お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収
  • M&Aクラウドを積極利用中のトップ買い手企業群です。
    上位30%の利用度や人気度を誇る企業のみの称号で、さらにゴールド・シルバー・ブロンズの順で分類されます。

フォト・映像分野で市場を創出してきたアスカネット 新たな価値を一緒に作り出すパートナーを募集!

目的:新規事業の獲得
  • 買収予算:
    3億円〜10億円
  • 買収期間:最短3ヶ月
  • 募集エリア:北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 近畿 / 中国地方 / 四国 / 九州・沖縄
株式会社アスカネット

株式会社アスカネット

  • 公開日:2021/11/30
  • 更新日:2022/01/14
  • 気になる:4

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
既存3事業の強化と新規ビジネスに挑戦できる企業様との出会いを求めています。 ■フォトブック事業:ウェディングフォト・ベビー&子供写真 ■フューネラル事業:全国の葬儀会社・シニア ■空中ディスプレイ事業:3D・空中映像 領域全般 上記既存事業領域に限らず、特に3D・xR・AIなど最新の技術を用いて、あたらしい映像表現を一緒に創造できる企業様のご応募をお待ちしています。
実現したいこと
新規事業の獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。想定期間は約3ヶ月です。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただく可能性があります。
買収予算
3億円〜10億円
買収期間
最短3ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

写真や映像領域のパイオニアとして既存と新規事業をバランスよく展開、新たな事業に挑戦し続けます 写真や映像領域のパイオニアとして既存と新規事業をバランスよく展開、新たな事業に挑戦し続けます

アスカネットは、写真業界でいち早くIT技術を取り入れ、時代の流れと技術革新のスピードを的確に捉えながら、デジタル写真領域のパイオニアとして成長してきました。業界屈指の画像加工技術を磨き上げながら、前例や常識にとらわれない斬新なサービスや製品を生み出しています。

2005年には東証マザーズに上場。現在は特色が異なる以下3つの事業を展開します。
またユニークな技術を有するスタートアップ企業3社への投資実績があります。

●フォトブック事業
「1冊からの本格的写真集」をインターネットから受注し製作するサービス。従来の写真プリントを写真集に置き換える新しい写真文化を提唱。
約5,000社の写真館やスタジオ向けなどBtoB、一般コンシューマー向けに年間約40万冊(OEM除く)を提供。関連するソフトウェア開発も行っています。

●フューネラル事業
インターネットやクラウドを利用した、葬儀社向け遺影写真遠隔出力システムのパイオニアとして全国シェアNo.1の実績を誇ります。
全国の会館やホール等2,500カ所以上とネットワークで結び、年間約35万人の方の葬儀用写真を製作。
コロナを機にスマホで送る訃報・香典サービスの『tsunaguu(つなぐ)』、場所や時間を選ばず偲ぶことができる『inori(いのり)』など、葬儀葬祭市場向けにDXを活用した最新サービスを開発し提供しています。

●空中ディスプレイ事業
「ASKA3Dプレート」は、ガラスや樹脂などで出来た特殊なパネルを通過させることで、実像の反対側の等距離の空中に実像を結像させることに成功した特別なプレートです。従来のホログラムやインテグラルフォトグラフィーなどとは異なる新しい空中結像技術で、すでに特許も取得しています。2020年には量産技術の内製化に向けて、生産設備を整えた技術開発センターを設立しています。
この「ASKA3Dプレート」を活用することで、次世代のサイネージやセンサーとの誘導で非接触操作市場の創出を目指しています。

何を目指しているのか?

ニッチでも収益性が高い「フォトブック事業」、市場が大きく成長がまだまだ見込める「フューネラル事業」、先行投資段階ではあるものの、新市場の創造に夢がある「空中ディスプレイ事業」と、ポジショニングが異なるユニークな3事業を展開していることが私たちの大きな強みです。
これらの強みを活かし今後も感性に訴えかける製品やサービスを開発し、世の中に送り出すことで、新たなイノベーションを起こし成長を続けていきます。

【成長戦略】
・既存事業の安定成長と新規事業のチャレンジをバランスよく実現
・自らの技術や基盤と外部の技術やノウハウを融合して新しい事業やサービスを創造
・自社にないビジネスアイデアや人材を有するスタートアップ投資などによる成長機会を創出

何を必要としているのか?

取締役  戦略企画部長  村上 大吉朗 取締役 戦略企画部長 村上 大吉朗

既存3事業の強化と新規事業創出のため、以下の領域でシナジーが期待できる企業様を求めています。

●フォトブック事業領域
・F1層(20~34歳の女性)をターゲットに、結婚、出産、育児等のライフイベントに紐付くサービスを行っている企業
・F1層を会員に抱えるサービス、メディア、アプリ等を運営している企業
・ブライダル企業へサービス展開を検討している企業
・特定エリアに強みを持っている企業(例えば、沖縄で人気のチャペルを手掛けている企業 等)

●フューネラル事業領域
・シニア関連ビジネスを行っている企業
 シニア向けヘルスケア事業、終活サービス、高齢者施施設向けサービス、その他葬儀市場にサービス
 を提供している企業全般

●空中ディスプレイ事業領域
・3DCGの映像製作を行っている企業
・映像、画像を現実の世界に打ち出すサービスをもっている企業

※システム開発の内製化を検討しており、開発リソース獲得のため以下の企業様も募集しています。
・Webサービス、システムを構築している企業

何を提供できるのか?

●パイオニア企業としての信頼と顧客基盤
全国の葬儀場約2,500社、結婚式場、写真館約5,000社の顧客基盤を最大限活用していただくことが可能です。

●営業力
上記顧客基盤を活かした営業支援ができます。全国のフィールドセールス、サービスエンジニア網もご活用いただけます。

●上場支援、内部統制構築のアドバイス
2005年に上場を経験したメンバーが多く在籍しており、上場準備の支援を行うことができます。また内部管理統制の構築に関するアドバイスも可能です。

●オフィスの共有
広島本社、東京支社の共有が可能です。また、バックオフィス分野の業務は全面的にサポートできます。

●独自特許によるASKA3Dプレートなど世界に類をみない空中結像に関する技術力

起業家・経営者に向けてひとこと

私たちアスカネットは2005年にマザーズ上場し、その後も順調に成長し、“遺影写真の遠隔加工”や“個人向け写真集制作”、そして“空中ディスプレイ”といった新しいサービス・製品を創り出し育ててきました。一方で、世の中のニーズやテクノロジーはすさまじいスピードで多様化しており、既存の知見や人材だけでは新しい価値を生み出しにくくなっているという危機感を持っています。

異なる文化や経験を持つ方々と密接に連携して事業を行うことにより、人材・テクノロジーの多様化を進め、これから必要とされる新たな価値の創出をよりスピードアップさせたいと考えています。

買収・統合シーンにおいてはお互いを尊重し、対等な立場で相互に高め合うことを重視いたします。ニューノーマルな時代において会社運営や働き方も大きく変わっています。都市圏・地方に関わらず企業価値を高め合える企業様とご一緒できることを楽しみにしています!