不動産マーケティング領域でより強固なポジションを確立すべく、データ分析や不動産テック関連企業を募集!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター

株式会社マーキュリーリアルテックイノベーター

  • 公開日:2022/05/09
  • 更新日:2022/05/09
  • 気になる:2

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●ビッグデータ(特に不動産)の分析・活用 ●不動産テック、不動産DX ●システム開発
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円
契約締結までの期間
わからない
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

「不動産ビッグデータ × Technology」を掲げ、3つの事業を展開しています。 「不動産ビッグデータ × Technology」を掲げ、3つの事業を展開しています。

当社は、新築・中古マンションに特化した不動産ビッグデータを活用し、不動産業界向けのマーケティングソリューションを提供している企業です。主に展開している事業は次の3つです。

●プラットフォーム事業
プラットフォーム事業は、新築マンション領域と中古マンション領域からなります。

新築マンション領域では、1995年以降に首都圏・東海圏・関西圏で分譲された新築マンションにおける、物件概要・住戸価格・物件パンフレット画像などの幅広いデータを保有しています。その数、約6万2,000棟・約265万戸(2022年2月末現在)。この膨大なデータを活かし、新築マンション事業者向けに、土地仕入れや開発に欠かせない各種データをSaaS形態で提供しています。

この新築マンションデータを活用して、2018年より本格参入したのが中古マンション領域です。中古マンション取引に必要な情報(新築時の物件概要・間取り図・価格表など)を、仲介業者向けに従量課金制で提供する「データダウンロードサービス」を展開しています。

●デジタルマーケティング事業
プラットフォーム事業の顧客の集客を支援するため、インターネット広告やクリエイティブ制作など、デジタルマーケティング関連サービスを展開しています。

●その他
不動産会社向けのシステム受託開発支援や、マンションオーナー向けにダイレクトメールを配信するサービスなどを行っています。

当社の強みはデータの網羅性・正確性・即時性です。約30年にわたり積み上げてきたデータは他社の参入を阻む障壁となっています。その証拠に、売上上位50社の新築マンション事業者のうち48社が当社サービスを導入するなど、この領域で確固たるポジションを築いています。また、サービスの解約率は極めて低く、継続課金による売上高の安定成長を実現しています。

何を目指しているのか?

当社は、「不動産ビッグデータ × Technology」を活用したプラットフォーマーとして、不動産マーケティング領域でさらに強固なポジションを確立するため、主力であるプラットフォーム事業を引き続き拡大していきます。

当社が高いシェアを誇る新築マンション領域では、従前オンプレミスで提供していたサービスのSaaS移行を進めています。これにより、継続課金による収益の増加と従量課金サービスによるアップセルを図っていきます。

また、今後、特に成長余地が大きいのは不動産仲介事業者をターゲットとする中古マンション領域です。当該マーケットは高い成長が期待できるため、当社は積極的に新規サービスを投入することで、高成長を実現したいと考えております。

当社は独自に収集したビッグデータを保有することにより高い参入障壁を築いております。この独自性の高いデータとテクノロジーを組み合わせたサービスを積極的に開発・投入することにより、不動産取引に関わる全ての人の満足を創造する企業として走り続けます。

何を必要としているのか?

代表取締役CEO 陣 隆浩 代表取締役CEO 陣 隆浩

当社の事業とシナジーのある企業のM&Aを検討しています。具体的に検討している領域は以下の通りです。

●ビッグデータの分析・活用
ビッグデータの分析やコンサルティング・アルゴリズムの開発・AI・画像解析・テキスト解析など、ビッグデータ活用に関するテクノロジーを持つ企業を歓迎します。当社の保有するユニークな不動産ビッグデータと貴社の技術やリソースを融合することで、他にはない競争力のあるサービスを共に開発していきたいと考えます。

●不動産テック、不動産DX
当社データの活用の有無にこだわらず、不動産テック・不動産DX関連のサービスを展開する企業に興味を持っています。不動産領域のデジタル化やDX化を支援するサービスの開発に一緒に取り組んでいくことで、不動産業界に変革をもたらすようなデファクトスタンダードを狙っていきましょう。


●システム開発
自社サービスの開発や、受託開発案件に取り組んでくれるシステム開発の企業を求めています。不動産データと親和性の高い、GIS・GPS系のサービスに強い企業であればなお歓迎します。当社の開発環境は以下の通りです。
・言語・フレームワーク:
PHP/Laravel、golang/echo、Java/SpringBoot、JavaScript/TypeScript/Vue.js ほか

・開発環境:
Docker/Vagrant

・稼働環境:
AWS(EC2/Fargate/RDS/ECS/ECR/AWSBatch等)

・開発プロセス:
アジャイル(Scrum 等)、ICONIX、ウォーターフォール

何を提供できるのか?

●マンションに特化したビッグデータ
当社のビッグデータは質と量にこだわっています。データ解析や活用に強いテック企業が、その実力を発揮するために欠かせないものが良質なデータです。その意味で当社のデータは魅力的なリソースといえるはずです。

●業界大手を中心とする顧客基盤
当社は新築・中古マンションのいずれの領域でも大手不動産事業者との太いパイプを持ちます。この顧客基盤を貴社の事業にも役立てることができます。

●デジタルマーケティングのノウハウ
デジタルマーケティング事業・ダイレクトメール事業にて培った顧客獲得・リード獲得のノウハウを共有します。

●上場企業としての信頼性や資金力
2022年2月に東証マザーズ(現 グロース)市場に上場しました。上場企業としての信用力・採用力・資金調達力などを、貴社の事業活動に活用可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

当社は「不動産ビッグデータ × Technology で不動産の未来は私たちが動かす。」のビジョンを掲げ、すべての不動産に関わる人の満足を創造する企業でありたいと考えています。

不動産業界はIT化が遅れている業界と言われ続けてきましたが、官民一体となりIT化・DX化へと急激に変革していくタイミングを迎えています。

こうした変化を大きな事業機会ととらえ、チャレンジを継続していくことで理想の未来を創り上げていきます。可能性無限大のフィールドで、ともにチャレンジできることを楽しみにしています。