金融、コンサル、IT等のプロフェッショナル人材紹介で実績多数。同業会社とWebシステム開発会社求む!

  • 会社・事業買収
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社コトラ

株式会社コトラ

  • 公開日:2019/10/16
  • 更新日:2019/10/16
  • 気になる:11

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●人材紹介会社(専門領域を持つ会社歓迎。対象業界について知見を備えたコンサルタントを抱える会社) ●業務支援ツール(「Salesforce」「Microsoft Azure」など)の導入サポートができる人材を有する会社 ●Webサービスの開発・保守・改善に協力いただけるエンジニアを有する会社
募集の特徴

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円3億円〜10億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

2002年の創業以来、プロフェッショナル領域に特化した人材ソリューションを提供しています。金融、コンサルティング、IT業界の高度な専門性を必要とする領域および経営層を対象に、人材紹介事業を展開。加えて、人事アセスメントツールの提供や理系新卒学生を対象とした就職活動支援も手掛けています。
現在展開している事業は、主に以下の4領域です。

●プロフェッショナル人材紹介
クライアント企業の業界経験者を中心とするコンサルタントが、業界全体の展望と各社の戦略、募集人材に求められる専門性はもちろん、各社の顧客先の持つニーズやそれに応えるために必要なスキルまで把握したうえで、当社独自のルートで収集、構築した候補者データベースから適格者を選出し、マッチングを行っています。取引社数は2,000社超、転職希望登録者数は40,000人以上に上っています。

●「KOTORA PRO」
専門性の高いプロ人材を必要な時だけ活用したい企業と、正社員という形態にこだわらず、プロジェクト単位や案件単位で、または週1~4回などの頻度で働きたい個人をWeb上で結びつけるマッチングサービスです。
対象ポストとしては、たとえば海外事業の立ち上げメンバー、リスクマネジメント強化の責任者、時限プロジェクトのマネジメント人材などが挙げられます。また、プロフェッショナル人材側から見ても、さまざまなライフイベントを迎えたタイミングで、あるいは業務経験を重ねてインプットよりもアウトプット中心の働き方になるにつれ、1社に所属して部門内の業務全般に対応するよりも、自らの専門性を活かせる業務に特化して、さまざまな会社で力を発揮していく方が望ましいケースが出てきます。こうした両者のニーズをとらえ、今後も導入拡大を図っていきます。

●価値観サーベイ「KOTORA 25」
組織メンバーの「意識や行動」を測定する価値観診断ツールを独自開発し、「KOTORA 25」として提供。診断結果の活用により、異なる価値観を持つメンバー同士の相互理解が深まることで、離職率の抑制、組織パフォーマンスの向上に役立てていただくことを目的としています。

●大学院生、理系大学生のための就職・就活情報サイト「コトラミ」
国内大学、大学院の理系新卒人材と企業をつなぐことにより、次世代のプロフェッショナル人材の育成を支援する事業です。2016年に事業譲受しました。
国内の企業には総合職主義が根強く、従業員の大学や大学院時代の専攻が業務に活かされにくい傾向があります。総合職は組織運営上重要なポジションではありますが、企業として市場ニーズをいち早くとらえ、具現化し、デリバリーしていくうえでは、高度な専門性が問われます。日本企業が国際競争力を高めていくためにも、新卒学生が入社以前に培ってきた専門性が企業活動の中で適切に活かされていくよう、サイト上の企業紹介記事掲載や業界研究セミナーの開催などを通して、趣旨に賛同くださる企業と学生の出会いの場を提供しています。

何を目指しているのか?

国内の労働人口の減少と高齢化が進む中、労働生産性を高めていくためには、高度な専門性を持つ人材の育成と活用を強化していくことが一つの鍵になると私たちは考えています。そして、業務の専門分化が進むにつれ、多忙な人事担当者が当該分野への理解を深め、採用候補者のスキルを的確に見極めるのは難しくなります。当社は今後も、こうした採用現場の課題解決に貢献するとともに、専門性を志向する人が専門力を高め、発揮していくことにつながる転職・就職をサポートしていきます。コンサルタントの知見を日々更新しつつ、主力の人材紹介事業、「KOTORA PRO」ともに導入企業と登録者を増やし、サービス提供範囲を広げていきます。

さらに、新規の事業として、クライアント企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するサービスの立ち上げにも取り組んでいきます。当社は、社内の業務プロセス改善の一環として、登録者の集客やデータ更新といった業務の集約とデジタル化に力を注いできました。これがマッチング実績の向上に多大な貢献を果たしていることを踏まえ、クライアント各社にもサービス展開していきたいと考えたものです。現在、コンサルティング会社の協力を得ながら、事業のグランドデザインを描いています。
当社の手掛けているハイクラス領域の人材紹介は、コンサルタントの行動量とマッチング実績の相関関係が見出しにくく、業務の量より質が問われる領域です。こうした領域でデジタルトランスフォーメーションの成功例を作れたことは、今後外販を進めていくにあたっても、多くのクライアント企業にアピールするものと考えています。

何を必要としているのか?

