close
close
menu
お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

大手IT企業によるM&A加速に飲み込まれないよう、企業マインドを残すための仕組みを提供します

  • 買収予算:3億円〜10億円
  • 買収期間:未設定
  • 募集エリア:未設定
Tech Fun株式会社

Tech Fun株式会社

  • 公開日:2019/02/13
  • 更新日:2021/09/03
  • 気になる:14

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの方針

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

M&Aの戦略

何をやっているのか?

当社の主力事業のご紹介です。 ・ITソリューションサービス AWS, GCPなどのクラウドに関する総合支援サービスを中心に、インフラからアプリに至るまで、クライアントの高度な要望に応えています。また、暗号化技術やビッグデータ解析および機械学習などのAIの研究開発、データ基盤構築など、高度な技術力でエンドユーザから継続的な直接受注を実現しています。 ・IT教育サービス事業 未経験者や新人(新卒)向けのJava研修、AWS/Linux研修などを提供してきており、1,500名以上の卒業者を輩出しています。 ・自社サービス 機械学習を活用したHR Tech系サービス、Google Driveを活用したコミュニケーションツールなどの自社サービスのPoCを推進しており、2021年内にはリリースする予定です。 一方、海外展開にも力を入れており、2013年にはミャンマーに現地法人を設立。コスト競争力の高いシステム開発拠点のみならず、優秀な人材を確保する拠点として確立してきました。現在においては、ローカルの大手企業からの直接受注にもこぎつけ、ミャンマーならではの展開も実現しています。 ゆくゆくは、日本、ミャンマーに限らず、各国とボーダレスでチームビルディングできるようなチーム型組織を目指しています。

何を目指しているのか?

ITソリューションサービスで財務基盤、リソース基盤、技術基盤を築き、海外マーケット開拓および自社サービスの拡充を図っていきます。 自社サービスの拡充に強い意欲を持っているのは、社名にある「Fun」がその先のゴールだと思っているからです。すなわち、自社サービスを通じて、もっと世の中を面白く、もっとお客様を豊かに、そしてもっと自らも楽しくしていきたい、と考えているため、日々高度な技術を研鑽しつつ、技術を「わくわく」に転換していくことを目指しているのです。 この実現に向けて、直近では以下の施策を遂行していきます。 ●自走チーム型組織編成 組織改革により旧来のヒエラルキー型組織を捨て、2019年度より、プロジェクトチーム単位で売上や原価、収益を管理できるようにし、自ら課題を発見・修正しつつ、自走するチーム型組織を導入しました。 ●注力技術 AWSやGCPを活用したクラウド基盤構築を全面に押し出していきます。得意データ基盤システム構築はインフラ・アプリ問わず多くの実績があり、ここを更なる強みにしていきます。 ●プリセールス体制強化 当社がこの規模で多くのエンドユーザ企業から直接案件を請負うことができているのは、提案型のプリセールス部隊を有しているからです。顧客が考えていることを提案するのは当たり前、それプラスアルファを提案するために、創意工夫を重ねています。 ●デザイン経営 こちらは、2019年度から推進していく予定です。当社が提供するサービスのUI/UXに趣向を凝らしていきます。またそのような発想が生まれやすくなるよう、オフィス空間の美化やエンタメ性も注入していきます。

何を必要としているのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

何を提供できるのか?

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます

起業家・経営者に向けてひとこと

会員登録、もしくはログインすることで見ることができます