EC、BtoB、メディア領域で成長したいベンチャー募集! 豊富なグループ企業育成ノウハウを投入します

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社ファインドスターグループ

株式会社ファインドスターグループ

  • 公開日:2019/06/26
  • 更新日:2020/04/03
  • 気になる:62

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
ベンチャー企業の場合 ・EC、BtoB、メディアのいずれかの領域で、事業拡大を目指している企業 ベンチャー企業以外の場合 ・EC企業を顧客とするサービスを展開している企業 ・広告代理店 ・Webメディア運営企業
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
ロックアップ
原則売却オーナーの意向に従う

M&Aの戦略

何をやっているのか?

当社は、株式会社ファインドスターを核とする企業グループであり、現在15社が活動しています。事業ドメインは、EC企業およびBtoB企業を主な対象とするダイレクトマーケティング支援。カード会社や互助会などが発行する会員誌の広告をはじめ、EC商品に同梱されるチラシやサンプル、DM同封チラシ、Web広告など、ターゲットの絞り込まれたメディアを活用して、クライアント各社の売上向上に貢献しています。このほか、BtoB営業のリード獲得を支援するプラットフォーム運営、BtoBマーケティングに役立つメディア運営、ダイレクトマーケティングを通じた海外進出支援なども手掛けています。

当社では、社員の起業を応援する独自のグループ経営スタイルを採っており、現在のグループ会社はほぼすべて、当社社員が設立した会社です。ファウンダーである私、内藤が「起業家をグループ化する」というソフトバンクの手法に刺激を受け、これに私の出身企業・リクルートグループの特徴である「起業家を輩出する」という要素を掛け合わせたら起業の成功率が上がるのでは、と考えたことから、この経営スタイルを生み出しました。
2008年のグループ経営のスタートからまる11年を経て、その成果には確かな手応えを感じています。経営者間に長年の信頼関係があり、企業文化にも共通項が多いことから、スムーズにシナジーを生み出してくることができました。各社ともここ数年で急成長を果たしており、グループ全体の売上は200億円を超えました。

何を目指しているのか?

当社は、「世界で一番、起業家とベンチャー企業を創出する」をグループビジョンに掲げています。2020年代中にグループ全体で「100社、従業員1,000人、売上1,000億円」を達成することを目指し、グループ内のすべての会社が成功するような仕組みとコミュニティ作りに取り組んでいます。

すでに人口減少フェーズに入っている日本は、今後確実にマーケットが縮小し、労働人口も減っていきます。この閉塞的な状況を打破していくためには、既成概念にとらわれない、柔軟なビジネスアイディアが求められている一方、国内では依然として起業家の育ちにくい風土が根強く、イノベーション創出の障害となっています。
日本で起業に挑戦する人が少ないのは、身近に成功者が少ないからだと思います。だからこそ、私は起業の成功率を上げる仕組みを創りたいのです。そして、成功率を上げるためには、一社単独よりもグループで取り組んだほうがよいというのが私の持論です。グループのサポートがあれば、人材採用や資金調達、顧客獲得など、創業期の企業の多くがぶつかる壁も乗り越えやすくなります。

これまで社員の起業を応援する形で、一定の売上・利益出している企業を次々と生み出してくるのと同時に、外部企業への出資も積極的に行ってきました。今後は社外からグループに迎えることで、一段ステージを上がることをサポートをする事例を作りたいと考えています。

何を必要としているのか?

当社のリソースとノウハウを提供することにより、大きく伸びる可能性のある企業および経営者と出会いたいと思っています。

M&A先として最優先で検討したいのは、EC、BtoB、メディアのいずれかの領域で、事業拡大を目指しているベンチャー企業です。
私は、各社の現在の事業モデルを分析するよりも、むしろ経営者の潜在的なポテンシャルに賭けたいと考えています。状況に応じ、「これがダメなら、こっちで行こう」と柔軟に軌道修正できるセンスを重視しているため、グループ会社や出資先の中には、出資時と事業内容が大きく変わっている例も少なくありません。もう一つ、大切なのは人を惹きつける人間的魅力と経験から学ぶ姿勢です。組織構築にあたって、コア人材の退職、採用や人材育成の失敗などを経験することもあると思いますが、そこから気づきを得て自社にふさわしい企業文化を創っていけるような、底力のある人を応援したいと思います。

また、ベンチャー以外では、当社の顧客であるEC企業に向けてサービス展開している会社や広告代理店、Webメディア運営企業も対象になります。エグジットニーズを持つ方よりは、当社と一緒に成長したいと思ってくださる方を歓迎しますが、当社と重なる広告代理店やWebメディア運営企業については、事業承継案件も積極的に検討します。

何を提供できるのか?

以下の各方面で、当社のノウハウ・リソースを活用いただくことが可能です。

●人材供給
企業を大きくするのは、優秀でやる気のある人材とマネジメントです。特にスタートアップはなかなか優秀な人材が採用できません。ファインドスターグループでは初期のメンバーをアテンドします。当社は新卒採用も40~50人規模で行っており、優秀かつ起業家マインドあふれる人材をそろえています。

●経営ノウハウ提供
ファインドスターグループでは、今まで創業した会社で倒産した会社は1社もありません。ほとんどのグループ会社が売上1億円を突破しており、営業利益1億円を達成しているグループ会社もすでに4社あります。ほとんどのグループ企業が早い段階から雇用を拡大しています。マネジメントも先輩経営者に気軽に相談できる環境があります。

●顧客紹介
特に起業から間もない会社にとって、新規顧客から信用を獲得するのは高いハードルですが、ダイレクトマーケティング業界で長年の実績を築いているファインドスターグループの一員に加わることで、グループの信用をそのまま活用できます。またグループでは何千社と取引先がありますので、取引先への紹介営業も盛んです。

●事業ノウハウ提供
グループ内に蓄積されているダイレクトマーケティングやメディア運営のオペレーションノウハウ、BtoB営業、広告営業の営業ノウハウを活用いただくことにより、オペレーション改善や顧客開拓を加速いただけます。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社のM&Aは、自分たちの描く絵の中のピースを見つけるために行うわけではありません。その会社の成長のために不足している要素を当社が補うことにより、一緒に成功を目指していくことが目的です。出資比率にもこだわりはなく、マイノリティからのスタートでもOKです。

グループ経営において、ガバナンスは当然必要ですが、私が各社事業の方向性を指し示すということはしません。今後加わっていただく皆さんについても、上下関係ではなく、起業家仲間としてお迎えしたいと思います。相談はいつでも受けますが、基本、各トップの考えに沿って経営していただく方針です。

「資金が必要だが、個人保証のハンコを押すのも負担が重いし、今のままでは大きな成長は望めないな・・・」「ここから一段ステージを上げるには外部の力を借りたいな・・・」など、会社を成長させる中でお悩みの方、まずはお気軽にお声がけください。一緒に大きなビジネスを創り上げましょう!