超高齢社会のヘルスケアIT。介護・医療・子育て分野のICTサービス関連事業・技術との連携強化します

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社カナミックネットワーク

株式会社カナミックネットワーク

  • 公開日:2019/03/07
  • 更新日:2019/03/07
  • 気になる:31

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
介護・医療・子育て関連のパッケージ、システム開発会社 ケアプラン作成支援などで協業できるAI技術を持つ会社 ヘルスケアIT関連サービス運営会社 介護関係のシェアリングサービス運営会社 Web広告制作・配信会社 各種決済、仮想通貨などのフィンテックサービス運営会社 医療・介護事業者 フィットネスジム、ヨガスタジオ運営会社 デザイン会社 ITシステム開発会社
買収スケジュール
まず当社の関係部門で、事業内容等、一定の基準でフィルタリングさせていただきます。 その後、開示資料の精査、ヒアリング、トップ面談等を通して、当社事業とのシナジーによる事業成長可能性、ビジョンや価値観の親和性を判断させていただいたうえで、デューディリジェンスを経て株式や事業の譲渡に向けた契約交渉を進めさせていただきます。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない事業は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
ロックアップ
交渉次第
その他M&Aの方針
マイノリティ出資も検討します。また、IPOを目指す事業者様も歓迎します。お気軽にお問い合わせください。

M&Aの戦略

何をやっているのか?

当社は、超高齢社会における「多世代包括ケア」を掲げ、地域の医療・介護・子育て関連情報を介護事業者や医療関係者、行政、利用者など関係者間で共有し、利活用できるICTプラットフォームをクラウド上で提供しています。2000年に創業し、2016年東証マザーズ上場を経て、2018年には東証一部に上場変更するなど、急成長を遂げてきました。東証一部上場は、介護ソフトを主たる事業とするIT企業では、日本初の快挙です。

介護現場においては、ケアプランの作成、日々の介護内容の記録、スタッフのシフト管理、介護保険請求情報のとりまとめなど、ドキュメントの作成・共有・提出・管理のために、膨大な手間とコストが費やされています。当社が介護事業者を対象に提供している介護業務システムは、これらの情報入力・管理業務を大幅に効率化。これまでに約2万2000事業所に導入され、付帯業務時間の削減とペーパーレス化に貢献しています。給与計算や債権管理、経営分析への活用も可能です。

さらに、上記の介護業務システムを地域全体で共有し、自治体や地域の中核病院、医師会なども含めて活用できるシステムも運営しており、こちらも約800近い地域で導入されています。介護業務システムに入力された介護および訪問看護の記録に加えてお薬手帳などの情報が患者ごとにまとめられ、関係者間のコミュニケーション機能も備えているため、主治医、担当看護師、ケアマネジャー、栄養士、ヘルパーなどがスムーズに連携して、患者さんをケアできる環境づくりに貢献しています。

一方、子育て支援アプリは3年ほど前からスタートし、自治体と保護者間の情報発信・相談をサポートするシステムを提供してきました。電子母子手帳機能、予防接種やイベント等の情報配信機能、子育て相談機能などを核に、ママ友ネットワークのSNS機能なども備えています。

提供システム上では、医薬品や医療機器、福祉用具、介護施設用建材、高齢者・幼児向けの衣料品や食品などの広告配信も行っています。これまでにクラウドサービスの事業基盤が整ってきたことを受け、広告事業は今後、展開を加速していきます。

何を目指しているのか?

介護業界は小規模事業者が多いため、介護システム事業者にとっては、利用者拡大のために地道な営業活動が必要となる上、数年ごとの法改正を受けた環境の変化への対応も求められます。こうした中、これまで介護システム事業に参入した事業者の多くが事業基盤の構築に苦戦し、撤退を余儀なくされてきました。2025年には団塊の世代が75歳を迎え、医療介護分野の社会保障給付費は、2012年の43.5兆円から73.8兆円程度までふくらむことが見込まれています。当社は介護システム業界をリードする存在として、事業を継続・拡大していくことに大きな社会的責任を感じています。

介護業界では、今でも事務を手作業に頼っている事業所が少なくないのが実情です。システムを導入する事業所も増えていますが、事業所ごと、法人ごとに閉じたシステムが大半のため、法人をまたいだ情報共有にはつながらず、ヘルパーや看護師などのユーザーは、新しいシステムに触れるたびに使い方に慣れなくてはなりません。こうした現状を踏まえ、私たちは当社システムをコンビニエンスストアにおけるPOSレジのような業務標準化へと育てていくことを目指しています。

