search

【テレビCM制作市場シェアNo.1】
動画で事業拡大を目指す企業を募集!
(イベント、PR会社など)

AOI TYO Holdings株式会社のアイキャッチ画像
AOI TYO Holdings株式会社 http://aoityo.com/ja/index.html 無料電話相談:03-6431-8460

企業の特徴

事業概要 主力のテレビCMの企画制作では業界シェアNo.1。近年はWeb動画やイベント、PRなどを組み合わせたソリューション事業においても存在感を高めています。
アピールポイント 年間2,000本以上のテレビCM企画制作で培ったブランディング動画のノウハウには自信があります。貴社の得意分野との掛け合わせにより、拡大するオンライン動画マーケットにおいてもNo.1を目指します。

M&Aの方針

買収対象業種 広告 / デザイン / Web制作
買収対象レンジ 1億円〜10億円 / 10億円〜
買収対象領域
買収除外対象
買収フロー
ロックアップ
役員派遣
役員登用
社名、オフィスの統合

何をやっているのか?

AOI TYOグループは、2017年1月、共にCM制作で長い歴史を持つ株式会社AOI Pro.と株式会社ティー・ワイ・オーの経営統合により誕生し、CM制作市場シェアNo.1のグループとなりました。

【事業内容】
■ 動画広告事業
テレビCM、オンライン動画などの広告映像の企画制作
■ 広告関連事業
映画やドラマ、イベントの企画制作及びデジタルコンテンツ、販促物、ミュージックビデオの制作
■ ソリューション事業
顧客の問題解決の為の施策提供(広告主直接取引、動画コンテンツマーケティング等)
■ 海外事業
中国及び東南アジアにおける日系及び現地企業向けの広告/映像制作

【制作実績(一例)】
CM制作実績は、KDDI「au 三太郎」シリーズ、JR東海「そうだ 京都、行こう。」シリーズなど年間2,000本以上に上り、毎年各種のアワードで受賞するなど、独自ノウハウをつぎ込んだ数々の作品で高い評価を得ています。
CM以外では、2018年にカンヌ国際映画祭の最高賞「パルムドール」を受賞し、2019年に日本アカデミー賞で最優秀作品賞をはじめ最多8冠を獲得した映画「万引き家族」も当社グループの出資・制作作品です。

何を目指しているのか?

何を必要としているのか?

何を提供できるのか?

売り手に向けて一言

AOI TYO Holdings株式会社のM&A実績

株式会社ジゴワット

2019年3月、グループ会社株式会社ゼオは、株式会社ジゴワットの株式を71%取得し、連結子会社化。

ジゴワットは、大阪を拠点として、企業展示ブースやオフィス・ショールームのデザインを手掛けるサービスを主に提供しており、BtoBマーケティングや企業・製品のブランディングなどを含めた広告プロモーションまでをトータルでサポート。

RESERVE TANK SDN. BHD.

2018年3月、グループ会社AOI Pro. ASIA PTE. LTD.は、アジア地域における事業のさらなる強化のため、Reserve Tank社の株式を51%取得。

Reserve Tankは、マレーシア大手テレビCM制作会社・DIRECTORS THINK TANK SDN. BHD.、THE TANKERS SDN. BHD.、DIRECTORS THINK TANK PTE. LTD.の親会社。DTT社は、マレーシアにおいて五指に入る規模の映像プロダクションであり、インドネシアや中国など近隣諸国でも事業を展開。

VF INVESTMENT JOINT STOCK COMPANY

2017年10月、グループ会社AOI Pro. ASIA PTE. LTD.は、アジア地域における事業のさらなる強化のため、VF INVESTMENT JOINT STOCK COMPANYの株式を36%取得。

VF INVESTMENT は、傘下にベトナムの大手 TVCM 制作会社、VIEWFINDER MEDIA JOINT STOCK COMPANYを収める持株会社で、ベトナムにおいて業界 1 位の売上を誇り、その規模と経験からベトナム国内のクライアント・広告会社からの信頼も厚い映像プロダクション。

株式会社ペッププランニング

2017年9月、グループ会社株式会社ゼオは、株式会社ペッププランニングの発行済全株式を取得し、完全子会社化。

ペッププランニングは、2002年から例年開催している「ALOHA YOKOHAMA」「お台場ハワイフェスティバル」をはじめ、BtoCの大規模なイベントの企画制作、実施運営、主催などを実施

株式会社ケー・アンド・エル

2015年8月、グループ会社株式会社ティー・ワイ・オーは、株式会社ケー・アンド・エルが実施する第三者割当増資を引き受け、連結子会社化。(取得比率68%←現在は100%)

ケー・アンド・エルは、グラフィック領域を中心として大手広告主等の案件を長きにわたり手掛けてきた実績のあるクリエイティブ・エージェンシーであり、多くの日本企業に先駆けて、中国やインド等アジア地域をはじめとした海外へ事業進出。

