お気に入りに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を登録している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
  • 会社・事業買収

老舗の業務用総合食品卸会社が食品メーカー、食品加工メーカー、スーパーなど食品関連事業を幅広く募集中!

目的:新規事業の獲得
  • 買収予算:
    〜5,000万円5,000万円~1億円
  • 買収期間:最短2ヶ月
  • 募集エリア:中部
株式会社丸昇

株式会社丸昇

  • 公開日:2022/01/13
  • 更新日:2022/01/13
  • 気になる:0

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
【対象領域】 食品卸売事業の周辺事業を広く求めています。 例:食品メーカー、食品加工メーカー、スーパー、青果店、惣菜店、弁当店、農園、物流会社等
実現したいこと
新規事業の獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、当社とのシナジーや事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただく可能性があります。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円
買収期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 中部
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

業務用総合食品の卸売問屋として、世界の珍しい野菜をはじめ幅広い食材・食品を取り扱っています。 業務用総合食品の卸売問屋として、世界の珍しい野菜をはじめ幅広い食材・食品を取り扱っています。

当社は業務用総合食品の卸売問屋として、世界の珍しい野菜をはじめ幅広い食材・食品を取り扱っています。長野県全域を網羅する大規模な物流網、カット野菜専門工場を有しており、取引先は外食業を中心に、ホテル・旅館、ファストフード店、ケーキ店、結婚式場、惣菜メーカー、病院、老健施設、社員食堂と多岐に渡ります。

2020年には、カット野菜の取り扱いもスタート。食品衛生規格であるJFS‐B規格を取得した自社のカット野菜専門工場で主にコンビニのベンダー様から高い評価を得ています。現在、下記の3つのグループ会社と連携し、事業を展開しています。

●株式会社ストリームライン
各車両の温度帯を事務所で一括管理し、食品衛生法に準じた納品ガイドラインによる配送を行っています。

●株式会社ベジサコ
病院、老健施設などの給食向けを専門に、青果物の仕分け作業を行っています。

●株式会社サイドディッシュ
食品衛生規格であるJFS‐B規格を取得した自社専門工場で、安心、安全なカット野菜を365日製造しています。

何を目指しているのか?

2024年1月期に売上25億円を達成するため、2020年に物流部門と仕分け部門を子会社化(株式会社ストリームライン、株式会社ベジサコの設立)し、カット野菜工場である株式会社サイドディッシュを新たに立ち上げました。

グループ内のこれらの資源を有効に活用し、新しい事業展開を模索しながら拡大を目指しています。具体的には以下を計画しています。

【事業戦略】
●M&Aなどを活用した、商圏の拡大、新規顧客の獲得
●M&Aなどを活用した、内食・中食領域やBtoC領域等、新しい事業領域への参入

何を必要としているのか?

代表取締役社長・中島 康喜 代表取締役社長・中島 康喜

内食・中食領域、BtoC領域において、長野県全域を網羅する大規模な物流網を活用し、新たな事業を共に進めるパートナーを募集しています。

【対象領域】
食品卸売事業の周辺事業を広く求めています。
例:食品メーカー、食品加工メーカー、スーパー、青果店、惣菜店、弁当店、農園、物流会社等

【対象地域】
長野県全域 
※隣接県もご相談ください。前向きに検討いたします。

何を提供できるのか?

●物流機能、青果の仕分け機能、カット野菜工場の共有・活用
3つのグループ会社のアセットを含め、各機能を共有・活用いただけます。特にコストが高く、専門性が求められる食品物流の機能を共有できる点は大きな魅力であると考えます。

●顧客基盤
600件の既存の取引先を有効に活用いただくことが可能です。

●商品力
幅広い食材・食品を取り扱い、安値・安定価格で提供が可能です。青果の調達ルートが豊富で、世界の珍しい野菜・果実なども取り扱っています。

●バックオフィス
調達業務、バックオフィス業務全般はすべて当社で引き受けることも可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

長野県内でネームバリューがある当社では、内食・中食領域、BtoC領域における新たな事業への参入を模索しています。ぜひ、良きパートナーと出会い、新たな事業にチャレンジできたらと思います。

コロナ禍においても、「いかに強い組織に進化するか」を常に考え、「組織の力」が最大限発揮できるよう新たな挑戦も続けています。長野県内で事業を展開されている皆さまからのご連絡をお待ちしております!