開発リソースの不足を解消し新たな事業展開のため、システム・アプリ開発の技術者が在籍する企業を募集中!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社アビックシステム

株式会社アビックシステム

  • 公開日:2022/03/22
  • 更新日:2022/03/22
  • 気になる:0

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●システム・アプリ開発のエンジニアが在籍する企業 受託開発を行う企業をはじめ、技術者派遣を行う企業、自社サービス・プロダクトを提供する企業などを想定しています。 ●我々に不足している領域に強みを持った企業 IT関連の事業はもちろん、全く異なる領域にも関心があります。M&Aによって面白いサービスやプロダクトが生まれそうであれば、いろいろな角度から前向きに検討いたします。
実現したいこと
新規事業の獲得
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、当社とのシナジーや事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。 面談には代表の佐々木が必ず参加いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただく可能性があります。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円
契約締結までの期間
最短3ヶ月
募集エリア
  • 関東
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

最近ではXR(クロスリアリティ)技術を用いた新製品の開発にも挑戦しています 最近ではXR(クロスリアリティ)技術を用いた新製品の開発にも挑戦しています

アビックシステムは、大手優良企業を中心にシステム開発、IT基盤ソリューション、データコンサルティング、ビジネスソリューションなどを手掛けています。

当社の特徴として挙げられるのは、大手を中心に様々な業種の企業とつながりがあることです。どのような業態であっても、「お客様の経営課題を解決すること」を第一に掲げてサービスを提供しています。

また、最近ではXR(クロスリアリティ)技術を用いた新製品の開発にも挑戦しています。この新規事業は、ひとりの社員のアイデアから生まれたものです。クライアントだけでなく、社員の「挑戦してみたい」という思いも大切にしています。

https://www.vrgolfrange.abcs.co.jp/

【主な事業内容】
●システム開発、IT基盤ソリューション
お客様のニーズにあわせて、様々な業務システムの開発を担当しています。大規模システムの基盤構築など、状況に応じて適切な支援を行います。

●データコンサルティング、ビジネスソリューション
お客様情報に関連する業務コンサルティングやデータマイニングなどを行っています。また戦略プランをもとに、最適なソリューションを提案しています。

●VRゴルフレンジ(新規事業)
現在、室内用ゴルフ練習システムを開発中です。VRゴーグルと室内練習用ゴルフクラブを使い、​VR内のゴルフ練習場にてスイングの確認や飛距離や球筋などを確認できます。
また、最近ではドローンを使ったフォトグラメトリ技術に取り組み、VR上にゴルフ場を再現させることに挑戦しています。

何を目指しているのか?

アビックシステムが大事にしているのは「社員のやりたいことが実現できる場」であることです。社員一人ひとりが目的をもって能動的に仕事に取り組むことで、経営力の強化にもつながると考えています。

そのためにも、新規事業の開発や既存事業の拡充を中心に、社員とともにさらなる成長を目指していきます。

●新たなプロダクトの開発
今後、ますます仮想空間におけるビジネスは加速するでしょう。当社としては、まず開発中の『VRゴルフレンジ』を形にすることで、別のプロダクトにも転換させていこうと考えています。本開発のノウハウを、他の領域にも応用・展開していきます。

●既存事業の強化
クラウドやSaaSビジネスが台頭し、AIやXRといった新たな技術の需要が高まっています。そのなかで、「ITのプロフェッショナル」として課題に応じた解決策を探求し続けることが重要です。既存技術にとらわれず、時代の変化やニーズにあわせたソリューションを提供できるよう現在の体制を強化することが課題となります。

●経営者の育成
当社では「社長になりたい」という夢を持った社員のために、社内の独立支援制度を設けています。実際に分社化してのれん分けをした実績もあり、アビックシステムが人的支援・資金支援・営業譲渡・バックオフィス支援を行い、起業家が本業に専念できる環境を提供しました。独立会社とは資本関係は存在せず、対等な立場だからこそ関係性が強固になっていくと考えています。

何を必要としているのか?

代表取締役・佐々木 和洋 代表取締役・佐々木 和洋

新規事業と既存事業の両面から、さらに提供できる価値を高められるように下記のような企業のM&Aを検討しています。

●システム・アプリ開発のエンジニアが在籍する企業
現在、クライアントからの要望に対してリソースが不足している状況です。そこで、さらなる領域拡大に向けて人員増強を考えています。

●我々に不足している領域に強みを持った企業
我々に不足している領域に強みを持った会社がジョインすることで、より総合的なサービスが提供できると考えています。

たとえば、これまでは大手優良企業をターゲットにB to B事業を行ってきたため、一般向けのサービスを展開した経験はほとんどありません。そのためにモバイルアプリやデバイスなど、これから伸びてきそうな領域を扱う企業を必要としています。

IT関連の事業はもちろん、全く異なる領域にも関心があります。M&Aによって面白いサービスやプロダクトが生まれそうであれば、いろいろな角度から前向きに検討いたします。

当社では、特定の業界・業種に限らず、様々なクライアントの支援を行っているため、求められる技術要素は多様です。

・BI製品・サービスの豊富な導入実績と高度な技術力を持っている
・業務ノウハウを駆使したソリューションのご提案、提供ができる
・主要顧客のIT促進やシステム更改などの対応支援が可能である

これらのスキルを持ち、新規顧客の開拓や技術開発に対して共に推進できる仲間を募集中です。受託開発を行う企業をはじめ、技術者派遣を行う企業、自社サービス・プロダクトを提供する企業などを想定しています。

何を提供できるのか?

●大手企業を中心とした顧客基盤
大手上場企業と直接契約しているので豊富な顧客基盤を活用できます。

●実績と信頼に基づいた営業力
当社には営業を担当する専門部署が存在しません。プロジェクトを指揮するマネージャーが主体的に動くため、クライアントがリピーターとなって受注範囲を拡大できたほか、別の企業を紹介いただくケースもあるからです。実績と信頼関係によって案件を獲得しているため、優良案件へとつなげることができます。

●バックオフィス業務の巻き取り
経理や総務といったバックオフィス業務にも精通した組織があります。ノウハウ提供はもちろん、バックオフィス業務を丸ごと巻き取ることも可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

社員のやりたいことを実現するために全員で協力する風土があります。同じように、社員の思いを尊重したい理念を持っていたり、主体的に取り組む社風であったりするなど、当社とマッチしそうな企業であれば双方にとって良い影響が生まれるはずです。

現在、設立20周年を迎え、事業も着実に拡大しています。当社のノウハウや経験を持って力になります。

「優れた技術力やサービスがありながらも、課題を抱えている」「エンジニアのリソースがあっても、うまく活用しきれていない」「会社としてどのようなビジョンを描けば良いのかわからない」など、悩みを抱えている企業とはぜひ一度お話ししたいです。ざっくばらんにお話しながら、お互いの目標を語り合いましょう。