AOI TYO Holdings株式会社の投資実績

タグピク株式会社

2018年7月、株式会社AOI Pro.はアジア最大級のインフルエンサー・マーケティング企業であるタグピク株式会社と資本業務提携契約を締結。

タグピクは、インフルエンサーを活用するインスタグラムPRに特化した国内初のインフルエンサー・マーケティング企業で、同社が保有する国内外のインフルエンサーのネットワーク数は2018年11月時点で4,500名を突破し、約8.5億人のフォロワーにリーチすることが可能な「アジア最大規模のインフルエンサー・プラットフォーム」として注目され、数多くの大手企業のブランドPR実績を持つ。
本資本業務提携により、今後のクライアントのブランディング戦略において、「動画」×「インフルエンサー・マーケティング」を活用した新たな価値の提供を図る。

Ad Hack Ventures(ファンド)

2017年7月、株式会社ティー・ワイ・オーは株式会社フィールドマネージメントと共同で、広告ニーズのあるベンチャー企業向けに投資を実施する「Ad Hack Ventures(アドハックベンチャーズ)」ファンドを設立。

2018年6月までに当ファンドを通じて以下4社へ出資を実施
・株式会社ログバー(世界初のウェアラブル音声翻訳デバイス「ili」開発)
・株式会社エブリー(日本最大級レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」等運営)
・株式会社サマリー(収納サービス「サマリーポケット」提供)
・株式会社パネイル(AIとビッグデータを活用した電力流通クラウドプラットフォーム「パネイルクラウド」提供)

企業情報

設立年度 2017年(AOI Pro. 1963年 / ティー・ワイ・オー 1982年)
代表者名 代表取締役会長 CEO 吉田 博昭、代表取締役社長 COO 中江 康人
従業員数 1,657人(2018年12月31日時点)
売上高 64,792百万円(2018年12月期連結)
資本金 50億円
エリア 東京都
本社所在地 東京都品川区大崎1-5-1 大崎センタービル5階
事業内容 主力のテレビCMの企画制作をはじめ、広告主直接取引やオンライン動画などのデジタルコンテンツを軸としたソリューション事業を展開

※AOI TYO Holdingsは上記の事業を手掛けるAOI Pro.とティー・ワイ・オーの経営統合により2017年1月に設立された共同持株会社です。
※今回のM&Aでは売り手企業様の業種や規模に応じ、AOI Pro./ティー・ワイ・オー(またはその子会社)の子会社としてのグループ入りも含め幅広く検討しております。
会社の特徴 上場 / 買収実績3件以上 / 直近3年以内の買収実績 / 海外展開
URL http://aoityo.com/ja/index.html
具体的に売却を進めたい方にオススメ
買い手企業に
売却を打診
売却を検討中の方にオススメ
M&Aクラウドに
無料相談
売却の打診には会員登録が必要です。登録済の方はログインしてください。
無料相談では、売却見積を行うことで、あなたの会社がどれぐらいの金額で売却可能なのか、どんな会社が買ってくれそうなのか、の2点を知ることができます。秘密保持契約書をこちらから差し入れますので、ご安心下さい。
※既にアカウントをお持ちの方はログインすると登録情報を使って入力情報を省略できます。

類似の買い手企業

専門家を活用した各種サービスと連携し、イノベーションプラットフォームを生み出すパートナー募集!

株式会社オールアバウト

事業概要
日本最大級の総合情報サイト「All About」、日本最大級のサンプルモール「サンプル百貨店」、SNS 配信型ウェブメディア「Citrus」など、各種メディア・サービスを運営しています。
アピールポイント
国内屈指の専門家サイトの運営、インターネット広告事業、サンプルモール事業などで培ってきたコンテンツマーケティングのノウハウと個人・法人に対するリーチ力を武器に、貴社のビジネスをさらに発展させましょう!
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

分野にとらわれず、新サービスを次々と生み出すWEBサービス開発集団の仲間になりませんか?

株式会社PR TIMES

事業概要
メイン事業であるプレスリリースの配信サービスや、国内の主要メディアを中心に多種多様なWebメディアを網羅したWebクリッピングサービス「Webクリッピング」など、Webサービスを多数展開中。
アピールポイント
・『行動者発の情報が人の心を揺さぶる時代へ』というミッションの実現のため、PR分野にこだわらない柔軟な新サービスを次々と創造
・2020年度営業利益10億円達成に向け、積極的なM&Aを実施中
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

自社が保有する国内最大規模のアドネットワークを活用して伸ばしていける事業を募集中

株式会社アイモバイル

事業概要
DSPやアフィリエイトなどのインターネット広告事業を通じて、BtoBおよびBtoC双方の領域でマーケティング事業を展開。
アピールポイント
・広告配信に係る全てのシステムを自社開発で提供
・国内最大規模のアドネットワークを保有
募集している業種
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜

アニメ、音楽、グッズなどゲームと親和性の高いジャンルを扱うメディア・コンテンツ事業の買収を検討

株式会社エディア

事業概要
スマートフォン専門コンテンツプロバイダーとして、ゲームやライフエンターテインメントをはじめ幅広いジャンルやマーケットに向けてサービスを提供。
アピールポイント
・熱烈なファン層が存在するオタク市場に特化し、強力な集客力を獲得
・技術難易度の高い位置情報システムやナビゲーションシステムなど、モバイルコンテンツやゲームに関する高い技術開発力を社内保有
募集している規模
〜1億円
1億円〜10億円
10億円〜
expand_less
  1. TOP
  2. 積極買収企業一覧
  3. AOI TYO Holdings株式会社