お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

ITソフトウェア開発・設計受託事業(組込ソフトウェアを含む)や、IT系の人材紹介・派遣事業者を募集!

目的:開発リソースの獲得
  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国地方 / 四国 / 九州
株式会社ヴィッツ

株式会社ヴィッツ

  • 公開日:2021/10/13
  • 更新日:2021/10/13
  • 気になる:0

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●ITソフトウェア開発・設計受託事業(組込ソフトウェアを含む) ●IT系の人材紹介・派遣
実現したいこと
開発リソースの獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスを行った後、面談を通じて、当社とのシナジーや事業の成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
債務超過の場合は、対象外といたします。
買収・出資予算
3億円〜10億円
買収・出資期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

トレンドに先んじて研究開発を行い、優位性のある技術を確立しています トレンドに先んじて研究開発を行い、優位性のある技術を確立しています

「技術」と「社員」に責任を持つ技術志向の会社を作り、技術で社会に貢献したい。ヴィッツはそんな思いで1997年に設立されました。社長をはじめ技術者を中心とする技術者集団です。

2004年、自動車国際標準仕様RTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)の開発に成功したことで認知度を高め飛躍のきっかけを掴みました。その後も技術力を磨いて事業を拡大。2019年に東証マザーズに上場し、2020年7月には東証一部市場に市場変更を果たしました。現在展開している主な事業は以下の通りです。

●組込ソフトウェアの開発・設計
車載・AV家電・工作機械などの組込ソフトウェアの受託開発および設計を行っています。主な顧客は、国内外の自動車メーカー、自動車部品メーカー、産業機械メーカー、デジタル家電メーカー、建設機械メーカーなどです。またこれらの顧客企業向けにRTOSの開発・販売を実施。近年は自動車メーカー向けに、組込セキュリティ支援サービスや、自動運転技術支援サービスを提供しています。

●仮想空間シミュレータの開発・サービス提供
先進的な「開発方法論(エンジニアリング)」を活用し、自動運転や先進安全など自動車関連向けのシミュレーションおよびモデルベース開発技術の提案・開発・提供を行っています。また、デジタルコンシューマ機器向けの基盤技術提供も行っています。

●安全およびセキュリティコンサルティング・情報提供
電子制御機能でのリスクを低減する「機能安全」を実現するための調査・企画から、システムの開発・製造工程の支援、導入後の改善・定着支援まで、ワンストップでのコンサルティングサービスや情報提供を行っています。自動車・鉄道・産業機械・医療・ロボット・エネルギーなど幅広い業界での支援実績があります。

当社の強みは、他社参入が困難な技術課題を解決する、課題解決型ビジネスを展開していることにあります。例えば2010年、自動車業界内でもまだ理解が深まっていなかった機能安全規格「IEC 61508」に対応するソフトウェア開発プロセスの認証を、当社は国内で初めて取得しました。このほかにも自動運転AI、半導体開発、MaaS、DXなど、世の中のトレンドに先んじて研究開発を行い、優位性のある技術を確立し、顧客企業の課題解決に貢献しています。

また、公的研究事業(産官学連携)による研究成果を活用した新技術提供にも力を入れています。例えば現在は北海道北広島市とともに、経済産業省実施の実証実験「地域新 MaaS 創出推進事業」に取り組み、新しいモビリティサービスの社会実装に挑戦しています。

何を目指しているのか?

ヴィッツは、「Creating Life of Your Dreams “半歩先の技術で人々の生活を豊かに”」をスローガンに掲げ、先進的技術を研究・開発し、世の中の役に立つように実用化することを使命として活動しています。そして中長期事業戦略として、数年後までに売上を倍増、経常利益を5倍に拡大することを目指しています。

この目標を実現するための課題は、新技術習得や技術者育成です。これまで当社は、2019年の東証マザーズ上場以降、おおむね年間10%以上の成長率を継続してきました。今後も既存事業は同様の成長率を維持できると考えますが、それだけでは「売上倍増、経常利益5倍」の目標は達成できません。そこで、既存事業に関連する技術分野でのM&Aを実施し、事業成長を加速させたいと考えています。また、既存技術を活用したサービス事業を早急に立ち上げたいと考えています。

何を必要としているのか?

既存事業の成長を加速するためにエンジニア人材の確保が急務と考えており、そのために下記分野の事業者様のM&Aを検討しています。

M&Aに際しては、モノづくりに対する価値観を共有し、お互いに刺激し合って新しいものを生み出すことへの期待から、技術者が中心となって運営している企業との相性が良いと考えています。

●ITソフトウェア開発・設計受託事業(組込ソフトウェアを含む)
当社の得意領域である組込ソフトウェアはもちろん、組込以外のソフトウェアでも構いません。受託開発・設計を行っている事業者を仲間に迎えたいと思います。業務システム、Webシステム、デバイス表示系、ゲーム開発など、分野は問いません。
当社では、自動車、家電、産業機械などの多様な分野で事業を展開しており、新規事業としてスポーツやエンターテインメントとも関連するMaaSプラットフォームサービスを提供しています。どのような分野のソフトウェアであっても、当社の技術やサービスと連携させ、新たな展開が可能になると考えています。

●IT系の人材紹介・派遣
既存事業の規模拡大を加速させるため、SESを含み、多くのIT技術者を抱える人材サービス事業者との連携を検討しています。

なお地域は日本全国を対象にしていますが、愛知県、東京都に本社を置く企業であれば理想的です。

財務状況は、単年度は赤字でも構いませんが、債務超過でないことが条件です。当社と連携することにより利益体質が強化され黒字化する可能性のある企業を歓迎します。

何を提供できるのか?

業界優位性のある各種技術、シミュレーションツールなどの開発環境、大手メーカーを中心とする顧客基盤の共有、エンジニアリソースの提供、バックオフィス業務巻き取り、教育研修体制の充実など、貴社のニーズを伺いながら当社の経営リソースを提供します。東証一部上場企業であることの信用力も提供できるメリットの一つといえます。

また当社には、世の中の半歩先を行く技術にいち早く気付く「目利き」のメンバーが多数います。彼らが自ら動き、新たな技術を習得したりサービスを立ち上げたりする挑戦的な組織文化があります。このようなチャレンジ精神あふれる文化を、新しくグループインしていただく事業者様とも共有できればと思います。当社と事業者様が持っている技術を掛け合わせることで、イノベーションや新分野事業開発などのシナジーが期待できると考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

社会を作ろうという情熱を持って事業に取り組んでいます。この思いに共感していただける事業者様に、ぜひ仲間に加わっていただきたいと考えています。お互いの強みを活かしながら、半歩先の技術獲得と相互の企業発展を目指しましょう。