既存事業の拡充、および新規事業の立ち上げに向け、以下の領域でパートナーを求めています。

●人材紹介会社
当社と同様に、対象業務と業界について深い知見を備えたコンサルタントを抱える会社をグループに迎え、パワーアップしたいと考えています。

●業務支援ツールの導入サポートができる人材を有する会社
立ち上げ中のデジタルトランスフォーメーション事業においては、各種業務支援ツールを活用したクライアント先の業務プロセス改善に向け、現状業務のヒアリング、課題抽出、改善提案、そして適切なツールの導入・運用支援を提供していくことになります。「Salesforce」をはじめとするクラウドツールの導入にあたっては、既存データの移行と現場オペレーションの刷新が必要になります。そのための専門人材を増強したいと考え、自社での採用活動と併せ、M&Aによる人材獲得も検討しています。「Salesforce」や「Microsoft Azure」などの個別ツールに関しては、全員が詳しい知識を持っている必要はありません。短期に習得できるだけの素地を持つ人材がそろっている会社様であれば、ぜひお声がけいただきたいと思います。

●Webサービス構築を支えるエンジニアを有する会社
既存の人材紹介事業や「KOTORA PRO」と同様に、新規のデジタルトランスフォーメーション支援事業についても、専用のサービスサイトを立ち上げるとともに、バックのデータ管理システムの構築も進めていきます。こうした中、既存サービス用システムの保守・改善も含め、Webサービスのフロントエンドおよびバックエンドの開発人材を求めており、こちらも自社での採用活動と併せ、M&Aによる人材獲得を検討しています。

何を提供できるのか?

同業の人材紹介会社様にとって価値の大きなリソースとしては、当社独自のマーケティングを通じて築き上げた登録者データベースがまず挙げられます。大手人材会社のデータベースとは異なる層にアクセスできることから、マッチング提案の質の向上が期待できます。

また、先にご説明したように、当社はクラウドツールを活用した業務効率化と情報共有化に力を入れており、生産性向上に大きな効果を上げています。それぞれ専任スタッフを充て、マーケティングオートメーションツールや顧客管理ツールの活用法を徹底的に追求、進化させてきたことにより、コンサルタントが本来業務により集中できるようになったことに加え、社内の情報共有が進んだことも、業績アップを後押ししました。現状、コンサルタントの方々が多くの付帯業務を抱えているケースでは、当社の仕組みやノウハウの横展開を図ることにより、業績向上につなげていただけるでしょう。

さらに、当社では、コンサルタントが専門領域に関する知見を深め、更新していくため、各自で日々勉強することはもちろんのこと、コンサルタント間で学んだ知識を共有していくことを促進しています。そのためには、仕組み活用だけでなく、ある意味ではライバル同士でもあるコンサルタントたちが協働し、チームとしてのスキルアップを追求していくカルチャーが必要です。当社では人材採用時にこうしたマインドの有無を重視しているほか、各種グループワークの導入などを通じ、健全な競い合いと一体感を兼ね備えたチーム形成に力を入れてきました。こうした経験とノウハウも共有させていただくことができます。

人材紹介会社、IT関連会社を問わず、提供できるリソースとしては、当社が借りている東京・赤坂のオフィススペースがあります。同じビル内で最近新たに1フロア契約し、2フロア借りていますが、今はまだスペースに余裕がある状態です。状況次第では、ここを貴社オフィスとして活用いただくことも可能です。

起業家・経営者に向けてひとこと

過去のM&Aにおいては、事業譲受に伴い当社内に担当メンバーを迎え入れる形を取りましたが、今後は状況次第で別会社として迎える形も検討します。最近、持ち株会社を設立しており、後者のケースではその傘下において、既存の企業文化や制度等をドラスチックに変えることなく、独立経営を行っていただくことができます。

私は、専門性の高い人材がもっともっと活躍できる環境を整えていくことが日本社会のためになるという強い信念を持ち、この仕事に情熱を注いでいます。M&Aにあたっても、単に事業規模の拡大を狙っているわけではなく、パッションを共有できる方々とご一緒したいと考えています。当社のビジョン、価値観に共感くださる皆様からのお声がけをお待ちしております!