多彩なブランドを展開するレストランチェーンです。さらなる成長に向け、専門店と地方の有力企業を募集中!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社オーイズミフーズ

株式会社オーイズミフーズ

  • 公開日:2019/05/30
  • 更新日:2021/04/09
  • 気になる:23

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
・専門業態(ハンバーガー、パンケーキ、和食、中華料理、フランス料理、スペイン料理、韓国料理、エスニックなど)で独自の強みを持つ飲食店 ・特定地域で複数店舗を展開し、高い認知度を持つ飲食店

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
飲食業と全く関連のない事業は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円10億円〜
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

オーイズミフーズは、国内約340店舗、海外3店舗を展開するレストランチェーンです。30年来取り組んできた居酒屋業態を主軸に、首都圏を中心にした出店と新業態開発を精力的に進めています。

国内では、和風創作居酒屋「くいもの屋 わん」を中心に、居酒屋だけで23ブランド、約250店舗を展開しています。加えて、近年はイタリア料理、スペイン料理、ステーキハウス、焼き肉、ラーメン、ピザなど多様な業態に進出し、さらなる成長に向けた足場づくりに注力してきました。また、海外では、主にアジア市場の攻略を狙っており、現在、ピッツェリア、クラフトビールと熟成肉、居酒屋の3店舗をベトナムに出店しています。

店舗展開を精力的に進める一方、スタッフのアイディアを活かした、個性の光る店づくりを行っていくことも大切にしています。各店に大きな裁量権を持たせ、社員やアルバイト一人ひとりがお客様のことを考え、行動していくことにより、地域のお客様により親しまれ、愛される店へと進化していくことを促してきました。それぞれ独自メニューやキャンペーンなども導入しており、チェーン店でありながら、地域密着の温かみも備えた店舗がそろっていると自負しています。

何を目指しているのか?

私たちの企業理念は「関わる全ての人にHappyを」です。これからもより多くのお客様、そしてスタッフにHappyを届けていくため、あらゆる価格帯、地域、ジャンルをカバーすべく、事業ポートフォリオの拡充を図っていきます。新たなドメインに進出する手段としては、M&Aやアライアンスも積極的に検討・実施していきます。

M&Aを行う際のキーワードは、「専門業態」と「地方」です。「専門業態」に関しては、これまでにおでんと牛たんの店「三代目文治」、かき料理の「かき小屋○座」、スペイン料理「Unico 西梅田店」などを傘下に迎え、グループに新たなノウハウを取り入れてきました。
一方、「地方」においては、各地域に密着して複数店舗を展開している有力企業にグループ入りしていただくことにより、カバー領域を広げています。これまでに、岩手県で三陸の鮮魚を使った和食を楽しめる「三代目助五郎」、前沢牛など県産食材を活かしたメニューをそろえた「Gastro Sukegoro」などを展開する株式会社雲水、そして福井県を中心に北陸で居酒屋「とんとんびょうし」などを展開する現・株式会社オーイズミフーズ北陸の2社を仲間に迎えています。

海外では、「BENJAMIN STEAK HOUSE」(本社:ニューヨーク)とアジア全域を対象としたライセンス契約を結んでいることもあり、当面はシンガポール、台湾、インドネシア、韓国などへの進出を計画しています。アジア以外では、ラーメンをはじめ、当社の各種ブランドの展開が図れそうなハワイにも注目しています。

何を必要としているのか?

引き続き「専門業態」と「地方」をキーワードに、グループに参画してくださる事業者様を求めています。

「専門業態」では、ハンバーガー、パンケーキ、和食、すし、てんぷら、中華料理、フランス料理、スペイン料理、韓国料理、エスニックなど、さまざまなジャンルに関心を持っています。オリジナリティのある商品、他社には真似できない強みを持っている店であれば、店舗数は1店でも構いません。また、立地に対して家賃のリーズナブルな優良物件であれば、現状は多少苦戦していても、今後の成長可能性を検討させていただきたいと考えています。
専門業態の店舗は、先にお話ししたように、アジア各国や米国など、海外での展開も視野に入れていきます。「食事を楽しむ店」と「お酒を飲む店」が比較的はっきり分かれている海外においては、居酒屋よりも、むしろハンバーガーや中華など、万人に親しまれる業態で勝負していきたいと考えており、M&Aの検討に際しても、海外展開していく場合のポテンシャルも考慮します。

一方、「地方」においては、特定地域で複数店舗を展開する企業様を求めています。南関東以外であれば、どのエリアでも検討しますが、当社が今後強化していきたい九州など、西日本エリアは特に歓迎します。
地域の事情に通じている地元の有力企業には、物件の可能性を見極める確かな目があり、首都圏から進出した企業では見逃してしまうような掘り出し物の物件を活用しているケースが少なくありません。その土地勘を活用させていただき、当社の別業態を出店していく展開も想定しています。

何を提供できるのか?

資金、人材、ノウハウの各方面で、ニーズに応じたサポートを提供できます。たとえば、「新規業態の開発は得意だが、多店舗展開のノウハウは弱い」という会社様に対しては、資金とマネジメント人材を提供し、共に規模拡大に取り組んでいくことが可能です。商品開発についても、専任の担当者7名を擁する当社のノウハウとマンパワーを活用いただけます。

また、当社は幅広い業態・ブランドを保有しています。このため、たとえば「立地に恵まれているわりには、今一つ収益が伸び悩んでいる」といったケースでは、物件にマッチしたブランドに業態変更することにより、収益性を高めていただける可能性もあると考えます。当社のリソースを有効に活用し、成長を加速していただきたいと思います。

起業家・経営者に向けてひとこと

私は店づくりで個性を大事にしているのと同様に、企業の個性も大事にしたいと考えています。過去にM&Aをしてきた企業に対しても、当社の流儀を無理やり当てはめることなく、もともとお持ちの優れた文化や習慣がそのまま活かされるよう心掛けてきました。今、会社とお店を支えている皆さんが、いきいきと働ける環境が大切だと考えているからです。今後も、各企業の個性を最大限に尊重しながら、新たな成長可能性を引き出していきたいです。

学生時代のアルバイトに始まり、長年飲食業に身を置いてきた私は、とにかくこの業界の現場が好きで、食べることも大好き。気になる店の食べ歩きは欠かしません。
美味しいものを食べている時、人は誰でも幸せな気分になります。そして、お客様が喜んでいる姿を目の前で見られるこの仕事は、働く者に大きなやりがいと活力をもたらしてくれます。ぜひ私たちと一緒に、このすばらしいビジネスを大きく広げていきましょう!