会員登録 ログイン

多様な25事業展開と、各事業のカラーを活かした組織戦略のもとで、新たな価値を創造しませんか?

グリットグループホールディングス株式会社のアイキャッチ画像
グリットグループホールディングス株式会社 https://gritgroup.co.jp/ 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 人材/教育/福祉/スポーツ/地方創生など、様々な事業多角化を展開中。
・リーディングカンパニーとして成長した体育会就職支援事業
・独立系として日本一の規模を誇るエンジニア教育事業、など
アピールポイント ・社会的課題などを対象に事業拡大
・直近3年の成長率は140%!
・スピード感のある意思決定
・face to faceで築いた顧客との広くて深い関係性

M&Aの方針

買収対象業種 IT / 人材 / 金融 / EC / メディア / Webマーケティング / 教育 / 医療 / デザイン / 編集プロダクション / Web制作 / 保育 / ホテル・旅館 / 不動産 / スポーツ / 学習塾 / エネルギー / コンサルティング / SaaS / エンターテイメント
買収対象レンジ 〜1億円 / 1億円〜10億円
買収対象領域 当社の成長事業である人材/教育研修/IT/福祉/スポーツ/地方創生において、
当社と共にさらなる成長を目指せる企業を探しています。
買収除外対象 マイノリティ出資は、現在のところ検討しておりません。
買収フロー まず、事業の成長性/当社とのシナジーの観点から簡易的なフィルタリングをさせて頂きます。
その後、ディスカッションを通じて、目指すべき姿が一致し、共に成長ストーリーが描ける場合に、デューディリジェンスを経て基本合意契約をさせていただきます。
ロックアップ 交渉次第
役員派遣 合理性を以て判断
役員登用 あり
社名、オフィスの統合 合理性を以て判断
その他M&Aの方針 事業の成長性や将来性を鑑みて、赤字企業でも買収を検討します。
常にあらゆる事業展開の可能性を意識しておりますので、少しでも可能性や期待を感じる売り手様はぜひお声がけください。

Grit for all - やり抜く勇気、すべてのひとに

「自分の可能性に気づかない体育会学生」「体育会学生に対して画一的な評価をする社会」
その違和感を無くしたいと思い、人材事業を創業して以来、現在までに事業領域を拡大し「子供教育」から「インバウンド」「保証・決済」まで、すべてのヒト・コトの価値を最大化するため、圧倒的な当事者意識をもって「Grit: やり抜く勇気」を伝えています。

これからも、幼児教育・未経験エンジニアへの研修・シングルマザー・プロアスリートなど、潜在的な能力を持っているけれども十分に能力が発揮できない「ヒト」や、大きなポテンシャルを秘めた「コト」に対して、個々のポテンシャルにあわせた最適なサービスを提供し、価値を最大化していく。
人生に期待できる世界を創ることが、私たちの目指すGrit for allです。

リアルビジネスの接点を増やす

当社の強みは、「多岐にわたる守備範囲の広い事業展開」や「新規創造に積極的にチャレンジできる人材ネットワーク」です。
就職・セカンドキャリア支援などの人材事業や、介護サービス・障がい者施設等の警備システム等を展開する介護障がい福祉事業、エンジニア育成等のIT研修事業、そして地方創生事業に至るまで、
積極的に事業のすそ野を広げてまいりました。

そうすることで、事業間のネットワークを活かし、その枝葉における新たなビジネスチャンスの可能性が広がります。
例えば、地方創生という文脈において、地方住民の就職支援や教育研修、さらに介護施設の支援に至るまで、さまざまな方面におけるノウハウ、資金、そして特に「人材」の提供が可能です。

我々はこれからも、常にこうしたリアルビジネスの接点を増やすことで、人材・教育・福祉・スポーツの分野を中心に、多様性を追求した事業を展開してまいります。

M&Aで、事業多角化の可能性を広げる

積極的な事業展開と人材ネットワークの強化を続けている我々にとって、"我々ができること"は日々アップデートされ、様々なビジネスチャンスが生まれようとしています。
そのような中で、我々はM&Aを主要な戦略の一つとして位置付けており、既にこれまでで5社以上のM&Aを実施してまいりました。

これほどの多角的な事業を持続していくためには、一緒にやっていくための「場の提供」が重要であると考えております。
M&Aの後においても、その事業を最大限活かすべく、経営者の方と一緒になって、現場との合意形成を大切にしながら、同じビジョンや理念を共有することを続けています。