対象エリアは国内に留まりません。私たちは当社の介護システムをいずれ海外にも展開し、高齢化先進国である日本のノウハウを世界に発信したいと考えています。
その第一歩として、2018年には中国の大連に子会社を設立いたしました。
また、2017年の法改正を受け、政府は外国人の介護職希望者について在留資格の規制を緩和する方針を打ち出しており、今後介護業界における外国人スタッフの割合はますます増えていくでしょう。当社のシステムは、すでに英語、中国語、ベトナム語、ビルマ語(ミャンマー)に対応しており、国内の現場で活躍する外国人スタッフもスムーズに活用できる環境を整えています。当社システムを使い慣れた外国人人材が増えていくことにより、将来的にはシステムとそのオペレーションに長けた人材をセットで供給していける体制づくりにもつながります。

業界標準化を見据え、現在、注力しているのが周辺ビジネス・テクノロジーとの連携です。たとえば、多職種連携を促進するテレビ会議システムの導入、ケアプラン作成を一層効率化するためのAI活用、要介護者の異変を速やかに察知し、遠隔医療につなげるための見守りシステムやウェアラブル機器といったIoTとの連携などを通じ、在宅医療・介護に関わる人をより強力にサポートできるシステムへと進化させ、業界において不可欠なプラットフォームに育てるとともに、広告収入の拡大にもつなげていきます。加えて、今後、地域で介護用品や介護車両、スタッフを共有するシェアリングサービス、事業者間の決済をスムーズにするFintech関連サービスとも柔軟に連携していくことにより、プラットフォームとしての価値を高めていけると考えています。

何を必要としているのか?

M&Aの検討対象として、第一に挙げられるのは、同業の医療介護・子育て関連のシステム開発会社です。業界標準のシステム構築に向け、利用者リストを含む互いのリソースを共有し、質・量ともにサービスの拡充につなげていきたいと考えます。

周辺ビジネス・テクノロジーに関しては、ケアプラン作成支援などで協業できるAI技術を持つ会社、食事や運動など健康管理関連のヘルスケアITサービスを運営する会社、決済サービスなどのフィンテック事業者、介護関係のシェアリングサービス運営会社など、広範な領域で検討が可能です。また、Web広告事業者とも、互いのノウハウ・リソースを共有することで、双方にとってメリットの大きい関係を築けると考えています。

何を提供できるのか?

医療・介護・福祉領域を対象としたプロダクトやサービスを持ち、市場拡大を目指している事業者様にとっては、当社がこれまでに築いてきた介護事業者や自治体、医師会などとのパイプを活用いただくことで、事業展開の大幅な加速につなげていただけると考えます。特に自治体の事業に参画するには入札が必須であり、まだあまり知名度のない新規事業者などにとってはチャンスが限られがちなことから、東証一部上場企業である当社と組むことで得られるメリットは大きいといえるでしょう。また、地域の医療介護業界を動かすには、医師会のキーパーソンとの関係づくりが重要ですが、この点においても当社は豊富な経験を有しています。

AI関連の研究開発事業者様には、介護現場で収集された、利用者の健康状態と日常生活の状況、提供された医療・介護サービスの内容などの関連データを弊社ユーザーの介護事業者と組むことで大量に提供できます。このような詳細で信頼性の高いデータを“教師データ”として活用することで、AIの情報解析精度をスピーディーに高めていただけると考えます。

広告事業に関しては、当社サービスは、全国の医療・介護・福祉事業者および患者向けに特化したメディアの一つ。たとえば製薬会社や「転んでも骨折しにくい床素材」や「匂いを吸着しにくい壁」なといった介護施設に適した建材、介護食や離乳食、要介護者でも参加できる旅行商品などをターゲット層にダイレクトに訴求できるチャネルです。Web広告において、いまだブルーオーシャンであるこの領域でWebマーケティングのプロと組むことができれば、当社メディアの潜在力を共に引き出していけると考えています。

起業家・経営者に向けてひとこと

他国に類を見ない少子高齢化が進む日本において、医療介護は今後、確実にニーズが拡大し、かつ人手不足が深刻化する市場です。この市場において、当社は情報とテクノロジーを結集して発展させていけるサービス基盤をすでに確立しており、産官の多くの関係者からの信頼を得ています。大きな可能性が広がっていると同時に大きな社会的責任を伴うこのビジネスで、私たちのパートナーとして、共に未来のサービス構築に挑んでくださる事業者様と出会えることを願っています。