向けてひとこと

今回、仲間としてお迎えする以上、お互いの10年、20年先まで見据え、発展性のある関係を築いていきたいと思っています。特に若手の皆さんがサイバーリンクスでの仕事に大きな希望を持ち、誇りを持って働き続けられる環境をつくっていくことが、経営者としての私の責務だと考えています。 システムのユーザーはもちろん、開発側も含めて業界全体の非効率をなくし、DXを進めていくという当社の考え方に賛同くださる皆様、ぜひご一緒にチャレンジしていきましょう。ご連絡をお待ちしております!