SNSマーケティングの老舗が、インフルエンサーマーケティング・Salesforce導入支援等を募集!

  • 会社・事業買収
    出資
気になるに追加すると、追加した企業に一括で打診することができます。
売却案件を公開している場合、相手企業に通知が届きスカウトを受けることができます。
株式会社ラバブルマーケティンググループ

株式会社ラバブルマーケティンググループ

  • 公開日:2022/06/07
  • 更新日:2022/06/07
  • 気になる:0

このキーワードにマッチする企業をさがしています

募集の概要

買収対象領域
●SNSマーケティング ●インフルエンサーマーケティング ●Salesforce関連プロダクトの導入支援・開発
実現したいこと
既存領域の強化
募集の特徴
買収スケジュール
公開情報、決算書類、文書による質疑応答等をもとに、簡易的なデューデリジェンスや面談を通じて、私たちとのシナジーや貴社の事業成長性を判断させていただき、迅速に意向表明いたします。

M&Aの方針

買収対象業種
買収除外対象
上記と全く関連のない領域は対象外とさせていただきます。
買収予算
〜5,000万円5,000万円~1億円1億円〜3億円
契約締結までの期間
最短2ヶ月
募集エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国地方
  • 四国
  • 九州・沖縄
  • 海外
ロックアップ
交渉次第

M&Aの戦略

何をやっているのか?

「最も愛されるマーケティンググループを創る」というミッションのもと、2つの事業を展開。 「最も愛されるマーケティンググループを創る」というミッションのもと、2つの事業を展開。

株式会社ラバブルマーケティンググループ(LMG)は、SNSマーケティング事業とDX支援事業を展開する企業グループです。各事業の内容は以下の通りです。

●SNSマーケティング事業
当グループ傘下の株式会社コムニコが、大手企業やブランドなどに対して、SNSマーケティングの運用支援を行っています。コムニコは2008年に創業し、SNS黎明期から運用ノウハウを蓄積することで、業界でも独自のポジションを確立してきました。

戦略策定から運用代行、効果検証まで、SNS運用の全オペレーション業務を内製化し、ワンチーム・ワンストップで提供できる点が当社グループの強みです。また、広告販売代理ではなく運用支援を収益の柱としている点は、他のSNSマーケティング企業との大きな違いです。

自社ノウハウを生かし、SNSの運用効率化やキャンペーン支援を行うSaaS型クラウドツールの開発・提供も行っています。さらに、コムニコが2016年に設立した一般社団法人SNSエキスパート協会は、検定講座や講演を通じたSNS人材の育成を担っています。これらの「運用の支援」「運用支援ツールの提供」「教育」の3つのソリューションが相互補完しながら循環成長するビジネスモデルがLMGの特徴です。

●DX支援事業
当社グループの株式会社24-7が、マーケティングオートメーションツール(MA)、営業支援システム(SFA)、顧客管理システム(CRM)を活用し、顧客の経営課題に沿った戦略策定やプロセスの設計、最適なテクノロジーの選定、運用サポートなどを行い、顧客に伴走しながらDX化を支援しています。SNSマーケティング事業での運用管理ノウハウがDX支援事業にも生かされています。

何を目指しているのか?

SNSマーケティング需要の高まりを背景に当社も堅調な成長を続け、2021年12月には東証マザーズ(現東証グロース)市場に上場を果たしました。

コムニコのサービス領域における国内のソーシャルメディアマーケティング市場は2020年に587億円、2025年にはその約2倍となる1,159億円に成長する見通しです。この成長市場において、SNSマーケティング事業、DX支援事業の両事業を柱とし、高収益で安定的なさらなる成長を目指します。

そのために、積極的な情報発信やインサイドセールスの強化を行い、新規受注件数を拡大していきます。また、現在のBtoC企業中心から、BtoB企業や自治体などにも顧客基盤を広げていく予定です。さらに、サービス拡充やカスタマーサクセスの推進による単価拡大・利用の継続、SaaS型クラウドツールのクロスセル強化などを図ります。

これらの施策を実行することで、グループの売上規模を毎年20%以上のスピードで拡大することを目標としています。

何を必要としているのか?

執行役員 事業統括管掌・株式会社コムニコ 取締役COO:長谷川 直紀 執行役員 事業統括管掌・株式会社コムニコ 取締役COO:長谷川 直紀

SNSマーケティング事業、DX支援事業の強化・拡大につながる企業のM&Aを検討しています。具体的に検討している領域は以下の通りです。

●顧客のSNS活用を支援するSNSマーケティング領域
SNSアカウント運用支援、データ分析、動画の制作、ツール(分析、投稿、チャットボット等)の開発・提供といった事業を行っている企業を検討します。特に、SNS広告販売代理を展開している企業や、D2Cや自治体を顧客に持つ企業は大歓迎です。SNSのジャンルはTwitter、Instagram、Facebookのほか、YouTube、TikTok、LINEなど幅広く対象とします。

●インフルエンサーマーケティング領域
インフルエンサーを活用したプロモーション支援を行っている企業や、インフルエンサーマーケティング関連のプラットフォーム・ツールを開発・提供している企業を想定しています。

●Salesforce関連プロダクトの導入支援・開発領域
当社のDX支援事業で取り扱っているSalesforceやHubSpotの導入支援・開発を行っている企業のほか、関連するプロダクト(連携プログラムなど)の開発を行っている従業員10名以下の企業を対象とします。特に、Salesforce関連の上級資格(Salesforce認定上級アドミニストレーター、Salesforce認定上級 Platform デベロッパー)を持つ人材が在籍している企業を歓迎します。

何を提供できるのか?

●顧客基盤
コムニコは大規模企業・BtoC企業・外資系企業、24-7はBtoB企業を中心とした顧客基盤を持ちます。これらの顧客に対して、協力しながらクロスセルを図ることが可能です。

●営業力
コムニコには約30名の営業チームがあるほか、新規顧客獲得に向けてインサイドセールスを強化しています。また、営業効率を上げるためにセールス・イネーブルメントチームを立ち上げました。これらの仕組みを生かし、営業のサポートや営業人材育成のサポートを行えます。

●SDGsに基づく組織づくり
グループ全社でSDGs推進を行っています。その土台として、SDGsに基づく組織づくりに取り組んでおり、女性の活躍推進に関しては、従業員の約6割を女性が占めるコムニコでは、女性管理職比率が25%を超えています。働きがいのある組織づくりのお手伝いやアドバイスをすることが可能です。

●バックオフィス業務のサポート
上場企業にふさわしい管理体制を整えています。このノウハウを生かして貴社のバックオフィス構築を支援することもできます。

起業家・経営者に向けてひとこと

代表取締役社長:林 雅之 代表取締役社長:林 雅之

当社の社名であるLovable Marketingとは、愛されるマーケティング活動のこと。情報量が日々増大するなかで、無理やり押しつけたり、誤解させたりするようなマーケティングを行っていると、生活者に愛される企業やブランドにはなれません。

時代に即した、多くの人に愛され、感謝されるような情報発信をお手伝いして、「最も愛されるマーケティンググループを創る」。このミッションに共感したという企業は、ぜひご連絡ください。新しいマーケティングを、一緒に形にしていきましょう!