常にすそ野を広げながらあらゆる可能性が生み出せる場を作り出すことを価値として、M&Aを検討しております。
我々のグループと一緒になって事業を展開していけるという期待や可能性をもってくださった売り手様、ぜひお気軽にお問合せください。

グリットグループホールディングス株式会社のM&A実績

Rompbaby

グリットグループホールディングス株式会社のグループ会社で保育・教育事業を行う株式会社フォーハンズは、有限会社光巨プロジェクトが運営するブランド「Rompbaby(ロンプベイビー)」の事業を譲受しました。「Rompbaby」は、「究極のオムツポーチ」をはじめとしたベビー・マタニティ用品を扱うブランドです。
2019年4月 事業譲受

グリットグループホールディングス株式会社のインタビュー

企業情報

設立年度 1997年
代表者名 代表取締役 山崎秀人
従業員数 277人
資本金 3,260万円
エリア 東京都
本社所在地 東京都新宿区高田馬場3-12-2 高田馬場OCビル
事業内容 人材事業、IT技術教育事業、福祉事業、新規事業、スポーツ×幼児教育事業、スポーツ教室事業、地方創生事業、プロアスリートのキャリア支援事業、シングルマザーサポート事業
会社の特徴 非上場 / 設立15年以上30年未満 / 創業社長在任 / 買収実績3件以上 / 全国展開 / 海外展開 / 事業提携も検討します / 出資も検討します / コロナでも積極検討中
URL https://gritgroup.co.jp/
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

この募集をシェア

類似の買い手企業

企業・官公庁向け研修事業で豊富な実績を持つインソースが、人事部門向けサービス拡充のパートナーを募集!

株式会社インソース

事業概要
主力の講師派遣型研修、公開講座型研修の運営に加え、ICTを活用した人事部門向けサービス提供も行っており、自社開発した業務サポートシステム「Leaf」を展開。グループ会社では人材紹介・派遣も手掛けます。
アピールポイント
企業や官公庁、約3万件に及ぶお客様先の人事部門との間に強いパイプを持ち、全国140名に及ぶ営業担当者が活動中です。この顧客基盤、営業力と東証一部上場の信用力で、貴社サービスの導入拡大に貢献できます。
更新日: 2020/01/30 公開日: 2020/01/30

業種を問わず、「事業継承」「成長産業」「事業再生」および「大企業傘下の事業」の4つを投資対象とする

ニューホライズン キャピタル株式会社

事業概要
成長支援、産業再編、事業再生のプロを多数擁する独立系PEファンド。2002年創業の前身フェニックス・キャピタル時代から通算約17年超の実績を背景に、NHCとして3本目、創業から9本目のファンドを運営
アピールポイント
・独立系ファンドとしては最大規模の累積運用資産総額2,600億円超
・全ファンドの創設時にキーマンをつとめてきた安東泰志をはじめとする同社のメンバーは、全体でおよそ100社になる日本随一の投資実績
更新日: 2019/01/11 公開日: 2019/01/11

【ECマーケティングに新たな価値を】 販売力が高いEC、ニッチな商品を取り扱うEC募集中

株式会社ジェネレーションパス

事業概要
楽天やヤフーショッピングなどのECプラットフォーム上でオンラインショッピングサイト「リコメン堂」を多店舗展開。ECサイトを自社運営することにより、特定のECに適した運営と効果的な販売戦略を提供。
アピールポイント
・Webマーケティングによる販売支援サービスで急成長
・越境ECなど成長投資に注力
更新日: 2018/11/27 公開日: 2018/07/20

【企業活動を効率化し便利にする】 事業者(toB)向けのサービスを提供している会社様募集中!

株式会社ラクーンホールディングス

事業概要
「企業活動を効率化し便利にする」を経営理念とし、事業者向けにEC事業では「SUPERDELIVERY」「COREC」を、フィナンシャル事業では「Paid」「売掛保証」「家賃保証」を展開。
アピールポイント
・東証一部上場
・「日本サービス大賞」地方創生大臣賞受賞
・「ホワイト企業アワード」女性活躍部門・オフィス環境部門
・「働きがいのある会社」ベストカンパニー賞などを受賞
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
更新日: 2020/04/03 公開日: 2018/07/06
  1. TOP
  2. 積極買収・出資企業一覧
  3. グリットグループホールディングス株式会社
  1. TOP
  2. 積極買収・出資企業一覧
  3. グリットグループホールディングス株式会社
expand_less